ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 ザ・ローリング・ストーンズ第2集 いろいろ!!

ローリング・ストーンズの日本での2枚目のアルバム『ザ・ローリング・ストーンズ第2集』です。内容はUSA盤『12X5』と同じで、1965年(昭和40年)2月に発売されました。規格番号はMH-197です。ジャケットはUK盤『No.2』やUSA盤『12X5』と同じ写真を使っています。グループ名の下がVOL.2となっています。紺色の帯が付けられ、ジャケットはペラ・ジャケです。

f:id:jukeboy:20181205212541j:plain

右上にLONDONのロゴと規格番号のMH 197があります。

f:id:jukeboy:20181205212634j:plain

グループ名の下がVOL.2となっています。USA盤ではここが12X5となっていましたね。グループ名の文字の形や色はUSA盤と同じです。

f:id:jukeboy:20181205212722j:plain

バックの色がUSA盤より明るい青になっています。

f:id:jukeboy:20181205212812j:plain

裏ジャケです。真ん中が凹んだフリップバック仕様となっています。メンバーの紹介と曲目の解説が載っています。解説は亀淵昭信さんです。

f:id:jukeboy:20181205213257j:plain

右上にMH 197と当時の値段の¥1500があります。

f:id:jukeboy:20181205213407j:plain

右下に©1965とJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20181205213502j:plain

下部中央に発売元・キングレコード株式会社があります。

f:id:jukeboy:20181205213600j:plain

左下です。初期型のジャケットは空白となっていますが、後期型では丸で囲んだイの記号のようなものがあります。これは何を表しているのか不明です。

f:id:jukeboy:20181205213755j:plain

歌詞カードの表側です。

f:id:jukeboy:20181205213831j:plain

歌詞カードの裏側です。

f:id:jukeboy:20181205213856j:plain

ラベルです。こちらはプロモ用の白ラベルです。上部に小さくLONDONがあります。左側に見本盤と面表記が、右側に非売品と規格番号のMH-197があります。マトリクスは機械打ちでDLBT 247-1-1-1/DLBT 248-1-1-1です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200223140100j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200223140406j:plain

レギュラー盤のラベルです。『ファースト』同様こちらも2種類のラベルが存在します。こちらは初期型のラベルです。マトリクスは機械打ちでDLBT247-1-1-1/DLBT248-1-1-1です。両面にJISマークがあります。マトの枝番の-1-1-1はプロモと同じです。

f:id:jukeboy:20181205214152j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200223143819j:plain

こちらは後期型のラベルです。ラベル中央に太いラインが入っています。ファーストの時にも書きましたが『BIGHITS』のラベルと似ているのでおそらく66年頃の発売と思われます。マトリクスは機械打ちでDLBT247-1-1-8/DLBT278-1-1-8です。こちらも両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20181205214430j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200223143842j:plain

このアルバムは曲順等は変更されず、USA盤『12X5』と全く同じ内容となっています。日本では『ファースト』はUKヴァージョンで発売されましたが、このアルバムから『OUT OF OUR HEADS』までUSAヴァージョンとなりその後の『AFTERMATH』以降はUKヴァージョンに戻っています。オーストラリアやニュージーランドもこの形態で発売されているので単なる偶然か、販売権などの関係があったんでしょうか?これだとアルバムに未収録の曲が少なくなるのを最初から見越していたようで驚きです!「Time Is On My Side」は当時日本で人気があり、グループ・サウンズザ・タイガースがカヴァーしていましたね。私はストーンズよりもザ・タイガースのライヴ盤の方を先に聞きました。いろんなタイプの曲が収録されていますが曲の流れが心地よく初期のアルバムの中では個人的に好きなアルバムです。