ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 THROUGH THE PAST DARKLY いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『THROUGH THE PAST DARKLY』です。1969年9月12日に発売され、規格番号はNPS-3です。USA盤はモノラルは発売されずステレオのみの発売です。UK盤とは曲目が違い、UK盤の「You Better Move On」「We Love You」「Sittin' On A Fence」が外され、「Paint It Black」と「Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow?」が追加されています。USA盤はシングル曲中心の選曲となっていますが何故か「We Love You」が外されています。ジャケットは八角形で見開きになっています。ジャケットの写真はEthan Russellによるものです。

f:id:jukeboy:20190626225010j:plain

シールドの上からは当時の新曲「Honky Tonk Women」が収録されている趣旨のステッカーが貼られています。ステッカー右下にNPS-3とあります。

f:id:jukeboy:20190626225034j:plain

ジャケットの表側に曲目がありますが、いつも見るたびに思うんですが曲順がメチャクチャですよね!まあ、新曲という事で「Honky Tonk Women」を最初に持ってきたのは分かりますが、タイトルの長さでキースとチャーリーの間に上手く収まるようにしたのでは、と思ってしまいます。

f:id:jukeboy:20190626225718j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190626225320j:plain

裏ジャケ下部にロンドンのロゴと規格番号のNPS-3、STEREOなどのクレジットがあります。その下に「Have You Seen Your Mother~」はリアル・ステレオではなく、疑似ステの記述があります。この曲はブートでリアル・ステレオ・ヴァージョンが聞けるので、この時に採用されなかったと思うと惜しいですよね!その下にロンドンレコードの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20190626225419j:plain

見開きの内側です。UK盤は見開きの内側からレコードを取り出すようになっていましたが、USA盤はジャケットの袖から普通に取り出すようになっています。

f:id:jukeboy:20190626225921j:plain

各国と同じようにブライアンへ捧げる言葉が書かれています。

f:id:jukeboy:20190626230038j:plain

A面の曲目です。

f:id:jukeboy:20190626230948j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20190626231011j:plain

曲目の下のクレジットの部分です。

f:id:jukeboy:20190626230120j:plain

見開き右ページの左下にNPS-3があります。

f:id:jukeboy:20190626230243j:plain

見開き右ページの右下にPrinted in U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20190626230345j:plain

インナーも八角形のものが付けられています。UK盤ではモノラル、ステレオ共に八角形の形をしたデッカ専用のインナーが付けられていましたが、USA盤はプレーンで、他のタイトルにあったロンドンの広告入りのインナーは作られなかったようですね。

f:id:jukeboy:20190626230508j:plain

後期型では通常の形のジャケットもあります。一部の国の四角のジャケットでは八角形でカットされていた四隅が黒くなっていますが、USA盤は黒ではなく、写真がきちんと収まっています。もしかしたらUSA盤のこの四角のジャケットは八角形と作りが同じことから角をカットする前のジャケットなのかも知れませんね。

f:id:jukeboy:20190626230551j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190626230713j:plain

見開きの内側です。

f:id:jukeboy:20190626230904j:plain

ラベルです。このアルバムは他のロンドン盤と比べるとラベルのヴァリエーションがあまりありません。右側にNPS-3、SIDE ONEがあります。文字のフォントがやや縦長です。キースの名前は全部のラベルでKeith Richardsとなっています。マトリクスは手書きでZAL 9133-2/ZAL-9134-3です。マトリクスはこれ以降全て手書きです。また、これ以降全てのマトにBellsoundとSfの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190627151450j:plain

左側にMunufactured by Nanker Phelge Music Ltd.とNPS-3、Made in U.S.A.があります。右側にAll selections written by Mick Jagger & Keith RichardsとSide 1、その下にPublished by Godeon Music Inc. (BMI)があります。グループ名は曲目の下にあります。各クレジットがばらばらな位置にある珍しいラベルです。曲目は左揃いになっています。マトリクスはZAL 9133-4/ZAL-9134-4です。

f:id:jukeboy:20190627151726j:plain

左側にNPS-3とMade in U.S.A.が、右側にSIDE ONEとZAL 9133があります。全体に文字のサイスが小さいです。マトリクスはXZAL 9133-9/XZAL 9134-9です。この盤だけ何故かマトの最初がXZALとなっています。

f:id:jukeboy:20190627152525j:plain

右側にNPS-3、SIDE ONEがあります。リムはありません。ラベル下部のマトの最後にWがあります。Wはプレス工場コードでカリフォルニア州のH.V. Waddellのことです。マトリクスはZAL 9133-12 W/ZAL 9134-12 Wです。

f:id:jukeboy:20190627153037j:plain

一番最初のラベルと似ていますが、グループ名とタイトルが横一列となっています。またラベル下部のマトの最後にWがあります。これだけ四角いジャケットに入っていました。マトリクスは上と同じでZAL 9133-12 W/ZAL 9134-12 Wです。

f:id:jukeboy:20190627153257j:plain

左側にSTEREOとSIDE 1が、右側にNPS-3と(ZAL-9133-A)があります。グループ名は曲目の下にあります。かなり後期のラベルだと思います。マトリクスはZAL 9133-12  NPS-3 A-1-1-1  PRCW/ZAL 9134-12  NPS-3 B-1-1-1  PRCWです。

f:id:jukeboy:20190627153555j:plain

左側にNPS-3、ZAL 9133が、右側にSIDE ONEとMade in U.S.A.があります。マトリクスはC-1 ⇔ ZAL 9133-2  TRSP 1081/C-1 ⇔ ZAL 9134-2  TRSP 1081です。私はこのラベルのレコードを82年に新品で買いましたが、1081というのは81年10月のことだと思います。

f:id:jukeboy:20190627154417j:plain

『THROUGH THE PAST DARKLY』は「Jumpin' Jack Flash」で始まるUK仕様の方が日本盤でも出ていたせいか、こちらのUSA仕様の方は最初違和感がありましたね~。当時USA仕様で発売された国はカナダ、メキシコ、ペルー、コロンビア、ブラジル、ヴェネズエラの主に北米、南米諸国で、ヨーロッパ諸国、南アフリカ、日本、インド、イスラエル、オーストラリア、ニュージーランドはUK仕様で発売されました。面白いのはアルゼンチンとチリで、南米なのにUK仕様で発売されています。曲目が違うので単純には比べられませんがUSA盤はUK盤ステレオのまろやかな音よりも音圧が高く、音が派手に鳴っているような感じです。一部の曲を除き67年の麻薬事件からブライアンの死までトラブル続きだった時期の曲で構成されているベストで、タイトル通りそれを払拭して新たな出発を期待させるようなタイトルです。が、このアルバムの後もオルタモントの悲劇や、キースの麻薬問題などストーンズはトラブル続きでしたよね!逆に言えば最近の真面目なストーンズはなんか物足りない(笑)。