ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ スペイン盤Diff.カヴァー OUT OF OUR HEADS!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『OUT OF OUR HEADS』です。1972年に発売され、規格番号はLK 4733です。内容はUK盤と同じです。ジャケットは『AFTERMATH』の裏ジャケにあった写真が反転したものです。その後ろにメンバーのアップの写真をコラージュさせたスペイン独自のジャケットです。左上にタイトルとグループ名があり、左下にLK 4733とDECCAのロゴがあります。両面コーティングされています。81年にも再発されていますがジャケットの表側は全く同じです。

f:id:jukeboy:20180904204407j:plain

左上のタイトルとグループ名の部分です。

f:id:jukeboy:20180904204435j:plain

左下に規格番号のLK 4733とDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180904204543j:plain

裏ジャケです。TVショーだと思われる初期の演奏シーンの写真が使われています。こちらは72年に発売された方です。

f:id:jukeboy:20180904204656j:plain

81年に再発されたジャケットの裏側です。72年版とは下部のクレジットの部分が微妙に違っています。

f:id:jukeboy:20180924192918j:plain

曲目の部分です。面表示はCARA 1、CARA 2となっています。前回紹介したスペイン盤『No.2』ではスペイン語と英語の表記になっていましたが、こちらは英語表記だけです。

f:id:jukeboy:20180904204753j:plain

左下の部分です。上の72年版のほうはMADE IN SPAINがあります。他のスペイン盤同様発売年が書かれていて、このアルバムにも(1972)のクレジットがあります。下の81年版の方はここが空欄となっておりジャケットにSPAINの文字はありません。

f:id:jukeboy:20180926120101j:plain

曲目の下の部分です。上が72年版です。規格番号とDECCAがあります。その下にDISCOS COLUMBIAのクレジットがあります。下の81年版の方はLK 4661の上に新たな規格番号の63 99 145が追加されています。また、DISCOS COLUMBIAがあった部分が黒く消され、別のクレジットとなっています。その最後に(1981)とあります。

f:id:jukeboy:20180926120244j:plain

72年版のラベルです。オレンジ色のラベルのシルバーの文字です。オープン・デッカとその下にffrrの耳のロゴがあります。右側に規格番号とマトリクスの逆さ文字、下に曲目があります。面表示はありません。タイトルのOUT OF OUR HEADSはなく、THE ROLLING STONESとグループ名のみしか書かれていません。曲名は英語表記です。マトリクスは機械打ちでARL-6973-9B/ARL-6974-9AでUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20180904205352j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180904210002j:plain

81年版のラベルです。青いラベルで白い文字です。規格番号の部分が63 99 145と変わっています。スペイン盤のステレオは途中でボックスト・デッカに変わりましたが、モノラルは80年代になってもオープン・デッカのままなんですね!マトリクスは機械打ちで850 6399145 A 1/850 6399145 B 1です。

f:id:jukeboy:20180924194754j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180924194815j:plain

これまで別カヴァーの『OUT OF OUR HEADS』を取り上げましたが、スペインでは『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』の2枚は60年代当時発売されていなかったという資料もあります。これは前回も触れましたが、この前後のスペイン盤のジャケットやレコードの仕様を見てみるとおそらく発売されていたとされる説の方が有力だと思います。ここでオリジナルと思われる『OUT OF OUR HEADS』のスぺイン盤を紹介します。ただ、ジャケ、レコードのラベルにスペインの文字は全くありません。ジャケットです。UK盤と同じデザインです。UK盤では左上にあった規格番号の部分が空欄となっており、右側のDECCAのロゴの上に規格番号があります。スペインではモノラルしか発売されていません。ジャケットは日本盤のペラ・ジャケのような感じです。

f:id:jukeboy:20180909201354j:plain

右上のMono LK 4733の部分です。この文字はスペイン盤独自のものです。

f:id:jukeboy:20180909202120j:plain

裏ジャケです。基本的にはUK盤と同じデザインです。左側のレコード取り出し口中央が丸くカットされています。この丸くカットされたジャケットは『No.2』『OUT OF OUR HEADS』『AFTERMATH』『FLOWERS』などで確認しました。

f:id:jukeboy:20180909202228j:plain

右上にMONO LK 4733があります。

f:id:jukeboy:20180909202450j:plain

右下のDECCAのロゴの下にImpreso per COLUMBIA. S.A. -Sn. Sn. -Mayo 1966とあります。Made in Speinなどの文字が無く、ここにCOLUMBIAとあるのでコロンビア盤かな?と思いますが、これはコロンビア印刷という会社のことでコロンビア盤ではありません。紛らわしいですが前回書いたようにコロンビア盤はDECCAではなくLONDONレーベルです。ここに1966とクレジットがあるのでイギリスより遅れて66年に発売されたのでは?と思います。

f:id:jukeboy:20180909202521j:plain

ラベルです。オープン・デッカでオレンジ色に黒文字のラベルです。これはスペイン盤のオリジナル盤のラベルになります。66年以前はリムにFABRICADO EN ESPANAとありますが、写真のものは66年の途中から72年まで使われたリムにDISCOS COLUMBIAとあるタイプです。72年以降は文字の色がシルバーになってしまうのでこちらがオリジナルだと思います。マトリクスは機械打ちでLCCI 646/LCCI 647です。レコード盤は分厚くてずっしりと重いです。

f:id:jukeboy:20180909203921j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180909204017j:plain

前回『No.2』ではこの黒文字のラベルが確認できなかったので発売時期の結論が出ませんでしたが、この『OUT OF OUR HEADS』では60年代の黒文字のラベルを発見したので前回疑問が残った『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』のオリジナル・ジャケットは60年代には出ていたと思います。別カヴァーに戻りますが、このジャケットは独自のデザインでホントカッコいいですよね!派手なミックと比べてキースとビルは黒い洋服で何だか危ない奴らみたいな感じだし、チャーリーのとぼけた表情も面白いです。裏ジャケの演奏シーンもカッコいいですね!80年代になってもまだコーティングしてあるジャケットも趣があるし、印刷も奇麗で流石スペイン盤といった感じです!