ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ イタリア・プロモ盤 ANGIE/CHERRY OH BABY!!

ローリング・ストーンズのイタリアのプロモ盤「Angie/Cherry Oh Baby」です。珍しいカップリングのこのレコードは1976年に発売されたイタリアの雑誌 SPETTACOLI & societa magazine の13号の付録に付けられたシングル盤で、規格番号はPROMO 006です。一説には雑誌の発売は4月とありますが、後で触れるマトの日付や、イタリアでは『BLACK AND BLUE』は76年6月に発売されていることから考えて、この雑誌の発売は早くて5月頃の発売だと思います。ジャケットは白黒で『BLACK AND BLUE』のジャケットと同じ時に撮られた写真が使われています。

f:id:jukeboy:20210211213445j:plain

上部に雑誌の名前SPETTACOLIが書かれています。

f:id:jukeboy:20210212143407j:plain

右上に白抜きのベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20210211213726j:plain

下部にWEA Italiana spaとあります。S.p.A.というのはイタリアでは株式会社の略です。

f:id:jukeboy:20210211220320j:plain

裏ジャケです。こちらはイタリア語で書かれた文とミック・ジャガーの写真が載っています。

f:id:jukeboy:20210211220709j:plain

上部にグループ名とタイトルがあります。

f:id:jukeboy:20210211220918j:plain

裏ジャケ右下にWEA Italiana spaとワーナーのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210211221046j:plain

上の写真の続きです。Distribuzione Messaggerie Musicali-Milanoとあります。これはミュージカル・メッセ―ジの配布という事でしょうか?

f:id:jukeboy:20210211221146j:plain

下部にSpettacoli & Societa No.13と雑誌の名前と号数のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210212143706j:plain

ラベルです。RSRの白ラベルです。上部にTHE ROLLING STONES、左側にベロマークがあります。右側に回転数、規格番号PROMO 006、マトリクス、イタリア語でプロモを表す表示があります。回転数は45 Girlと表記されています。下にMADE IN ITALY BY WEA ITALIANAとあります。ラベルにはイタリアの著作権協会SIAEの印が押してあります。マトリクスは59 PROMO 006 1N  21 4 76/59 PROMO 006-Bです。A面は機械打ち、B面は手書きです。A面のマトに機械打ちで日付があり、資料ではこの日付が雑誌の発売日とされている日なので、雑誌が発売されたのはもっと後だと思います。また、両面に何かを消したのかXXXXXXXとあります。

f:id:jukeboy:20210211221716j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210211221739j:plain

このレコードが付いていた雑誌そのものは見た事がありません。また、雑誌に付いていたということはイタリア人のコレクターの資料から知りました。曲はオフィシャルと同じヴァージョンです。音質は低音が効いていて両面共ベースの音が響いています。A面はベースの音でアコギの音が聞こえずらい感じで、B面はドラムの音が引っ込んでいます。「Cherry Oh Baby」はベースとギターの音が響いていてドラムの音が遠くなってしまっています。まあ、音はどうあれ雑誌の付録にレコードが付くなんて珍しいですよね。ソノシートならイギリスやフランスでありますが、ちゃんとピクチャースリーヴ付きでプレスされたレコードです。この時期のプロモだとしたら「Fool To Cry」が収録されそうなものですが「Cherry Oh Baby」にするあたりホントに珍しいシングルだと思います。私は93年1月にこのレコードを大阪のアメリカ村にあったウッドストックで買いましたが見たのはこの時だけです。この時は初めての大阪・神戸遠征で梅田や三宮などのお店を数件回り、関西へは滅多に行かれないので相当数のレコードを買いました。いつも通販で利用しているお店では名前を言う前に「今日は○○から来ました。」と言ったら店員さんがすぐに私の名前を当てて、「熱心でんな~、ストーンズ!」と言われたのを覚えています。今では殆どネットで買える時代になりましたが、こうした店員さんとのやりとりもいい思い出です。