ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ盤ファースト①オリジナル・カヴァー いろいろ!!

ローリング・ストーンズのドイツ盤ファーストです。ドイツでは1964年7月に発売され、規格番号はBLK 16300-Pです。ドイツ盤もジャケットやラベル、そして規格番号等が年代によって変遷して行きますので順を追って紹介したいと思います。「Tell Me」は最初から後期プレスまで全て3:44のきれいにフェイドアウトしていくヴァージョンが収録されています。ジャケットはUK盤のように表側にはタイトル、グループ名がなくDECCAのロゴがあるだけです。初期型は上質な柔らかい紙で作られていて、写真も鮮明です。また、途中で変わったと思いますがこのBLK規格でも普通の紙質で両面コーティングのジャケットも存在します。UK盤では左上にMONOと規格番号がありましたがドイツ盤は空白になっています。

f:id:jukeboy:20190508101647j:plain

裏ジャケです。UK盤にあった解説がなく、上部は曲目で占めています。メンバーの写真はUK盤と同じです。余白が多くシンプルなデザインです。

f:id:jukeboy:20190508102114j:plain

曲目の部分です。「I Need You Baby」は「Mana」表記です。その下のスチュのピアノなどのクレジットは各国と同じです。 

f:id:jukeboy:20190508102138j:plain

インナーです。ドイツ盤のモノラル専用のインナーでドイツ語と英語とおそらくオランダ語でレコードの取り扱い方について書かれています。裏側は空白です。ステレオのインナーは裏側にroyal sound stereoのロゴがありますがそれは他のタイトルのステレオ盤の時に紹介します。

f:id:jukeboy:20190508105700j:plain

ラベルです。えび茶にゴールド文字のドイツ特有のラベルです。ラウンド・デッカの中が全体にゴールドになっています。このロゴのタイプは64年プレスで初回としている資料がありますが、確かにこのタイプは『ファースト』と次の『AROUND AND AROUND』でしか確認出来ませんでした。面表記はSelte 1/Selte 2です。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-Ⅱ X/XARL-6272-Ⅰ Xです。両面共Manufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190508102953j:plain

えび茶にゴールドのラベルですがDECCAのロゴの中が文字がゴールドとなっています。こちらはセカンドプレスで65年頃からのラベルという説があります。DECCAのロゴ以外は文字のフォントや配置など上のラベルと全く同じですが面表記の1だけ大きな文字となっています。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-Ⅱ X/XARL-6272-Ⅱ Xです。両面共Manufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190508105818j:plain

67年頃に変更となった赤ラベルです。規格番号はBLK 16.300-Pのままです。面表示の1が大きく文字の配置は上のラベルと同じです。マトリクスは上と同じXARL-6271-Ⅱ X/XARL-6272-Ⅱ Xです。両面共Manufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190508105306j:plain

上のラベルと同じですが左上にMONOのクレジットがあります。このラベルは次に紹介するSLK規格(ステレオ)と区別するためにMONOのクレジットを入れて72年頃にリリースされた説もありますがその頃までBLKだったのか疑問が残ります。SLK規格といってもこのレコードの場合疑似ステでもなくモノラルのままなんですけどね!これはいつ頃のラベルか分かりましたら追記します。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-Ⅰ X/XARL-6272-Ⅱ Xです。両面共Manufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190508215927j:plain

1970年9月には規格番号がBLKからステレオ用のSLK 16300-Pと変わります。先にも書きましたが内容はモノラルのままです。また、資料によっては64年からSLK規格があったと書かれているものもありますがえび茶にゴールドのラベルのSLK規格では「OUT OF OUR HEADS」以前は見た事が無くこの辺は曖昧です。ジャケットは基本的に変更は無く規格番号の部分だけが変更となっています。柔らかく趣のあった紙質は普通の紙質に変わり両面コーティングされています。裏ジャケ右上のの規格番号の部分です。

f:id:jukeboy:20190508103736j:plain

裏ジャケ右下のクレジットも変更されています。上はオリジナルのもので空欄となっています。下はSLK 19300-Pに変更後でMade in Germanyや、発売元のTELDEC(Telefunken-Decca)の住所などのクレジットがあります。ここで気になったんですが印刷所はイギリスのMacNeill PressとありますがジャケットはUK製なんでしょうか? UK盤とは紙質が全く異なるのでこの部分を消し忘れて印刷してしまったようにも思えます。

f:id:jukeboy:20190508103830j:plain

また、ドイツ盤の70年前後のジャケットの一部には下部や下に隠れて見えない部分にHartung(ハンス)とあるものがありますがまさかあのドイツの画家ではありませんよね?こういう名前の印刷所があるのか分かりませんが、これは意味不明です。ファーストではSLK規格のジャケット右下にありました。この文字は70年頃の他のタイトルでも見ることが出来ます。

f:id:jukeboy:20190508104338j:plain

ラベルです。赤ラベルで規格番号がSLK 16 300-Pと変更になっています。「Mona」の曲名が2行目にずれたため「Little By Little」の作者クレジットは今までのラベルでは1行でしたが、こちらは2行に渡ってクレジットされているように全体に収まりの悪い曲名表示となっています。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-Ⅱ X/XARL-6272-Ⅰ Xです。両面共Manufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190508110137j:plain

ドイツ盤のファーストはUK盤よりも音圧は低いですが、高音が突き抜けたところが無く落ち着いたまろやかな音が聞けます。えび茶にゴールドのラベルで聞くとなんだかいい音で聞いてるような雰囲気に駆られますよね(笑)。また、最初にも書きましたが「Tell Me」はきれいにフェイドアウトしていくヴァージョンが収録されています。これはフェードアウトしないで終わるのがイギリスやスペインなどで、きれいにフェイドアウトしていくのがドイツやフランスなどで同じヨーロッパでも違うのが面白いですね。今後も各国の『ファースト』を取り上げる予定ですが検証してみたいと思います。ドイツ盤の『ファースト』は73年2月に以前紹介したオランダ盤と同じミック・ジャガーの写真を使ったジャケットで再発されますがこちらは次回紹介します。