ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ スイス・クラブ・エディション⑦ PAINT IT BLACK 以降!!

前回に引き続きスイスクラブ・エディションのシングル盤です。今回は「Paint It Black/Long Long While」です。65年に発売された「The Last Time」から「As Tears Go By」まではスイス独自のピクチャースリーヴが付いていましたが、この「Paint It Black」以降はドイツ盤に販売元のEx Librisの丸いシールが貼られただけになってしまいます。規格番号は20050で、ドイツ盤と同じ1966年6月に発売されました。

f:id:jukeboy:20180609221348j:plain

シールの部分です。ドイツ盤の番号DL 25240の上に貼られています。20050とスイス独自の番号が付いています。

f:id:jukeboy:20180612201954j:plain

裏側には3.90と書かれたシールが貼ってあります。このシールは今まで紹介したシングルにも貼られていましたが、これは3.90スイス・フランを意味してると思います。現在のレートは1スイス・フラン=111円なので約432円でしょうか。当然50年前なのでそれよりももっと安く売られていたと思います。

f:id:jukeboy:20180612202230j:plain

ラベルです。ドイツ盤のシングルがそのまま使われています。この「Paint It Black」はラウンド・デッカからボックスト・デッカに変わった時でラウンド・デッカのラベルも存在しますが、私のはボックスト・デッカが入っていました。マトリクスは機械打ちで45-XDR-38032-Ⅲ X/45-XDR-38068-Ⅱ Xです。何故かMunufactured in Germanyはありません。という事は番号はドイツでもプレスはスイスなのかもしれません!ドイツ盤には45-XDR-38032-Ⅰ X U/45-XDR-38068-X Uなどのもっと若いマトがあり、Munufactured in Germanyの刻印があります。 

f:id:jukeboy:20180612202409j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180612202433j:plain

「Paint It Black」以降で判明しているのは次の2枚です。これらもドイツ盤のピクチャースリーヴに上と同じ丸いクラブ・エディションのシールが貼られ、中のレコードはドイツ盤が入っています。

1966年8月   20052 Mother's Little Helper/Lady Jane

1967年2月 20074 Let's Spend The Night Together/Ruby Tuesday

また、上の3枚のレコードに貼られていた丸いステッカーとは全く別のステッカーが貼られているレコードがあります。これは今のところ「Paint It Black」だけでしか確認できていません。

f:id:jukeboy:20180620091611j:plain

ステッカーの部分です。CLUB EDITION EX LIBRISだけで丸いステッカーにあったようなスイス独自の番号はありません。中のレコードのラベルがドイツのラウンド・デッカのラベルなので、もしかしたらこちらが初期型のステッカーなのかも知れませんね。

f:id:jukeboy:20180620091645j:plain

ラベルです。ドイツのラウンド・デッカのラベルが使われています。イギリスでもこの「Paint It Black」の途中からカーヴド・デッカからボックスト・デッカに変わったようにドイツでも最初はラウンド・デッカで、この「Paint It Black」の途中からボックスト・デッカに変わっています。それを考えるとこの四角いClub Editionのステッカーの方が最初で丸いステッカーへ変わる過渡期のものだったんでしょうか?マトリクスもこちらの方が45-XDR-38032-X U/45-XDR-38032-X Uと上のレコードよりも若いです。こちらはドイツ盤同様Munufacturerd in Germanyがあります。

f:id:jukeboy:20180625211320j:plain

今まで何枚かスイスのクラブ・エディションのシングル盤を紹介してきましたが資料によるとスイスで制作、発売されていたシングルは65年4月の「The Last Time」から66年3月の「19th Nervous Breakdown/As tears Go By」までだそうです。それ以降はドイツ盤のピクチャースリーヴに今回紹介したようなシールを貼って売っていたようです。「The Last Time」以前はどのようにして売られていたのか不明です。また、「Let's Spend~」以降もどの資料にもありません。まだまだ謎が多いスイスのクラブ・エディション盤ですが今後も新たな情報がありましたら追記します!