ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK輸出仕様EP③ THE ROLLING STONES!!

ローリング・ストーンズのUK輸出仕様EP『THE ROLLING STONES』です。ジャケットや内容は当時の最新アルバム『OUT OF OUR HEADS』(UK仕様)からでこのEPはイギリス国内では発売されていません。規格番号はSDE 7503で、1965年11月に発売されています。番号は7501~7503と先の2枚と続きになっています。北欧、主にスウェーデンに向けて輸出されたようです。ジャケットは表側だけコーティングされています。

f:id:jukeboy:20180124210829j:plain

左上の規格番号の部分です。

f:id:jukeboy:20180124211059j:plain

裏ジャケです。こちらも『OUT OF OUR HEADS』と同じ写真が使われ、アルバムをコンパクトにしたデザインになっています。フリップバック仕様になっています。

f:id:jukeboy:20180124211238j:plain

裏ジャケ右上の部分です。MONOと規格番号SDE 7503があります。

f:id:jukeboy:20180124211419j:plain

曲目の部分です。『OUT OF OUR HEADS』からの3曲とイギリスではシングル「Get Off Of My Cloud」のB面だった「The Singer Not The Song」が収録されています。

f:id:jukeboy:20180124211747j:plain

こちらはおそらくセカンド・ジャケと思われるものです。表側は同じですが、フリップバックではなくクレジットが多少違っています。表側はコーティングされています。

f:id:jukeboy:20180724123600j:plain

DECCAのロゴの部分です。印刷所は先の2枚の輸出仕様同様MacNaill Pressです。上がオリジナルのジャケット、下がセカンド・ジャケです。セカンド・ジャケの方は真ん中のラミネートの部分が空欄になっています。フリップバックがないため印刷が全体に下へずれています。

f:id:jukeboy:20180724123814j:plain

裏ジャケ左下の部分です。上がオリジナル、下がセカンド・ジャケです。セカンド・ジャケではラミネートの会社のクレジットがこちらへ移動しています。こちらもフリップバックだった部分にクレジットされています。

f:id:jukeboy:20180724124021j:plain

ラベルです。規格番号がSDEで改行され2列になっています。おそらくこのEPはこのタイプのものしかないと思われます。マトリクスは機械打ちでEFF-2850-1C/EFF-2851-1Cです。

f:id:jukeboy:20180124212211j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180124212243j:plain

60年代のイギリスではシングル、EP、アルバムの収録曲が重ならないようにしていたためかこの仕様では未発売でした。このジャケットの写真は初期のストーンズの何だか危ない5人組といった感じで好きな写真なのでアルバムをミニにしたようなジャケットがいい感じですね~。これと同じ内容ではドイツ、オランダ(裏ジャケ違い)、ジャケットのデザインは違いますがオーストラリアで発売されています。フランスではジャケットは同じですが、曲目が違うEPが出ています。日本では当時この4曲を収録したレコードがなく77年にアルバムからあぶれた曲を集めた『A ROLLING STONE GATHERS NO MOSS』が発売されるまであまり馴染みがなかったですね。この内容のEPが日本で出なかったのが不思議です。勢いのいい「She Said yeah」やノリノリでグルーブ感のある「Talkin' Bout You」のカヴァー曲を聞くとストーンズってホントに演奏が上手いな、と思います。フォーク調のオリジナル「The Singer Not The Song」 も哀愁がありいい感じです。ジャケットもかわいいしこの当時のストーンズのいろいろなタイプの曲が聞けてなかなかいいレコードですね!