ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

キース・リチャーズ TAKE IT SO HARD② 12インチ・シングル いろいろ!!

キース・リチャーズの『TALK IS CHEAP』からの第1弾シングル「Take It So Hard」はヨーロッパ各国で7インチの他に3曲入りの12インチ・シングルと3インチCDシングル(VSCD 1125)が作られました。現時点ではUK、ドイツ、イタリア盤を確認しています。UK盤は7インチより1ヶ月遅れの88年10月に12インチと3インチCDシングルが同時発売されました。ジャケット表側は3ヶ国共同じデザインで、7インチ・シングルと同じキースのアップの写真が使われています。

f:id:jukeboy:20190314214331j:plain

裏ジャケです。これはUK盤ですが、他国も細かい部分を除いてこれと同じデザインです。

f:id:jukeboy:20190314214441j:plain

曲目の部分です。この12インチはA面に「Take It So Hard」、B面に「I Could Have Stood You Up」「It Means A Lot」が収録されています。全てアルバムと同じヴァージョンです。 

f:id:jukeboy:20190314214536j:plain

裏ジャケの右側にフォトグラファーSante D'orazioのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190314214817j:plain

裏ジャケは基本的に各国同じデザインですが細部が微妙に違います。右上の規格番号の部分です。上からUK盤、ドイツ盤、イタリア盤の順です。規格番号がそれぞれVST 1125、611690-213、VINX 225と違います。ドイツ盤だけバーコードがなくVirginのロゴが規格番号の下にあります。

f:id:jukeboy:20190314215014j:plain

裏ジャケの下部の部分です。上からUK盤、ドイツ盤、イタリア盤です。ドイツ盤だけこの部分にPrinted in Western Germanyのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190314215223j:plain

右下の部分です。ドイツ盤以外はここにVirginのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20190314215445j:plain

UK盤です。規格番号はVST 1125でUK盤はドイツ、イタリアと比べて薄い紙質のジャケットが使われています。ラベルは右下にVirginのロゴがあります。リムの最後にMANUFACTURED IN THE UKのクレジットがあります。マトリクスは機械打ちでVST 1125 A-1U-1-1/VST 1125 B-1U-1-1です。

f:id:jukeboy:20190314215641j:plain

UK盤にはテスト・プレスも存在します。プレーンのラベルですがリムの部分がうっすらと見えます。STONES WORLDWIDEに載っていたに写真ではラベルにペンでタイトルとキースの名前が書かれていましたが、私のは何も書かれていません。資料に載っていた写真もよく見るとリムがうっすらと印刷されています。マトリクスはレギュラー盤と同じく機械打ちでVST 1125 A-1U-1-1/VST 1125 B-1U-1-1です。

f:id:jukeboy:20190319163630j:plain

テスト・プレスのA面のマトです。白いラベルにうっすらとリムが見えるのが分かると思います。

f:id:jukeboy:20190319163726j:plain

テスト・プレスのB面のマトです。

f:id:jukeboy:20190319163754j:plain

ドイツ盤です。規格番号は611 690(ジャケットは611 690-213)でUK盤より厚紙のしっかりとしたジャケットです。ラベルは当時一部の国で使われていたA面が緑色、B面がオレンジのVirginのラベルです。上部にラベルを横切るオレンジのラインがアクセントとなっています。マトリクスは機械打ちでDM611690 A-1/10-88//DM611690 B-1/10-88です。両面共末尾に10-88と日付が入っています。 

f:id:jukeboy:20190314215708j:plain

B面はオレンジ色のラベルで緑色のラインがあります。この色のパターンはシングル盤でも使われています。

f:id:jukeboy:20190314215737j:plain

イタリア盤です。規格番号はVINX 225でドイツ盤とUK盤の中間位の厚さのジャケットが使われています。ラベルはUK盤と違いVirginの文字がラベル全体に書かれています。3ヶ国でいろいろなラベルがあるのが面白いですね。規格番号はVINX 225です。回転数は45 GIRI、面表記はLato Aと現地語表記となっています。リムの最後にMADE IN ITALYがあります。マトリクスは機械打ちでVINX-225-A-23-9-88 Ⅰ△ K.RICHARDS/VINX-225-B-23-9-88 Ⅰ△ K.RICHARDSです。23-9-88と日付が入っています。

f:id:jukeboy:20190314215803j:plain

同時に発売された3インチCDシングルという規格は今では無くなってしまいましたがヨーロッパの3インチCDって日本の縦長ケースと違い正方形の3位インチの大きさでコンパクトでかわいいですよね!3インチCDがUK盤しかないのはUK盤をヨーロッパ各国で発売していたのかも知れません。12インチはここで取り上げた3ヶ国のものしか見つからないですが、アナログからCDへ移行していた時代なので12インチは発売されなかったのかも知れませんね。シングルも7インチの他に12インチやCDシングルで発売されていたというのが新しい時代を感じさせますね!