ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングル WE LOVE YOU/DANDELION いろいろ!!

ローリング・ストーンズアメリカでの15枚目のシングル「We Love You/Dandelion」です。1967年8月18日に発売され、規格番号は45-905です。アメリカではB面の「Dandelion」の方が14位とヒットしてしまったため、アンドリューは急遽両A面扱いとしたようです。このシングル・ヴァージョン(モノラル)は「We Love You」のエンディングに「Dandelion」のコーラスの部分が、「Dandelion」のエンディングに「We Love You」のイントロのピアノの音が小さく収録されています。また、「We Love You」にはプロモだけのエディット・ヴァージョンが存在します。ジャケットはメンバーの写真の下にサイケ調の文字でグループ名のローリング・ストーンズは使われずメンバーのファースト・ネームとタイトルが書かれています。曲名は「Dandelion」の方が上に書かれています。

f:id:jukeboy:20180824141957j:plain

裏側は上部レコード取り出し口に切り込みがあります。左下に各クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180824142218j:plain

クレジットの部分です。ロンドン・レコードの住所とPRINTED IN U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20180824142349j:plain

表裏共に右下にロンドンのロゴと規格番号の45-905があります。

f:id:jukeboy:20180824142519j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモです。左下にPROMOTIONAL COPYのクレジットがあります。右側に45-LON-905、その下に3行に渡ってプロデューサー・クレジットがあります。このプロモ盤だけイントロのピアノが始まった途端すぐにヴォーカルが入ってくるエディット・ヴァージョンが収録されています。このヴァージョンはこのプロモでしか聞くことが出来ません。見分け方はラベルのタイム表記が手書きで3:10と書かれている部分しかありません。マトリクスは手書きでXDR 41128 T2-2A/XDR 41129-1Cです。なお、このシングルのマトは80年代まで全て手書きです。

f:id:jukeboy:20180824213146j:plain

手書きのタイム表記の部分を拡大した写真です。

f:id:jukeboy:20180824213218j:plain

上と同じラベルですが、タイム表記の部分が印刷で4:39となっています。こちらには通常ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 41128 T2-1D/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824213954j:plain

上の2枚とは違い、LONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.があります。右側の規格番号は45-905で、その上にMade in U.S.A.があります。右下にNOT FOR SALE、左下にPROMOTIONALがあります。プロデューサー・クレジットも下部へ移動しています。マトリクスはXDR 41128 T2-1H/XDR 41129-1Hです。 

f:id:jukeboy:20180824214652j:plain

ここからブルー・スワルのレギュラー盤です。このレコードはマトでは順番が分かりずらいのでラベルから判断して並べてみました。これは最初のプロモと同じ文字の配置のラベルです。タイム表記は4:39と印刷されており、通常のヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 41128 T2-1D/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824215158j:plain

規格番号は45-905です。その下にタイム表記、プロデューサー・クレジット、アレンジのクレジットがある変則的なラベルです。マトリクスはXDR 41128 T2-SH-3 X/XDR 41129-SH2です。SHというのはプレス工場コードで『HOT ROCKS』のShelley盤で有名なニュー・ヨークのShelley Products, Ltd.のことです。

f:id:jukeboy:20180824215710j:plain

規格番号は45-905です。規格番号の文字が小さく上と比べるとやけにシンプルな印象のラベルです。プロデューサー・クレジットやMade in U.S.A.はグループ名の下に全部まとめられています。左側のマトリクスの末尾にBWがあります。マトリクスはXDR 41128 T2-BW2/XDR 41129-BW-1です。BWというのはプレス工場コードでニュー・ジャージーのBestway Products,Inc.のことです。

f:id:jukeboy:20210611141013j:plain

LONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.があります。規格番号は45-905で3番目のプロモと文字の配置が全く同じです。マトリクスはXDR 41128 T2-1G/XDR 41129-1J  △68043-Xです。

f:id:jukeboy:20180824220614j:plain

70年代中期からの規格番号が5N-905へと変わったラベルです。基本的にはブルー・スワルの1番最初のラベルと文字の配置が同じです。マトリクスはXDR 41128 T2-1F/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824220929j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。文字の配置やフォントは上の5N-905のラベルと全く同じです。マトリクスも同じでXDR 41128 T2-1F/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824221341j:plain

上のラベルと比べてタイトルが小さくなり、グループ名が横に広がっています。マトリクスはXDR 41128-1  TRUTONE-Pa-6-81  PRC/XDR 41129-1  TRUTONE-Pa-6-81  PRCです。マトの日付から考えて81年6月にプレスされたものだと思います。ここまで両面の最後に反対側の曲の一部が追加されているシングル・ヴァージョンとなっています。

f:id:jukeboy:20180824221758j:plain

86年以降の白ラベルです。マトリクスは5N-905 B/5N-905 Aで、なんと「Dandelion」側のマトがAとなっています!アメリカでは「Dandelion」の方がヒットしたからA面扱いにしたのか、単なるミスなのかは不明です。このレコードだけ両面共ステレオで普通のヴァージョンが収録されています。

f:id:jukeboy:20180824222057j:plain

この2曲は『サタニック』のセッションで録音されました。「We Love You」は鎖を引きずる音で始まりドアをバターンと閉める音の後にニッキー・ホプキンスのピアノの印象的なフレーズが入ってくるというイントロがサイコーですね!ブライアンのメロトロンがガガッ、ガガッと効果的な音を出しています。ジョンとポールがコーラスに参加しているといわれています。「Dandelion」はブライアンがチェンバロオーボエを担当しているらしいです。記録にはありませんがこちらにもコーラスにジョンとポールが参加していると思います。ポールらしき声が大きく聞こえる個所がありますし、エンディングでミックの声が消えた後で聞こえるコーラスは完全にジョンとポールですよね!ストーンズにしてはメルヘンチックな曲です。2曲共ステージでは演奏した事がありませんが、サイケ期ストーンズのサイコーのシングル盤ですよね!