ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ オランダ盤 GREATEST HITS 謎の別カヴァーを発見!! 

以前も紹介したローリング・ストーンズのオランダ盤『GREATEST HITS』ですが、先日「何か変だなぁ~」と思うジャケットを発見しました。一見すると普通のジャケットと変わらないのですが何か雰囲気が違うのです。この写真を見て分かった方はかなりのストーンズ・マニアの方だと思います。ジャケット中央の破れや周りにテープが貼ってあることは関係ないですよ。レコードはモノラルで規格番号はDU 175 000です。

f:id:jukeboy:20190119144721j:plain

以前紹介したようにこのアルバムはシングル曲の曲名は青でクレジットされていましたが、新たに発見したジャケットはナント、全部黒で書かれています。どこの資料を見ても全部黒のクレジットのものは載っていないので最初は単なる印刷ミスのものが世に出てしまったのかと思いましたが、細部を見たら新たな事実を見つけました。これって違うジャケットです!!2つのジャケットを並べてみると黒の方はチャーリーの靴と同じ位置に「Bye Bye Johnny」があります。青の方はズボンの裾より上に「Bye Bye Johnny」があります。A面の曲名は2枚共同じ位置にありますが、B面の曲名は青のジャケットより黒の方が少し下がっているのが分かります。チャーリーの写真と曲目を見ればよく分かると思います。

f:id:jukeboy:20190121200151j:plain

裏ジャケです。こちらも曲名は全て黒となっています!

f:id:jukeboy:20190119214638j:plain

通常のジャケットと並べてみると、黒の方はSIDE 1があり青の方はありません。

f:id:jukeboy:20190119214843j:plain

B面の曲目です。こちらもSIDE 2があり、曲名は全て黒です。「I Wanna Be Your Man」と「Around And Around」の間隔も違います。

f:id:jukeboy:20190119214938j:plain

ラベルです。以前紹介した通常のジャケットの一番最初に入っていたラベルと同じものです。このラベルはオランダで64年まで使われていたモノラルのラベルで、このアルバムは64年9月に発売されたのでこれがオリジナルのラベルです。規格番号はDU 175 000と以前紹介したレコードと同じです。マトリクスは機械打ちで6 AA 175 000 1L 1 670 111/6 AA 175 000 2L 1 670 111です。

f:id:jukeboy:20190119220307j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190119220333j:plain

以前紹介したラベルのA面のマトは末尾が114だったのでこちらの方が最初だったんでしょうか?確かにこちらの全部黒の方はあまり見かけないし、65年からは次のラベルに変わってしまうので9月以降わずかな時期にジャケットも変わったという事が考えられます。そうするとこの曲目全部黒のジャケットが出回っていたのは数か月になりますね!資料にも載っていないとすると仮のジャケットが世に出てしまった可能性もありますが、これはまだはっきりしないので今後何か分かりましたら追記します。しかし、まだまだ知らなかったレコードが出てくるんだな、とストーンズのアナログ盤の奥の深さを実感しました。下は2年以上前の記事になってしまいますがこのアルバムを紹介しています。併せて読んで頂けたら幸いです。

jukeboy.hatenablog.com