ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

キース・リチャーズ ドイツ盤 LIVE AT THE HOLLYWOOD PALLADIUM !! 

キース・リチャーズのソロ第2段は88年12月15日のハリウッド・パラディアムでのライヴ盤でコンサートから3年後の1991年12月10日(LPは92年2月説もあり)に発売されました。タイトルもズバリ『LIVE AT THE HOLLYWOOD PALLADIUM DECEMBER 15TH 1988』です!当時はTシャツが付いたCD+VHSのボックスが出ましたが、LPもひっそりとリリースされていました。LPの存在を知ったのは発売から相当後で90年代の中頃だったと思います。ドイツでプレスされ、ヨーロッパ各国で発売されたようです。規格番号は212439(VUSLP 45)です。ジャケットはエクスペンシヴ・ワイノースのロゴのデザインとなっています。表裏共にコーティングされているような艶のあるジャケットです。なお、LPはCDより1曲少なく「Rockawhile」が収録されていません。

f:id:jukeboy:20191107094333j:plain

右上にシリアルナンバーがあります。5000枚限定プレスで私のは2646です。

f:id:jukeboy:20191107094532j:plain

下部にタイトルがあります。

f:id:jukeboy:20191107094558j:plain

裏ジャケです。キースとワイノースのメンバーのステージ写真が使われています。

f:id:jukeboy:20191107094644j:plain

左上の曲目の部分です。こちらはA面の曲目です。

f:id:jukeboy:20191114110858j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20191114110939j:plain

右下に規格番号VUSLP 45とバーコード、ヴァージンのロゴがあります。規格番号の下に212439とありますが、ラベルやインナーにはこちらの番号が書かれています。

f:id:jukeboy:20191107094936j:plain

中央よりやや下に参加メンバーのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20191107095226j:plain

インナーです。キースのカッコいい写真が使われています。

f:id:jukeboy:20191107095353j:plain

インナーの反対側です。こちらはライナーと各曲のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20191107095416j:plain

右上に212439があります。

f:id:jukeboy:20191107095515j:plain

右下にヴァージンのロゴとVUSLP 45があります。

f:id:jukeboy:20191107095607j:plain

ラベルです。『TALK IS CHEAP』のドイツ盤はA面が緑、B面がオレンジのラベルでしたが、このレコードはUK盤などに使われていたラベルのデザインです。タイトルと曲目がラベルの上半分に集中しており下部にVirginのロゴがあります。右側に212439とあります。面表記はSIDE ONEです。マトリクスは機械打ちで202 DM 212439 A-1 C/202 DM 212439 B-1 Cです。

f:id:jukeboy:20191107095817j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191107095835j:plain

レコードはCDで聞くよりも派手な音が抑えられてマイルドな感じで、低音から高音までの音のバランスがいいような気がします。私はこのレコードを90年代中頃に某店のリストで知りました。アナログも出ていたのか?まさかレーザー・ディスクと間違えているんじゃないか(笑)なんて半信半疑で買ってみましたが、届いたらホントにレコードでビックリした記憶があります。5000枚限定で数が少ないせいもあるんでしょうが、当時はホントに情報がなかったですよね!当時はキースがソロ・ツアーに出たなんて信じられませんでしたが、このライヴ盤は演奏も良く、キースが気の合った仲間とステージを楽しんでいる感じが記録された好盤だと思います。次回はイタリア盤を紹介します。