ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 STICKY FINGERS② 再発盤いろいろ!!

前回に引き続きUSA盤『STICKY FINGERS』です。今回は再発盤を取り上げます。最初は1979年に規格番号がCOC 59100からCOC 39105に変更となったレコードです。ヨーロッパ、日本では配給元がEMIに変わりましたが、アメリカではWEAのままだったのでCOCのままで番号だけ変わりました。ジャケットはオリジナル盤と全く同じで、背の部分だけがCOC 39015と変わっただけです。背の下部に規格番号がありますが、外側からはここで判別するしかありません。

f:id:jukeboy:20210314144231j:plain

裏ジャケ右下の部分はATCOなどのクレジットがないタイプです。これから考えて前回のジャケットにATCOのクレジットがある方を初期型と判断しました。

f:id:jukeboy:20210314144329j:plain

インナーです。インナーも基本的にはオリジナル盤とほぼ同じですが写真側の上部レコード取り出し口の中央が丸くカットされています。

f:id:jukeboy:20210120173701j:plain

インナーの反対側です。文字の配置はオリジナル盤のインナーと全く同じです。

f:id:jukeboy:20210120173720j:plain

インナーの右下にCOC 39105と新しい番号があります。

f:id:jukeboy:20210120173742j:plain

ラベルです。上部の規格番号がCOC 39105となっています。プレス工場コードはMOです。リムはROLLING STONES RECORDSから始まる小さな文字です。マトリクスは手書きでST-RS-712189FF PR △23602/ST-RS-712190BB PR △23602-Xです。前回の『スティッキー』の時に紙ジャケ探検隊さんから溝にPRとあるのはPRESWELLで製造したマザーの意味で、それを使ってMO、RI、SOがプレスしたことを教えて頂きました。紙ジャケさん、貴重な情報をありがとうございました!

f:id:jukeboy:20210120150543j:plain

上と同じMOですがリムにWのロゴがあります。その他の文字の配置等は上と同じです。マトリクスは上と同じでST-RS-712189FF PR △23602/ST-RS-710190BB PR △23602-Xです。

f:id:jukeboy:20210120151648j:plain

プレス工場コードがSPです。リムにWのロゴがあります。マトリクスは手書きでST-RS-712189H 1-2/ST-RS-712190H 1-2です。

f:id:jukeboy:20210120151738j:plain

アメリカでは84年に配給元がCBSに変わります。87年7月から過去のタイトルが再発されますが、『STICKY FINGERS』は87年11月13日に発売されました。規格番号はFC 40488です。このCBS盤は印刷がコピーと思えるほど不鮮明で、ジッパーが印刷になってしまい何とも味気のないものとなってしまいました。中のブリーフの印刷もなく普通のシングル・ジャケとなっています。

f:id:jukeboy:20210126142056j:plain

裏ジャケです。右上にバーコード、左下に各クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210121184630j:plain

右上のバーコードの部分です。

f:id:jukeboy:20210121184846j:plain

左下にベロマークとCBSの住所などが書かれています。

f:id:jukeboy:20210121184817j:plain

インナーです。インナーは艶のあるすべすべした紙質となっています。WEA時代は写真側の上部レコード取り出し口が丸くカットされていましたが、CBS盤はベロマーク側上部が全体に切り込みが入っています。片側はメンバーの写真です。

f:id:jukeboy:20210121185737j:plain

右下に40488とあります。ジッパーは印刷でシングル・ジャケ、シートも味気なく何となくつまらない再発盤です。

f:id:jukeboy:20210121185843j:plain

ラベルです。左側にベロマークとSTEREO、右側にSIDE ONEと規格番号のFC 40488とマトリクスのFC 40488があります。マトリクスは手書きでAL-40488-1B/AL-40488-1Aです。何故か枝番の最後のアルファベットがAB逆になっています。

f:id:jukeboy:20210121190003j:plain

94年に配給元がヴァージンに変わってからの99年10月19日、『STICKY FINGERS』『EXILE ON MAI ST.』『SOME GIRLS』の3タイトルのみ限定でアナログ盤が発売されました。おそらく特殊ジャケだけアナログで再現した企画だと思います。規格番号は7243-8-47863-1-1です。専用のビニール袋にLIMITED EDITIONの丸いステッカーが貼られています。ビニール袋の内側にはジッパーの破損と別のレコードにダメージを与えないようLP大のプラスティックの保護材が挟まれています。ジャケットはいかにもコピーといった感じで紙質もすべすべで味も素っ気もない感じです。ジーンズがまるで影のように不鮮明になっています。

f:id:jukeboy:20210121100415j:plain

ステッカーの部分です。

f:id:jukeboy:20210121100716j:plain

裏ジャケです。右上にバーコード、今までベロマークがあった右下にVirginのロゴがあるので印象が大分違います。

f:id:jukeboy:20210121100744j:plain

右上のバーコードの部分です。何度も書いてますがこのバーコードってデザインを損ねるので何とかなりませんかね!

f:id:jukeboy:20210121101104j:plain

右下にヴァージンのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210121101134j:plain

下部中央に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20210121101200j:plain

左下の部分です。

f:id:jukeboy:20210121101232j:plain

オリジナル盤はこの部分が開けないように糊付けしてありましたが、ヴァージン盤は元々糊付けがなく見開き仕様となっています。ニュージーランド盤のように見開きの内側からレコードを取り出すのではなく、レコードは普通に横から出し入れします。

f:id:jukeboy:20210121160249j:plain

オリジナル盤はインナーでしたが、シートとなっています。ちなみにレコードは普通の白い内袋に入っています。

f:id:jukeboy:20210121160451j:plain

反対側です。

f:id:jukeboy:20210121160557j:plain

右下のクレジットの部分です。ジャケットのデザイナーやコンセプト、印刷所などかなり詳しく書かれています。キースのクレジットはRichardとなっています。一番下に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20210121160626j:plain

ラベルです。左側にベロマークとVirginのロゴがあります。右側にSIDE ONEと規格番号があります。曲目は1曲づつタイトル、作者の順で並んでいます。「Brown Sugar」は中心より下にあります。マトリクスは手書きで#72438-4786-311-A  3167-1(3)/#72438-4786-311-B  3167-2(3)です。

f:id:jukeboy:20210121160741j:plain

規格番号がCOC-39105のレコードは型番が変わっただけで、オリジナルのCOC-59105のジャケット、レコードを引き継いだものでしたのでジャケットの仕様や、インナー等変わりがありませんが、CBS盤とヴァージン盤はジャケットの印刷が不鮮明で何とも味気のない再発盤となっています。このレコードは印刷のジッパーよりやっぱり本物のジッパーが付いている方がいいですよね!次回は『スティッキー』のモービル盤と放送局用のレコードを紹介します。