ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ただひたすらにローリング・ストーンズのレコードを紹介しているブログです。

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 リトル・レッド・ルースター!! 

前回に引き続きローリング・ストーンズの日本シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」のシリーズです。今回は「リトル・レッド・ルースター/オフ・ザ・フック」を紹介します。1970年(昭和45年)8月に発売され、規格番号はTOP 1511 Sです。ジャケットは68年頃のメンバーの写真が使われており、上部にビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァルとグループ名があります。右側にB面の「オフ・ザ・フック」が縦に書かれており、下部に手書き風で「リトル・レッド・ルースター」と書かれています。

右上にSTEREO、ロンドン・レコード、回転数、規格番号があります。ステレオとなっていますが実際は疑似ステです。

右下に当時の値段¥400があります。

ジャケットの裏側です。当時のキングレコードの最新シングルが載っています。

左下に回転数とパブリッシャーの©'70・8があります。

右側に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側です。左側に解説、右側にAB面の歌詞が載っています。解説は越谷政義さんで自身のストーンズを聴き始めの頃のことについて触れていますが、この方は64年に初めてストーンズを聴いた事をいろいろなところに書いていますね…。

曲目の部分です。上部にこのシングルのシリーズの「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」と書かれています。

レコード袋は69年から72年まで使われていたキングレコード専用のインナーが使われています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。マトリクスは機械打ちでSDST 381-1/SDST 382-2です。両面にJISマークがあります。

B面のラベルです。

これと同じカップリングのシングルは65年2月に日本で最初に発売された規格番号がHIT-440のものと、同じ規格番号でジャケットを変えて68年に再発されたシングルがあります。結構渋いブルースなので当時の日本でウケたのか分かりませんが、イギリスでは64年にヒット・チャートの1位を記録していますね。オリジナルはハウリン・ウルフで、作者はウィリー・ディクスンです。ストーンズ・ヴァージョンはブライアンのスライド・ギターが印象的ですよね!ブートレッグで65年のパリでのライヴも聴けますが、当時の重要なレパートリーだったと思います。

5年前のブログになってしまいますが日本盤「リトル・レッド・ルースター」のオリジナルの記事は↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 リトル・レッド・ルースター①!!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

セカンド・ジャケの記事は↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 リトル・レッド・ルースター②セカンド・ジャケ!!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com) 

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 彼氏になりたい!!

1970年(昭和45年)8月には「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズとしてローリング・ストーンズの過去のヒット曲を収録したシングルが5枚一気に発売されました。今回から5回に渡ってその「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズのシングル盤を紹介します。今回は「彼氏になりたい / ストーンド」です。規格番号はTOP 1510Sです。「彼氏になりたい」はオリジナルは64年3月のHIT-323、68年に規格番号は同じでジャケット違いで再発され、規格番号は変更になりましたが、これで3度目の発売となります。ジャケットは65年頃のメンバーの写真が使われています。上部に「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」の文字があります。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとありますが、実際は疑似ステです。

左下に当時の価格の¥400円あります。

ジャケットの裏側の広告です。この頃はダニエル・ビダルが人気がありましたよね!

左下に回転数とコピーライトの©'70.8があります。

右側に規格番号とキング・レコードのロゴがあります。

見開きの内側です。解説は越谷政義さんでストーンズのデビュー当時の事が書かれています。

解説の上の曲目の部分です。2曲とも1分台の長さですが、短いながらもイントロや間奏など素晴らしい演奏が凝縮されていますよね!

レコード袋です。キングレコードで69年から72年頃まで使われていた専用のスリ―ヴです。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。STEREOとなっていますが疑似ステです。下部にタイトルの英語表記と日本語表記、作者クレジットがあります。初回盤ではポール・マッカートニーのスペルがMcCarthyとなっていましたが、ここでやっと修正されてます。マトリクスは機械打ちでSDST 387-2/SDST 388-1です。両面にJISマークがあります。 

B面のラベルです。こちらもSTEREOとなっていますが疑似ステです。

この2曲はアルバムには収録されていないので、このシングル盤は結構需要があったのかも知れませんね。「彼氏になりたい」はビートルズ・ヴァージョンはリンゴ・スターのヴォーカルで『WITH THE BEATLES』に収録されていますが、アレンジ等は全く違います。ストーンズの方はスライド・ギターと走るベースが特徴となっています。今考えるとビートルズが駆け出しのストーンズに曲を提供したとは夢みたいな話ですよね。

6年前のブログになりますが、日本オリジナル盤の「彼氏になりたい」はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本でのデビュー・シングル 彼氏になりたい!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

68年にジャケットを変えて発売された再発盤はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 彼氏になりたい セカンド・ジャケ!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

 

ローリング・ストーンズ チリ盤 LET IT BLEED!!

ローリング・ストーンズのチリ盤『LET IT BLEED』です。1969年に発売され、規格番号はモノラルがLLC-38573、ステレオがSLLC-38573(?)です。ただ、ステレオに関しては資料本「STONES WORLDWIDE Ⅲ」ではモノラルしか書いてなく、イタリア人のコレクター本でもステレオは未確認としています。私も南米盤は90年代からチェックしていますがチリ盤のステレオは見た事がありません。この前後のチリ盤のストーンズのレコードにはモノラル、ステレオの両方が存在するのにこの『LET IT BLEED』だけ何だかの都合でステレオは発売されなかったのでしょうか?そういった理由のため今回はモノラル盤だけを取り上げます。チリでのロンドンレコードの配給元はオデオンです。ジャケットは南米盤によく見られる2枚の厚紙をビニールで包んだ仕様となっています。そして、何といっても表側と裏側のケーキのデザインが同じものとなっているのが特徴です。ジャケットの表側です。

上部のタイトルの下に現地語(スペイン語)のタイトルで『DEJALO SANGRAR』と書かれています。

右上にロンドンのロゴがあります。

裏ジャケです。通常はケーキがカットされて、人形が倒れたり、レコードが割れている写真が使われていますが、チリ盤は表側と同じ写真が使われています。左下に曲目、右下に各クレジットが追加されています。表側同様上部のタイトルの下に現地語(スペイン語)のタイトルで『DEJALO SANGRAR』と書かれています。

左下の曲目の部分です。英語表記の次にスペイン語で書かれています。順番はUK盤などと同様順序がメチャクチャになっています。私の持っているものは元の持ち主が実際に収録されている面と曲順の番号を書いてあります。

左下に"ALTA FIDELIDAD"と書かれています。これは英語で"High Fidelity"のことです。その下に特許番号が書かれています。

下部中央に回転数とINDUSTRIA CHELENA(チリ製)とその下に印刷所のクレジットがあります。

下部右下に南米盤によく見られる"DISCO ES CULTURA"(レコードは文化です)とロンドンレコードとライセンスを結んで知るオデオンのクレジットがあります。

ラベルです。69年から74年まで使われていた緑色のラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側に規格番号が、右側に著作権表記とマトがあります。ここにⓅ1970とあるのでチリでは70年に入ってから発売されたのかも知れません。曲目は中央揃いで英語表記となっています。曲目の上にスペイン語のタイトルが、下にグループ名があります。曲名は英語表記だけとなっています。マトリクスは機械打ちでXARL-9363.P-1A/XARL-9364.P-1Aです。このマトはUK盤のモノラルと同じです。

B面のラベルです。

このチリ盤はUK盤のモノラル同様の結構いい音がします。ジャケットは南米盤によく見られる2枚の厚紙をビニールでくるんだものですが、このチリ盤は裏ジャケも表側と同じ写真を使っているのが面白いですよね!私は90年代に買いましたが裏ジャケを見てあれ、と思ったことを覚えています。裏ジャケの方は曲名や各クレジットが書かれているので表側のジャケットが間違ってしまった事は無いと思います。また、ステレオの件ですが、この時代だったらステレオはあってもモノラルが無いのは分かりますがモノラルだけというのも不思議です。このチリ盤のステレオに関しましてはまたなにか分かりましたら追記します。