ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ベルギー盤 ファースト②レッド・カヴァー!!

ローリング・ストーンズのベルギー盤『ファースト』再発盤の第2回目です。今回は71年に再発された赤いジャケットを紹介します。規格番号はBUL 316-Y 216です。ジャケットはフランス製のものが使われており、68年頃のメンバーの写真が使われています。DECCAのロゴの位置など細かい点を除けば前回紹介した黒いジャケットが赤くなっただけです。ジャケットは表側だけコーティングされています。なお、このジャケットはフランス製だけでベルギー製は存在しません。ジャケットだけフランスから輸入して自国でプレスしたレコードを付けて販売していたようです。

f:id:jukeboy:20210925133928j:plain

右上にDECCAのロゴと規格番号のBUL 316-Y 216があります。

f:id:jukeboy:20210925134011j:plain

左上にSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20210925134040j:plain

黒いジャケット同様収録曲の一部が載っています。やはり「Carol」と、最初のオリジナルとなった「Tell Me」はこのアルバムの目玉でしょうね!

f:id:jukeboy:20210925134231j:plain

裏ジャケです。このTHE ROLLING STONESという文字はオランダ盤でよく使われているものですね。曲目の下にこのBUL~で始まる規格のカタログが載っています。今回のカタログにはストーンズのレコードは載っていません。また、前回のブラック・カヴァーはフリップバック仕様でしたが、こちらは普通の作りとなっています。

f:id:jukeboy:20210925134257j:plain

右上にDECCAのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20210925134512j:plain

左上にSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20210925134533j:plain

右下の部分です。Imprime en France(フランスで印刷)と書かれています。その後にL-71とあります。未確認ですがこの部分は何も書かれていないもの、5-71のものとこのL-71の3種類存在するそうです。

f:id:jukeboy:20210925134910j:plain

ラベルです。ボックスト・デッカの青いラベルです。左側に規格番号とまと、SIDE 1があります。中央にSTEREOがあります。右側にベルギーの著作権協会のSABAMなどのクレジットがあります。下部はタイトル(THE ROLLING STONES)と曲目があります。曲目は左揃いになっています。プロデューサー・クレジットや出版社のクレジットなどはありません。マトリクスは機械打ちでAA 6253841L/3//AA 625384 2L/4です。各面にスラッシュがあるのでAB面の境は//です。また、B面の2Lの前に空欄がありますが刻印されている通りに書いています。

f:id:jukeboy:20210925135041j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210925135102j:plain

こちらはSIDE 1が右側へ移動したラベルです。面表記の位置が違うだけで他の文字の配置等は上のラベルと同じです。マトリクスは機械打ちでAA 6253841L/3//AA 625384 2L/4です。これは上のラベルと同じものです。

f:id:jukeboy:20210925135147j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210925135202j:plain

内容はSTEREOとありますが、モノラルです。「Tell Me」はフェイドアウトしないで最後までいってしまうヴァージョンです。このベルギー盤のファーストはオリジナルはオランダ製のジャケット、次は前回紹介したベルギー製の黒いジャケット、そして今回はフランス製の赤いジャケットとベルギーは他の国からジャケットを輸入して販売している例が多い気がします。特にこの赤いジャケットのものはフランス国内では発売されていないので完全にベルギーのためにフランスが作った形になっています。ベルギー盤は自国のもありますが、いろいろな国のジャケットを使って販売していたので後で調べるとこんがらがって来そうですね。次回もベルギー盤のファーストの続きです。