ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ オーストラリア編集盤 LIMITED EDITION COLLECTOR'S ITEM いろいろ!!

ローリング・ストーンズのオーストラリアでの編集盤『LIMITED EDITION COLLECTOR'S ITEM』です。1979年に発売され、規格番号はRS 3006です。ジャケットは英米のプロモ盤の『PROMOTIONAL ALBUM』と同じデザインですが、メンバーの部分がこちらの方が大きくなっています。曲も数曲入れ替わっており、こちらはプロモ・オンリーではありません。ジャケットがプロモ・アルバムと同じせいかよく高値で売られていますが、普通のレコードですので要注意です!このアルバムは最初は単品で発売されましたが、80年にオーストラリアで発売された6枚組のボックス・セットにも収録されています。

f:id:jukeboy:20190707142103j:plain

タイトルの部分です。

f:id:jukeboy:20190707142129j:plain

裏ジャケです。『PROMOTIONAL ALBUM』同様ミックがブーツと向かい合った写真が使われています。

f:id:jukeboy:20190707142228j:plain

裏ジャケの右上に規格番号があります。これを見るとカセットテープでも発売されたようですね!

f:id:jukeboy:20190707142259j:plain

A面の曲目です。A面は全曲モノラルで収録されています。「Stupid Girl」と「2000 Man」のリアル・ステレオが存在する曲も何故かモノラルです。

f:id:jukeboy:20190707142338j:plain

B面の曲目です。B面は全曲ステレオです。

f:id:jukeboy:20190707142402j:plain

左下のクレジットの部分です。

f:id:jukeboy:20190707142538j:plain

ラベルです。こちらはオリジナルの赤ラベルになります。資料では赤ラベルがオリジナルとなっていますが、80年のボックス・セットに入っているものも赤ラベルと青ラベルの両方あるのでどちらが最初なのかよく分かりません。マトリクスは機械打ちでRS 30.006A/RS 30.006Bです。

f:id:jukeboy:20190707142655j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190707142813j:plain

80年のセカンドプレスの青ラベルです。オーストラリアでは青ラベルは70年代に使われていたのでこちらの方が最初かも知れませんが、多くの資料がこのレコードは青が再発としています。文字の配置等は上の赤ラベルと全く同じです。マトリクスは機械打ちでRS 30.006A/RS 30.006Bで上と同じです。

f:id:jukeboy:20190707143134j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190707143151j:plain

このレコードは英米のプロモと同じ写真のジャケットが使われていますが、内容はオーストラリア独自の選曲です。面白いのは『AFTERMATH』に収録されている4曲のうち「Stupid Girl」だけモノラルで他の3曲はステレオという、マスターをどこから持ってきたのか訳の分からない内容となっています。『サタニック』から1曲だけ収録された「2000 Man」もリアル・ステレオがあるのにモノラルというのも変ですよね!私は80年代後半に札幌のレコード店で1000円で売られていたのを買いました。ちょうどその頃英米の『PROMOTIONAL ALBUM』が本で紹介されていたので、このオーストラリア盤も長い間ずっとプロモだと思っていました。何気ないスタジオでの録音風景を撮った写真ですが、ストーンズってメンバーがそこにいるだけで絵になりますよね!オーストラリアでは他にも独自の編集盤が多くあるのでまたの機会に紹介しようと思います。