ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ編集盤 BRAVO いろいろ!!

ローリング・ストーンズのドイツ編集盤『BRAVO 』です。1965年12月にHOR ZUという会社から発売され、規格番号はSHZT 531です。オリジナル盤は68年に一旦廃盤になり、その後82年に再発盤(規格番号:6.25133)が出ているのでオリジナルと再発盤のジャケットやラベルの違いをまとめて紹介しようと思います。ジャケットは表裏コーティングされ、白をベースにしてメンバーの写真が使われています。ブライアンの白い衣装がこのレコードのために選んだようでキマってますよね!82年の再発盤はコーティングがありません。

f:id:jukeboy:20191119124030j:plain

82年の再発盤は左上のHOR ZUのロゴの部分が違います。右が65年のオリジナル盤、左が82年の再発盤です。

f:id:jukeboy:20191119124053j:plain

裏ジャケです。65年頃のTVショーの写真が使われています。右側に曲目、下部に解説があります。

f:id:jukeboy:20191119124109j:plain

裏ジャケ右上の規格番号の部分です。上がオリジナル盤、下が再発盤です。規格番号の横にStereoとありますが、元々リアル・ステレオが存在しない曲ばかりなので全曲疑似ステです。

f:id:jukeboy:20191119124136j:plain

再発盤は左上に印刷を間違えたのかDECCAのロゴの上にTELEFUNKENのシールが貼ってあります。

f:id:jukeboy:20191119124152j:plain

裏ジャケ下部に部分です。オリジナル盤はドイツ盤初期にあったROYAL SOUND STEREOのロゴがあります。再発盤はMade in Germanyと販売元のTELDECの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20191119124233j:plain

右下の部分です。

f:id:jukeboy:20191119124305j:plain

A面の曲目です。「Time Is On My Side」はオルガン・イントロです。

f:id:jukeboy:20191119124324j:plain

B面の曲目です。「The Under Assistant~」はエンディングのカットがないヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20191119124332j:plain

オリジナル盤のインナーです。HOR ZUのカタログが載っています。ビートルズの『SGT.PEPPER'S 』とストーンズの『GOT LIVE~』が載っているのでこれは67年6月以降に使われていたインナーだと思われます。

f:id:jukeboy:20191119124414j:plain

インナーの裏側です。こちらは真ん中の丸い穴がありません。

f:id:jukeboy:20191119124423j:plain

オリジナル盤のラベルです。赤いラベルで上部にHOR ZUのロゴがあります。中央にSTEREOが2ヶ所にあります。左側にGEMAとマトリクスがあります。右上に規格番号SHZT 531と面表記があります。面表記はSeite 1/Seite 2です。ステレオを強調しているのか中央2ヶ所にSTEREOの文字があります。マトリクスは機械打ちでLPD-Ste-011687-X/LPD-Ste-011688-Xです。両面にManufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20191119124446j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191119124458j:plain

再発盤のインナーです。70年代後半からドイツのデッカで使われていたストーンズのカタログが載ったインナーです。

f:id:jukeboy:20191119124610j:plain

反対側です。

f:id:jukeboy:20191119124603j:plain

再発盤のラベルです。上部にDECCAのロゴがあります。オリジナル盤はDECCAのロゴがありませんでしたが、こちらはDECCAのロゴの方が大きくHOR ZUのロゴは右側にあります。左側にGEMAとマトリクスが、右側に規格番号6.25133とSide 1、STEREOがあります。オリジナル盤と違い曲目は各曲1行ずつのクレジットとなっています。タイトルの後の!がオリジナル盤よりひとつ多くBRAVO!!!と3っつあります。マトリクスは機械打ちで6.25 133-01-1/6.25 133-01-2です。オリジナル盤にあったManufactured in Germanyはありません。

f:id:jukeboy:20191119124635j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191119124647j:plain

全曲疑似ステですが、この疑似ステが独自のもので「She Said Yeh」「Gotta Get Away」「Talkin' Bout You」「Come On」「The Singer Not The Song」は特にエコーがかかりすぎで、ヴォーカルとスネアが響きまくっています!高音低音に分けたというより無理やりエコーを効かせてステレオ風にごまかしたっていう感じで面白いです。このアルバムはストーンズのドイツ公演に合わせてドイツの週刊音楽誌Bravoによって企画選曲されたレコードで雑誌名がそのままアルバムのタイトルになっています。当時のドイツでは『DECEMBER'S CHILDREN』が発売されなかったため、この時点でのアルバム未収録の曲が多数収録されており結構重宝された編集盤だと思います。ドイツでは以前紹介したクラブ・エディション盤の他に今回のようなドイツ独自の編集盤が多数発売されています。何年かかるか分かりませんが、これから機会を見て発売順に取り上げていこうと思います。