ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ただひたすらにローリング・ストーンズのレコードを紹介しているブログです。

ローリング・ストーンズ USAシングル盤 SHATTERED いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSAシングル盤「Shatterd / Everything Is Turning To Gold」です。アルバム『SOME GIRLS』からの第3弾シングルとして1978年11月19日に発売され、規格番号はRS 19310です。このシングルの特徴は何といってもB面にアルバムには収録されなかった「Everything's Turning To Gold」が初めて収録されたことです。ピクチャースリーヴはミックの写真にいろいろと書き込みしてあるパンク的なデザインです。上部の赤黒のTHE ROLLING STONESという文字はアルバムでも使われていましたね!

ピクチャー・スリーヴの裏側です。表と同じミックの写真が使われています。こちらは白黒になり斜めに「Everything's Turning To Gold」の文字が書かれています。上部レコード取り出し口はこの時期特有の山型となっています。

左上に規格番号とSTEREO、「Shattered」がアルバム『SOME GIRLS』からというクレジットがあります。

右上に回転数があります。

左下にベロマークがあります。

ピクチャー・スリーヴの右側に縦書きでアトランティックの住所、Printed in U.S.A.などがあります。ここでは分かりやすいように横にして載せてあります。

ラベルです。最初はプロモです。プロモ盤はエデイット・ヴァージョンを収録したShort Version側と通常のアルバム・ヴァージョンを収録したLong Version側が収録されています。プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。上部にグループ名があります。右側にベロマーク、マト、STEREOがあります。右側に規格番号、タイム表記、SHORT VERSION、そしてPROMOTIONAL COPYとNOT FOR SALEがあります。マトリクスは手書きでST RS-36238-1/ST RS 35283-1  SPです。最初のマトがショート・ヴァージョン、次がロング・ヴァージョンです。ここで言うショート・ヴァージョンというのは2:44のエデイット・ヴァージョンのことで、ロング・ヴァージョンというのはアルバムと同じ3:46の通常ヴァージョンのことです。 

Long Version側です。右側にLONG VERSIONのクレジットがあります。

プレス工場コードはMOです。これはカルフォルニア州のMonarch recordsです。左側にベロマークがあります。右側にSTEREO、規格番号、マト、SHORT VERSION、タイム表記、そしてPROMOTIONAL COPYとNOT FOR SALEがまとめてクレジットされています。このラベルだけリムにWのロゴがありません。マトリクスは手書きでST RS-36238-5  △105490/ST RS- 35283-5  △105489です。

Long Version側です。

プレス工場コードはRIです。これはインディアナ州のPRC Company Richmondです。左側にベロマーク、マト、STEREO、SHORT VERSIONがあります。右側に規格番号、回転数、タイム表記、PROMOTIONAL COPYとNOT FOR SALEがあります。リムにWがあります。マトリクスは手書きでST-RS-36238-3-1-1  PRC/ST-RS-35283-3-1-1  PRCです。

Long Version側です。

ここからはレギュラー盤です。プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。上部にグループ名があります。右側にベロマーク、マト、STEREOがあります。右側に規格番号、タイム表記があります。マトリクスは手書きでST RS-35283-1  SP/ST RS-36239-1  SPです。レギュラー盤はアルバムと同じヴァージョンが収録されています。

B面のラベルです。こちらはアルバム『SOME GIRLS』には収録されていないのでA面の下部にあったアルバムのクレジットがありません。

プレス工場コードはRIです。これはインディアナ州のPRC Company Richmondです。上部にグループ名があります。右側にベロマーク、マト、STEREOがあります。右側に規格番号、タイム表記があります。マトリクスは手書きでST RS-35283-4-1-1  PRC/ST RS-36239-4-1-1  PRCです。

B面のラベルです。

プレス工場コードはMOです。これはカルフォルニア州のMonarch recordsです。左側にベロマークがあります。右側にSTEREO、規格番号、マト、タイム表記がまとめてクレジットされています。リムはプロモはWのロゴがありませんでしたが、こちらはあります。マトリクスは手書きでST RS-35283-5  △105489/ST RS-36239-6  △105491です。

B面のラベルです。

85年に発売されたOLDIESシリーズの一枚です。プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。文字の配置はレギュラー盤のSPと同じで、右上にOLDIESが追加されています。これまでのラベルにあったアルバム『SOME GIRLS』のクレジットはこのOLDIESのシングルにはありません。マトリクスは手書きでST RS-35283-2/ST RS-36239-2です。

B面のラベルです。

プロモ盤に収録された「Shattered」のショート・ヴァージョンはイントロが無く、間奏も半分カットされ、最後のThis town~から始まる部分と、Bite the~から始まる部分をカットした2:44のエデイット・ヴァージョンとなっています。このショート・ヴァージョンはこのプロモ盤でしか聴けません。この曲を歌詞カードで追っていくと途中で追えなくなる位ミックの語るような早口のヴァ―カルに圧倒されます。こういう曲でのミックはうまいですよね!ライヴでも定番の曲です。「 Everything Is Turning To Gold」は81年の『SUCKING IN THE SEVENTIES』に収録されるまではこのシングルでしか聴くことが出来なかった曲で、作者クレジットにジャガー、リチャーズと共にロン・ウッドの名前があります。『SOME GIRLS』のセッションで録音されましたがアルバムには収録されなかった曲です。サックスにメル・コリンズ、ハーモニカにシュガー・ブルーが参加しています。チャーリーのドラムスがいい感じに入っていて、パーカッションも聞こえます。この曲も結構いい曲でストーンズの隠れた名曲だと思います。

ローリング・ストーンズ USAプロモ・シングル BEFOER THEY MAKE ME RUN!!

ローリング・ストーンズのUSA盤プロモ・シングル「Before They Make Me Run」です。1978年11月19日に配布され、規格番号はPR 316です。『SOMR GIRLS』に収録されている曲で、キースがヴォーカルを取っている人気の曲です。片面にモノラル、片面にステレオが収録されています。また、ミックスも通常のアルバム・ヴァージョンよりも派手なミックスが施されています。ピクチャー・スリーヴはアメリカの写真家アニー・リーボヴィッツが撮影したキースのアップの写真が使われています。

ピクチャー・スリーヴの裏側です。上部レコード取り出し口が丸くカットされています。

裏側上部に"SPECIAL EDITION NOT FOR SALE"と書かれています。

左下に回転数と規格番号があります。

下部中央に表側の写真を撮ったアニー・リーボヴィッツのクレジットとその下にローリング・ストーンズ・レコードとワーナーのクレジットがあります。

クレジットの最後にPrinted in U.S.A.があります。

右下にベロマークがあります。

ラベルです。こちらはモノラル側のラベルです。上部にグループ名があります。左側にベロマーク、マト、MONOがあります。右側に規格番号のPR 316、パブリッシャー、タイム表記、PROMOTIONAL COPY NOT FOR SALEがあります。曲目の下にリミックスを担当したボブ・クリアマウンテンのクレジットがあります。一番下にストーンズ・レコードの登録商標があります。マトリクスは手書きでPR-316-1  SP  @tGP  1-1/ST-PR-316-1  SP  @tGP  1-1です。1-1はマトから離れたところにあります。@以降の文字は潰れていて判読が難しいのでDiscogsの記事を参考にしました。

ステレオ側のラベルです。左下にSTEREOとある以外はモノラル側と文字の配置は同じです。

最初にも書きましたがこのプロモ盤は音圧が高くメリハリのある派手なミックスが施され低音が効いており、また高音の抜けもいいです。何本か聞こえるギターの内、通常ミックスではあまり聞こえないスライドのギターの音が良く聞こえます。特に間奏が終わり、歌が始まったばかりの時に聞こえるギターのフレーズはアルバムでは全く聞こえません。歌詞の一部もアルバム・ヴァージョンとは違っています。また、モノラルの方はフェイドアウトの音の消えるタイミングが遅いです。そして、このシングルは偽物が多く出回ってますが本当によくできているので見分け方を載せておきます。私は偽物のピクチャースリーヴを見た事が無いですが、以前レコード店の方がピクチャースリーヴのキースの瞳が暗いのですぐに分かるとおっしゃっていました。一番分かりやすいのは偽物はモノラル側もステレオ側も両方共同じステレオ・ミックスが収録されています。マトリクスは本物は上に書いた通りPR-316-1  SP  @tGP  1-1/ST-PR-316-1  SP  @tGP  1-1ですが、偽物はPR-316-1  SP Ct 4P/PR-316-1  SP Ct 4Pと両面同じマトとなっておりマトから離れたところにある1-1はありません。このプロモは専用のピクチャースリーヴが付けられミックスもアルバム・ヴァージョンとは違うので、ピクチャースリーヴの裏側に書かれているとおり本当にスペシャル・ヴァージョンのプロモですよね!

(追記)

X (Twitter)で相互フォローさせて頂いてますGARAGEVILLEさんからピクチャースリーヴの本物と偽物を比較した写真を頂きました。これを見るとキースの瞳や肌の色合いや目の下のしわ、鼻や頬など顔の立体感などが全く違いますね!

瞳の部分です。こうやって見ると眉毛の感じも違うように見えます。GARAGEVILLEさん、ありがとうございました。

 

ローリング・ストーンズ USAプロモ・シングル FAR AWAY EYES!!

ローリング・ストーンズのUSAプロモ・シングル盤「Far Away Eyes」です。1978年6月に作られ、規格番号はRS 19307です。この曲は「Miss You」のB面に収録されていましたが、単独でプロモ盤が作られました。両面エデイット・ヴァージョンで、片面にモノラル、片面にステレオが収録されています。何故、この曲が単独でプロモが作られたのかは不明ですが、「Miss You」のプロモと比べると数が極端に少なく殆ど流通していません。なお、規格番号のRS 19307は「Miss You / Far Away Eyes」のシングルに使われていた番号と同じ番号です。レコードはATCOのカンパニースリーブに入っています。

ラベルです。こちらはモノラル側です。プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty Records Corporationです。上部にグループ名があります。左側にベロマーク、マト、MONOがあります。右側に規格番号、パブリッシャー、タイム表記、PROMOTIONAL COPY NOT FOR SALEがあります。曲名の下に作者クレジット、その下にアレンジとプロデューサーのグリマー・ツインズのクレジットがあります。一番下にストーンズ・レコードの登録商標があります。マトリクスは手書きでRS 35149-4  SP/ST RS 35149-8です。最初がモノラル、次がステレオのマトです。ステレオのマトはレギュラー盤のSPと同じマトですが、レギュラー盤では7だった枝番をXで消して8に修正してあります。

ステレオ側のラベルです。左下にSTEREOとある以外はモノラルと文字の配置は同じです。

この曲のエデイット・ヴァージョンはロニーによるペダルスチールの間奏が丸ごとカットされ、最後の2行の歌詞がカットされた3:45のヴァージョンとなっています。ステレオの方は「Miss You」のシングルB面で聴けますが、モノラルのエデイット・ヴァージョンはこのプロモでしか聴けません。モノラル、ステレオ共にアルバム・ヴァージョンと比べるとミックのヴォーカルが前面に出ているような気がします。この曲の聴きどころは何といってもミックの早口の語り調のヴォーカルでしょうね!ロニーのペダルスチールとゆったりとしたピアノがカントリー風味を出しています。この曲はPVも作られましたが狭い部屋の中でリラックスして演奏している感じがいいですよね。『SOME GIRLS』の中では穏やかな演奏ですが、こういう雰囲気の曲をさりげなく演奏するストーンズって素晴らしいですよね!