ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 南アフリカ盤 OUT OF OUR HEADS いろいろ!!

ローリング・ストーンズ南アフリカ盤『OUT OF OUR HEADS』です。南アフリカではUSA仕様で1965年に発売され、規格番号はモノラルLK 4725、ステレオ(疑似ステ)SKL 4725です。ジャケットはアメリカ盤と同じデザインですが、写真がコピーしたように不鮮明で暗くなっています。下部中央にDECCAのロゴがあり、周りに白い余白があり左上に規格番号があります。紙質は薄く俗にいうぺらジャケで裏側はフリップバック仕様となっているのですぐに南アフリカ盤と分かります。なお、後で紹介しますがこのアルバムは全く同じジャケで南アフリカ製と南ローデシア(現ジンバブエ)製がありますが、南アフリカの方は表側がコーティングされており、南ローデシアの方はコーティングはありません。

f:id:jukeboy:20210325100903j:plain

左上に規格番号があります。上がモノラルでLK 4725、下がステレオでSKL 4725でその下にSTEREOとあります。

f:id:jukeboy:20210325101152j:plain

裏ジャケです。上下フリップバック仕様となっています。写真や文の構成、クレジットなどはUSA盤と同じです。

f:id:jukeboy:20210325101528j:plain

右上に規格番号があります。上がモノラル、下がステレオです。

f:id:jukeboy:20210325101642j:plain

下部中央に印刷所と思われるRECORD PACがあります。これは南アフリカ盤によくみられますね。

f:id:jukeboy:20210325101714j:plain

曲目の部分です。こちらはA面の部分です。

f:id:jukeboy:20210325101904j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20210325101952j:plain

ラベルです。モノラル用の赤ラベルです。上部に大きくDECCAのロゴがあります。右側に逆さ文字のマト、規格番号、面表記があります。下部に曲目があります。タイトルの後にタイム表記があります。一番下に回転数があるだけでプロデューサーや作者のクレジットなど一切なくシンプルなデザインです。マトリクスは手書きでARL 6791/ARL 6792です。この赤いラベルは64年から68年頃まで使われていたようです。

f:id:jukeboy:20210325102107j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210325102128j:plain

こちらはモノラルの青いラベルです。この青いラベルは南ローデシア盤と言われています。上の赤ラベルではタイトルの下にTHE ROLLING STONESとありましたが、こちらにはありません。それ以外の文字の配置は上と同じです。マトリクスも同じで手書きでARL 6791/ARL 6792です。この青いラベルは南ローデシアで64年から68年頃まで使われていたようです。

f:id:jukeboy:20210325102206j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210325102221j:plain

ステレオ盤のラベルです。DECCAのロゴの下にFULL FREQUENCY STEREOPHONIC SOUNDと書かれたラインがあります。このラインが入ったためDECCAのロゴがモノラルよりも若干小さめになっています。タイトルや曲目のクレジットはモノラルの赤い方と同じです。マトリクスは機械打ちでZAL-6791-2L/ZAL-6792-2Lです。枝番の最後にLが付いているのは、少数プレスされたMADE IN ENGLAND製のUSA盤『OUT OF OUR HEADS』のステレオやUK輸出仕様のレコードと同じマトです。ということはこの南アフリカ盤のステレオはイギリス経由のマザーを仕様しているのかも知れませんね。この赤いステレオのラベルは66年から70年頃まで使われていたようですので、ステレオの方が少し遅れて発売されたのかも知れませんね。

f:id:jukeboy:20210325102305j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210325102339j:plain

音はモノラルはUSAモノラルと比べると音圧が低くこもった音です。ステレオ(疑似ステ)の方はUSAのステレオと同等の音が聞けます。このアルバムは南アフリカでの4枚目のアルバムでUK仕様の『ファースト』『12X5』3枚目は『NOW』ではなく独自の編集盤が発売されています。『NOW』は以前紹介したように70年代に『THEN』とタイトルを変えて発売されていますが、これを除くとファーストだけUK仕様で、『12X5』からUSA仕様となり『AFTERMATH』でまたUK仕様に戻るという販売方法が当時の日本やオーストラリアなどに共通していて面白いですよね。南アフリカ盤はあまり見かけなくて見つけてもボロボロなのが多くて困ってしまいます。