ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ブライアン・ジョーンズ JOUJOUKA③ 日本盤いろいろ!!

ブライアン・ジョーンズの『JOUJOUKA』第3回目です。今回は日本盤を紹介します。日本では71年にワーナー・パイオニアから、79年には東芝EMIから発売されています。最初はワーナー・パイオニア盤からいきます。ワーナー・パイオニア盤は1971年12月に発売され、規格番号はP-8176Sです。ジャケットは英米と同じデザインで見開きです。ジャケットはUSA盤と似た感じでツヤツヤしています。『ブライアン・ジョーンズ/イン・マジカル・モロッコ』と邦題が書かれた帯が付いています。キャッチコピーは「400年の伝統を誇るロック・バンド????ストーンズの亡きギタリストが残した貴重なる遺産」という面白いものです。確かにジャジューカの音楽は15世紀から続いているらしいですが、それをロック・バンドに当てはめるとは…?この頃はまだワールド・ミュージックっていう言葉もなかったですよね!

f:id:jukeboy:20190615141805j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190615141836j:plain

裏ジャケ右上の部分です。ベロマークとP-8176S STEEREOがあります。

f:id:jukeboy:20190615142101j:plain

右下に当時の値段2000円があります。

f:id:jukeboy:20190615142134j:plain

見開きの内側は英米と同じデザインです。見開き右側の白いラインのところにWARNER BROS-PIONEER CORPORATION. Made in JAPANとあります。

f:id:jukeboy:20190615142259j:plain

上の続きに1971・12とあります。

f:id:jukeboy:20190615142440j:plain

解説書は英米ではジャケットよりも一回り小さかったですが、日本盤はLP大の大きさです。UK盤の最初のシートのようにブライアンのサインが無いタイプです。

f:id:jukeboy:20190615143317j:plain

見開きの内側は日本語の解説があります。

f:id:jukeboy:20190617142407j:plain

解説の最後に曲名が載っています。この曲名どこかの資料で見たような記憶がありますが、どこで見たのか記憶にありません。

f:id:jukeboy:20190617142503j:plain

解説書の最後のページです。

f:id:jukeboy:20190617142828j:plain

ラベルです。他国同様ベージュのラベルです。タイトル、ベロマーク、面表記やSTEREOなどの文字の配置はUK盤と全く同じです。右側に規格番号P-8176Sがあります。マトリクスは機械打ちでP-8176S1  1-A-?  (1)/P-8176S2  1-A-?  (1)です。?の部分は判読不能です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20190615142611j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190615142903j:plain

こちらはプロモ盤の青ラベルです。右側の規格番号の上に大きく見本盤とあります。マトリクスはレギュラー盤と同じです。

f:id:jukeboy:20190615142933j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190615143111j:plain

ここから東芝EMI盤です。ストーンズ・レーベルの過去のカタログが一斉に再発された後の79年10月5日に、『JUMMING WITH THE EDWARD』(ESS-63006)、ビルの『MONKEY GRIP』(ESS-63007)『STONE ALONE』(ESS=63008)と一緒に発売されました。規格番号はESS-63009です。ジャケットはオリジナルと同じデザインです。当時のEMIのストーンズのレコードと共通の緑色の帯が付けられています。邦題はワーナー・パイオニア盤と同じで『イン・マジカル・モロッコ(ジャジュカ)』です。

f:id:jukeboy:20190704105607j:plain

表側のタイトルの上に規格番号とSTEREOがあります。この場所にクレジットがあるのは各国盤の中でも珍しいです。

f:id:jukeboy:20190704143812j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190704143650j:plain

裏ジャケ右上に東芝EMI株式会社とMADE IN JAPAN、そして当時の値段の¥2000があります。

f:id:jukeboy:20190704144004j:plain

シートです。EMI盤は見開きではなく一枚の紙になっています。表側は池田裕司氏のライナーがあります。

f:id:jukeboy:20190704144251j:plain

シートの裏側です。東芝盤はブライアンの写真はありません。

f:id:jukeboy:20190704144456j:plain

ラベルです。他のストーンズ・レーベル同様イエロー・ラベルとなっています。基本的な文字の位置は各国盤と同じです。マトリクスは機械打ちでESS-63009-A 1S/ESS-63009-B 1Sです。両面共JISマークがあります。

f:id:jukeboy:20190704144521j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190704144632j:plain

東芝EMI盤は白ラベルのプロモ盤もあります。プロモは帯の値段のところに「見本(非売品)」のシールが貼られています。

f:id:jukeboy:20190704144754j:plain

裏ジャケ右上にも見本のシールが貼られています。

f:id:jukeboy:20190704144847j:plain

白ラベルの見本盤です。ラベルの右側に見本と非売品があります。左側に10/5発売とあります。レギュラー盤にあったリムがなくなっています。

f:id:jukeboy:20190704144912j:plain

B面のラベルです。日本盤はワーナー時代からレギュラー、プロモ合わせてラベルの色が4色もあるとはビックリですね!

f:id:jukeboy:20190704144929j:plain

当時この日本盤はどのくらい売れたのか分かりませんが、ブライアンのソロアルバムだと思って買った人も多かったのではと思います。私の地元では73年頃には店頭からこのレコードは消えていて、79年に東芝EMI盤が出た時にやっと買いましたが初めて聞いた時はなんじゃこりゃ?とぶっ飛びましたね(笑)。当時はモロッコ民族音楽というよりも、訳が分からないけど何だかすごいものだな、と思って聞いていました。ちょうど同じ頃柏木公園のすぐ横にあった時の新宿レコードでジョンとヨーコの『TWO VIRGINS』やジョージの『ELECTRONIC SOUND』を入手したのでアバンギャルドものと一緒にして当時は訳の分からなかった音楽を喜んで聞いていましたね!特に『JOUJOUKA』はロック好きの友人にも聞かせたりして当時よく聞いたアルバムです。