ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本プロモ・シングル盤 ジャンピン・ジャック・フラッシュ!!

1968年(昭和43年)夏に作られた日本盤プロモ・シングルです。タイトルは「'68 夏の超強力盤ヒット作戦 洋楽スマッシュ・ヒット」でローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」とミック・ジャガーのメッセージが収録されています。規格番号は17DY 4309-3です。ジャケットは横からレコードを取り出す袋型になっており、表側はタイトルと曲名が書かれています。ストーンズの他にはトム・ジョーンズ、エンゲルベルト・フンバーディングなど当時のキングレコードのアーティストの曲が収録されています。曲目の下にロンドンとA&Mのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210428213327j:plain

ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の部分です。

f:id:jukeboy:20210502142604j:plain

裏ジャケです。こちらはタイトルの他に各曲毎の解説が書かれています。

f:id:jukeboy:20210428213954j:plain

ストーンズの部分です。ミック・ジャガーの日本向けのメッセージの後に「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が収録されています。下の「デライラ」は発売中となっていますが、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は〈43.7.1発売〉となっているのでこのプロモは7月1日以前の昭和43年の6月中に作られたのかも知れません。

f:id:jukeboy:20210428214059j:plain

ラベルです。ストーンズは1曲目ですが、他のアーティストの順番がジャケットとは違っており、各面の2曲目が入れ替わっています。上部にタイトルの「ロンドン・A&Mヒット・シングル 特別ダイジェスト」があります。左側に非売品、右側に規格番号の17DY 4309-3Aがあります。末尾のAがA面を表しています。曲目の部分はそのシングルの規格番号、タイトル、タイム表記の順でクレジットされています。一番下にマトがあります。また、放送局で使われていたのか45 r.p.m.を消して33 r.p.m.と書き直されています。マトリクスは機械打ちでDCT-153/DCT-154です。A面のラベルではマトのTが小文字になっていますが、刻印は大文字です。 

f:id:jukeboy:20210428214158j:plain

B面のラベルです。ジャケットではA面2曲目に書かれていたトム・ジョーンズの「デライラ」がB面に収録されています。またタイトルを間違えらたらしくペンで修正してあります。

f:id:jukeboy:20210428214219j:plain

ミックのメッセージは「Hi, this is Mick Jagger of Rolling Stones. Say hello to all are friends in Japan. We have a new record called Jumpin' Jack Flash and hope you like it.」と言っています。メ直盤『ベガーズ・バンケット』のソノシートの電話の音声とは違うのでこのプロモのためにわざわざ日本向けのメッセージを送ってもらったと思います。今から53年前に作られたレコードですが、文字しかないジャケットといい、テスト盤のようなラベルといい何だかこの時代の空気を感じるプロモ盤ですよね! 裏ジャケの各曲の解説は資料的にもいいし、曲の紹介も的を得た事が書かれています。こういうオムニバスはストーンズの新曲と同時期の洋楽がどんなものだったのか分かり聞き比べるのに便利ですよね。