ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 旧東ドイツ盤② THE ROLLING STONES いろいろ!!

前回に引き続きローリング・ストーンズ旧東ドイツ盤です。前回とは全く別物のレコードですが、タイトルが『THE ROLLING STONES』と同じなので②を入れて区別しています。このレコードは東ドイツの国営レーベルのAMIGAから発売されました。そのためDECCAの文字は何処にもありません。1982年に発売され、規格番号は8 55 885です。内容はストーンズのベストで『BIG HITS』と『THROUGH THE PAST DARKLEY』を足して2で割った感じです。ジャケットはUK盤の『No.2』の写真を使っており、初期の西ドイツ・デッカ盤のようなつや消しの柔らかい紙質です。また、このレコードは色違いの2種類のラベルが存在します。

f:id:jukeboy:20191114221826j:plain

右上にAMIGAとあります。

f:id:jukeboy:20191114221909j:plain

裏ジャケです。左側から順に曲目、ドイツ語の解説、収録曲のメインの部分の楽譜が載っています。

f:id:jukeboy:20191114222032j:plain

右上にSTEREOと規格番号の8 55 885があります。16,10Mは16,10マルクで値段のことだと思います。

f:id:jukeboy:20191114222214j:plain

右下にドイツ語でのクレジットがあります。下から4行目に東ドイツを表すMade in German Democratic Republicとあります。 

f:id:jukeboy:20191114223713j:plain

A面の曲目です。

f:id:jukeboy:20191114223939j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20191114224000j:plain

曲目の下にコンポーザーやアレンジのクレジットがあります。82年の発売ですがキースのクレジットはRichardとなっています。 

f:id:jukeboy:20191114222632j:plain

右側に曲の一部を抜粋した楽譜があります。

f:id:jukeboy:20191116143306j:plain

この2曲は高音部と低音部両方載っています。

f:id:jukeboy:20191116143341j:plain

ラベルです。色違いで2種類あります。こちらはえんじ色のような濃い赤のラベルです。上部にAMIGAとあります。右側に規格番号の8 55 885があります。左側に面表記があり、1/2です。曲目は中央揃いになっています。ジャケット同様キースのクレジットはRichardとなっています。DECCAのロゴは何処にもありません。マトリクスは機械打ちで8 55 885-1A  M81 EN NX/8 55 885-2A  M81 EN Nです。

f:id:jukeboy:20191115141713j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191115141733j:plain

こちらはライト・ブルーのラベルです。赤が最初としている資料がありますがどちらが初版かは分かりません。文字の配置は赤のラベルと全く同じです。マトリクスも上と同じです。

f:id:jukeboy:20191115141831j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191115141846j:plain

このレコードは「The Last Time」以降の60年代のヒット曲をまとめて聞けるという利点があります。ストーンズがヒット曲を連発していた勢いのある時期で聞いていて気持ちがいいですね!82年の時点でリアル・ステレオがある曲は全てステレオで後は疑似ステです。曲によって音質はまちまちで特に気になった点は「The Last Time」は高音がスッキリしていてはっきりしたいい音に対して「Honky Tonk Women」はややこもりがちな音などがあげられます。このアルバムは今でもeBayなどで中古で売られており、相当数売れたと思います。デッカ時代の音源を収録した東ドイツ盤は前回紹介したアルバムと今回の2枚しかありません。ストーンズ・レーベルになってからもEMI時代の「Made In The Shade」「Tatto You」「Still Life」の3枚だけ確認しただけで一体どの位のタイトルが発売されていたのかは分かりません。また、当時の東ドイツの音楽の状況は結構ロックが盛んだったとTwitterでご指摘頂きました。東ドイツでは地元のグループも多数存在していたそうです。ありがとうございました。東ドイツのグループも機会があれば聞いてみたいです。東ドイツではこの他ストーンズ関連では87年にこのレコードと同じAMIGAから『THE LONDON HOWLIN'  WOLF SESSIONS』(規格番号:8 56 242)が独自のジャケットで出ています。ストーンズ・レーベルの3枚と一緒にまたの機会に紹介します。