ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ただひたすらにローリング・ストーンズのレコードを紹介しているブログです。

ローリング・ストーンズ ブラジル盤 EXILE ON MAIN STREET①オリジナル盤!!

ローリング・ストーンズのブラジル盤『EXILE ON MAIN STREET』です。ブラジル盤もストーンズ・レコードが移籍するたびに再発盤が発売されているので2回に分けて紹介しようと思います。今回はオリジナル盤です。ブラジルでは1972年9月とやや遅れて発売され、規格番号はCOC 2-2.900です。ブラジルでのWEAの配給元はDISCOS CONTINENTALという会社です。ジャケットは各国盤と同じですが、各国盤のように見開きの内側からレコードを取り出す形ではなく、普通の見開きで両側の袖からレコードを取り出すようになっています。これは80年代のCBSプレスまで変わりません。ジャケットは柔らかい紙質でやや暗めの印刷です。表面はツルツルしています。なお、ブラジル盤はオリジナルから80年代の再発盤までポストカードは元々付いていないようです。

右上のタイトルの下に規格番号があります。この部分に規格番号があるのは珍しいですね!

裏ジャケです。中央左寄りにUSA盤のシュリンクの上から貼られていた曲目ステッカーと似たものが直接印刷されています。

UK盤などでは空欄になっていた左上の部分に配給元のCONTINENTALと表側と同じフォントで規格番号があります。一番上の音符のようなものはおそらくDISCOS CONTINENTALのロゴだと思います。

その下にSTEREO、MONOがあります。その下に「このレコードはステレオまたはモノラル機器で再生できます。」と書かれています。3年前にツイッターでiTakatoさんがこのクレジットを見て曲によってモノラルもあるのでは、と投稿されており、その時にブログで取り上げると返信したのですが3年も忘れていました。申し訳ございませんでした。そのおかげで今回新たな発見をしました。ヘッドフォンで聴いたところステレオでしたがなんとこのブラジル盤、全曲ステレオのチャンネルが逆です。このブラジル盤は90年代後半に静岡のレコード店で買いましたが全く気がつきませんでした。これもiTakatoさんが疑問を持たれたおかげです。ありがとうございました。

左側中央にUSA盤のシュリンクの上に貼られていたステッカーと同じ曲目表(規格番号はカットされています)がブラジル盤は直接印刷されています。

見開きの内側です。こちらは各国盤と同じデザインです。表側同様写真が暗いです。

見開きの左側のページ下部に南米盤によく見られるDISCO E CULTURA(レコードは文化です)とパブリッシャーのⓅ1972があります。

一枚目のインナーです。ジャケット同様インナーの写真も暗い感じです。今回のブログは全体に写真が暗いですが、暗い場所で撮っているわけではありません。

右側中央に裏ジャケにあったContinentalのロゴとSTEREO、MONOの印刷があります。ジャケ、インナー共にブラジルの文字が一切ないのでこのロゴでブラジル盤と判断するしかありません。

インナーの反対側です。

2枚目のインナーです。

こちらも裏ジャケにあったSTEREO、MONOの印刷があります。Continentalのロゴは離れた場所にあります。

右上にContinentalのロゴがあります。

インナーの反対側です。

ラベルです。上部にグループ名とタイトルがあります。その上に"Stereo Compatival Mono"と書かれています。左側にベロマーク、面表記、パブリッシャーがあります。面表記はLADO 1です。右側に規格番号のCOC 2-2900があります。曲目はラベルの下半分に書かれていますが、円に収めるために活字の大きさが一定ではありません。一番下にプロデューサー・クレジットとマトがあります。リムがラベルの円周全体に文字で埋まっているのがブラジル盤らしいですね。マトリクスは機械打ちでST RS 722507/ST RS 722508/ST RS 722509/ST RS 722510です。なお、ブラジル盤のWEAのラベルは2種類あり、こちらはグループ名とタイトルがジャケットと同じ書体ですが、普通の活字のものも存在します。普通の活字のラベルが初回で、こちらはセカンド・プレスらしいです。

B面のラベルです。

C面のラベルです。

D面のラベルです。

さきにも書きましたが、このブラジル盤はステレオの左右のチャンネルが逆にプレスされています。通常盤と全曲聴き比べてみましたが、ギターやピアノ、コーラスなど全部左右逆でした。次回触れますが再発のEMI盤とCBS盤はチャンネルは正常ですのでこのオリジナル盤だけ何かのミスでチャンネルが逆になってしまったと思います。チャンネル逆はatsu-yさんの"Hot Stuff"の掲示板で10年位前に話題になりましたメキシコ盤の『STICKY FINGERS』でもありましたね!ストーンズのレコードは世界中で出ているのでまだまだこういった新たな発見があるかも知れません。次回はブラジル盤のEMIとCBSからの再発盤を紹介します。

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 一人ぼっちの世界!!

前回に引き続きローリング・ストーンズの日本再発シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズです。今回は「一人ぼっちの世界/アイム・フリー」を紹介します。1970年8月に発売され、規格番号はTOP-1514Sです。今回も初期の写真が使われていますが、このシリーズ特有の写真や文字の色がカラフルなジャケットです。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとありますが実際は疑似ステです。

左下に当時の値段の¥400があります。

ジャケットの裏側です。当時のキングレコードの広告が載っています。

左下に回転数とパブリッシャー©'70・8があります。

右下に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側です。解説と歌詞が載っています。解説は越谷政義さんで、ブライアン・ジョーンズの死から、ミック・テイラーの加入、そして近々発売されるライヴ・アルバムの事について書かれています。この時点ではまだ『GET YER YA-YA'S OUT』というタイトルの情報が日本へ入って来なかったと思われます。歌詞は「ひとりぼっちの世界」だけしか載っていません。

曲目の部分です。

レコード袋は69年から72年まで使われていたキングレコードの内袋が使われています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。マトリクスは機械打ちでSDST 389-1/SDST 390-1です。両面にJISマークがあります。

B面のラベルです。

「一人ぼっちの世界」という邦題は誰が付けたのか不明ですが、変わったタイトルですよね!2曲ともオリジナル曲でリフを主体した曲となっています。「アイム・フリー」は69年ツアーでも演奏され、当時の時代を象するような曲です。途中でリズムが崩れそうになる個所がありますが、なんとなく乗り切ってしまうあたりがストーンズらしいですね。ここまで「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズを紹介してきましたがこの5枚の中でセカンド・スリーヴが無かったのがこの「ひとりぼっちの世界」だけになります。98年頃にマニアの方とお話しした時にそのことについて触れられ、もしかしたらこの「ひとりぼっちの世界」にもセカンド・スリーヴがあるのではないか?と話題になりました。その後も探していますがどうやらこの「ひとりぼっちの世界」だけはセカンド・スリーヴが無かったみたいですね。今ではネットのおかげで誰のどんなレコードが出ているかだいぶ解明されてきましたが、ちょうどこの頃は「ハート・オブ・ストーン」のセカンド・スリーヴや、「ワイルド・ホース」のステージ・ジャケが発見されたこともあり、夢が膨らみましたね!日本ではこの後も独自のシングルやEP盤の発売がありますが、同じ曲を手を変え品を変え発売を続けるキングレコードには脱帽です。

「ひとりぼっちの世界」の日本盤オリジナル盤はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 一人ぼっちの世界 !!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

 

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 ハート・オブ・ストーン!! 

前回に引き続き日本再発シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズです。今回は「ハート・オブ・ストーン/ホワット・ア・シェイム」です。1970年(昭和45年)8月に発売され、規格番号はTOP-1513 Sです。ジャケットはカフェテラスのようなところで撮影されたまだ初々しい感じのメンバーの写真が使われています。ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァルやタイトル、グループ名の色合いがメンバーの写真とマッチしてなんだかおしゃれなジャケットです。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとありますが実際は疑似ステです。

左下に当時の値段の¥400があります。

ジャケットの裏側です。このシリーズは5枚とも70年8月に発売されたので今回も同じレコードが載っています。

左下に回転数とパブリッシャーの©'70・8があります。

右下に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側は解説と歌詞が載っています。解説は越谷政義さんで当時の最新アルバム『BEGGARS BANQUET』と『LET IT BLEED』の事について書いてあります。ただ、50年前のライナーなので仕方がないと思いますがストーンズビートルズを比べるのは今では古い考えですよね。

曲目の部分です。この部分だけ「ホワット・ア・シェイム」のタイトルが「ホワッド・ア・シェイム」となっています。

レコードは69年から72年まで使われていたキングレコードのレコード袋に入っています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。マトリクスは機械打ちでSDST 385-1/SDST 386-1です。両面にJISマークがあります。

B面のラベルです。

このカップリングはアメリカでのシングルに準じたもので両面共オリジナル曲のシングルとなっています。イギリスではシングル発売はありませんでしたが、今考えると渋い曲をシングルカットしましたね。2曲とも初期ストーンズ特有のR&Bテイストの強い曲で特に「ハート・オブ・ストーン」は初期の名曲だと思います。

「ハート・オブ・ストーン」日本オリジナル盤の記事はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ハート・オブ・ストーン①!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

「ハート・オブ・ストーン」のセカンド・ジャケはこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ハート・オブ・ストーン② 回収された?セカンド・ジャケ!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)