ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本プロモ・シングル盤 ストリート・ファイティング・マン!!

前回に引き続き68年に作られたキング時代のプロモ・シングルです。タイトルは「'68 年末の洋盤強力シングル  注目のビッグ4  特別ダイジェスト」です。1968年(昭和43年)の秋頃に作られたプロモ・シングルでローリング・ストーンズの「ストリート・ファイティング・マン」が収録されています。規格番号は17DY 4311-1です。ジャケット表側はタイトルと曲目が書かれています。ストーンズの他はフェアリーダスト、ジョン・リー・フッカーなどの曲が収録されています。曲目の下に各レーベルのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210428214717j:plain

ストーンズの曲の部分です。タイトル文字は日本盤の「ストリート・ファイティング・マン」のシングルで使われていたサイケ調の字体が使われています。おそらく他のアーティストのタイトルもレコードのジャケットで使われている字体が使われていると思いますが、こういうサイケ調の文字を見ると時代を感じますね。

f:id:jukeboy:20210428215137j:plain

裏ジャケです。こちらは曲目と解説が書かれています。「注目のビッグ4 特別ダイジェスト」という文字は表裏共に薄い印刷となっています。

f:id:jukeboy:20210428215229j:plain

ストーンズの部分です。ストーンズ以外の3曲は発売中となっていますが、ストーンズの曲だけ(43.10.20発売)となっているのでこのプロモは昭和43年9月~10月初頭に作られたのかも知れませんね。この時は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」に続き「ストリート・ファイティング・マン」と強力なシングルが続きましたね!この頃のライナーノーツを見るとチャーリーのドラムを絶賛している文が多いです。

f:id:jukeboy:20210428215318j:plain

ラベルです。上部にタイトル、左側に非売品、右側に規格番号の12DY 4311-1があります。AB面の表記がないので、手書きでAと書かれています。また、回転数も手書きで33と書かれています。一番下にマトがあります。マトリクスは機械打ちでDCT-167/DCT-168です。

f:id:jukeboy:20210428215351j:plain

B面のラベルです。ジョン・リー・フッカーの「ブン・ブン・ブン」は同時期に発売されたんですね!

f:id:jukeboy:20210428215504j:plain

このプロモ盤は後に発売されたレギュラー盤と比べると音がこもっていて良くありません。「ストリート・ファイティング・マン」はミックのヴォーカルがずれているシングル・ヴァージョンが収録されています。このシングル・ヴァージョンは今ではCD化され手軽に聞くことが出来ますが、少し前まではアメリカやヨーロッパ各国、そしてこの日本盤シングルでしか聞けない貴重なものでしたね。また、アルバム『ベガーズ・バンケット』はここでは来春発売予定と書かれていますが、実際に発売されたのはメ直盤で、純粋な日本盤の発売は73年初頭の幻の来日記念盤まで待たなければならなくなってしまいます。この年は前回紹介した「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を収録したキングのプロモといい、珍しく7インチのプロモが作られた年でしたね。情報によるとこのプロモは放送局の他にレコード店にも配られたようです。当時はレコード店で処分してしまったのかあまり残ってない珍しいプロモ盤です。