ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ イタリア盤 GET MORE...SATISFACTION !!

ローリング・ストーンズのイタリア編集盤『GET MORE...SATISFACTION』です。1979年3月に発売され、規格番号はPMS 107です。このアルバムは何といってもジャケットがユニークな事と「As Tears Go By」のイタリア語ヴァ―ジョン「Con Le Mie Lacrime」が初めてアルバムに収録されたことです。他の国は81年11月発売の『SLOW ROLLERS』で初めてアルバムに収録されたので2年も早かったことになります。もっともイタリアでは66年にシングルで発売されているのでお馴染みのヴァージョンだったのかも知れませんね。ジャケットはイラストのミックで全然似てません(笑)。オフシャルの中では以前紹介したウルグアイ盤『No.2』と1位、2位を争う珍品だと思います。ジャケットは薄くて柔らかい紙質です。コーティングはされていません。

f:id:jukeboy:20200417133055j:plain

左上にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20200417133119j:plain

右下にINCLUDING CON LE MIE LACRIMEとあります。

f:id:jukeboy:20200417133228j:plain

裏ジャケです。上に曲目、下部にデッカ時代のイタリア盤のディスコグラフィが載っています。メンバーの写真はイタリア盤のシングル「Con Le Mie Lacrime」で使われていた写真が白黒になっています。

f:id:jukeboy:20200417133344j:plain

裏ジャケ右上に規格番号のPMS 107とSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20200417133828j:plain

A面の曲目です。「Carol」で始まり2曲目が「The Under Assistant West Coast Promotion Man」という変わった選曲です。「The Under Assistant~」はロング・ヴァージョンです。最初の4曲は疑似ステで「Mother's Little Helper」以降はリアル・ステレオです。

f:id:jukeboy:20200417134026j:plain

B面の曲目です。『FLOWERS』『BETWEEN THE BUTTONS』『LET IT BLEED』からのアルバム曲をまとめた結構マニアックな選曲です。全曲リアル・ステレオで「You Can't Always Get~」はコーラス付きのアルバム・ヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20200417134136j:plain

曲目の下にジャケットのデザインの会社が書かれています。その下にDECCAのロゴとイギリスのデッカの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20200417134250j:plain

左下にDECCAのロゴとTHE ROLLING STONESとあります。

f:id:jukeboy:20200417134335j:plain

ラベルです。ボックスト・デッカの青いラベルです。左側にSTEREOとSide 1が、右側にマトと規格番号PMS 107があります。「Satisfaction」は前に付いている( I Can't Get No )がありません。「Con Le Mie Lacrime」の作者はジャガー、リチャードと共にイタリア語の詞を手掛けたDanpaのクレジットがあります。キースのクレジットは全部Richardです。左側にあるS.I.A.E.というのはイタリアの著作権収集機関の事です。マトリクスは手書きでMSDDI-1107-A  22-3-79/MSDDI-1107-B  22-3-79です。両面に22-3-79とプレスされた日付があります。

f:id:jukeboy:20200417135000j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200417135022j:plain

2年程前にシンコー・ミュージックから出ていたストーンズディスコグラフィ本ではこのレコードはUK盤と紹介されていましたが、正確にはイタリア盤ですので要注意です。Made in Italyのクレジットはありませんが、ラベルにS.I.A.E.(イタリア著作権収集機関)のクレジットがあり、裏ジャケのディスコグラフィのレコードの番号がイタリアのものとなっています。音は何故か『LET IT BLEED』からの曲がこもりがちです。しかし何といっても面白いのはこのジャケットですよね!けばいミックが蛇を持っているという悪趣味なデザインで、ミックもそんなに似てないし(笑)。そして最初にも書きましたが「Con Le Mie Lacrime」が収録された最初のアルバムになります。シングル曲も数曲含まれていますがアルバムからの曲が多く結構マニアックな内容です。イタリアではこのアルバムが初めての独自の編集盤でこの後も編集盤が乱発されています。