ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ベルギー盤ファースト③ L'AGE D'OR カヴァー!!

ローリング・ストーンズのベルギー盤『ファースト』の再発盤の3回目です。今回は「L'Age d'Or 」のシリーズのジャケットです。このジャケットを見て、「えっ、このシリーズってフランス盤ではないの?」と思われる方がいらっしゃると思いますが、このシリーズはフランス以外にベルギーとギリシャでも発売されています。ベルギー盤はフランス製のジャケットを使っているので後でフランス盤の時にまとめて紹介しようと思っていましたが、今回はベルギー盤ファーストの再発の流れで単独で紹介します。73年(74年説も)に発売され、規格番号はフランス製のジャケットは278.009、ベルギー製のレコードは278.009 Y 804です。ジャケットはミックのステージ写真が使われています。このシリーズのVol.1という事で『CAROL』というタイトルが付けられています。実はこのジャケットにも細かな違いがあるんですが、それはフランス盤のこのシリーズの時に詳しく取り上げます。ちなみにL'Age d'Orはフランス語で黄金時代という意味らしいです。

f:id:jukeboy:20210927194156j:plain

右上に規格番号の278.009とタイトルがあります。

f:id:jukeboy:20210927195654j:plain

左上にこのシリーズのVOL.1とタイトルの『CAROL』があります。

f:id:jukeboy:20210927195801j:plain

右下にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210927195854j:plain

裏ジャケです。珍しいミックとビルのツーショットです。

f:id:jukeboy:20210927195939j:plain

右上に規格番号の278.009があります。

f:id:jukeboy:20210927200013j:plain

左上にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210927200051j:plain

下部中央にMade in Franceがあります。

f:id:jukeboy:20210927200114j:plain

ジャケットは見開きになっていて表裏を合わせると8ページの冊子になっています。これは最初のページです。フランス語で書かれているのでなんて書かれているのか全く分かりません。最初のページはメンバー紹介となっています。

f:id:jukeboy:20210927200309j:plain

次のページです。

f:id:jukeboy:20210927200335j:plain

最後のページです。

f:id:jukeboy:20210927200357j:plain

最後のページに曲目があります。こちらはA面の曲目です。「Mona」は「I Need You Baby」となっています。

f:id:jukeboy:20210927200453j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20210927200613j:plain

ラベルです。フランス盤は黒いラベルですが、ベルギー盤は青いラベルが使われています。上部にボックストデッカのロゴがあります。左側に規格番号の278.009 Y 804とマト、面表記の1があります。右側にベルギーの著作権協会SABAMのロゴと(P)1964があります。ベルギーの文字は何処にもありませんがこのSABAMのロゴでベルギー製と分かります。タイトルはL'AGE D'OR DES ROLLING STONES (No.1)となっています。曲目はタイトル、作者、タイム表記の順で書かれています。マトリクスは機械打ちでXARL-6271/1//XARL-6272/1です。マトの途中にスラッシュがあるのでAB面の境は//です。A面の末尾の1は手書きです。

f:id:jukeboy:20210927200731j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210927200752j:plain

「Tell Me」はここにきて初めて普通にフェイドアウトするヴァージョンが収録されています。今までの再発盤ではジャケットとラベルにSTEREO表記があるにも関わらずモノラルで収録されていましたが、このレコードはジャケとラベルのどこにもステレオ表記はありません。また、ベルギー盤を見つけようとするとジャケットがフランス盤と共通なので外からはフランス盤なのかベルギー盤なのか判別出来ないのが難点です。この『L'age D'or』のシリーズはVol.19まで発売され、ジャケットが独自のデザインで全タイトル豪華な見開き仕様となっています。これは後でフランス盤の時に詳しく紹介しようと思います。なお、このシリーズはシングル盤でも発売されていますが、そちらもフランス製のジャケットを使い、中はフランス盤とベルギー盤の両方あります。前回も同じことを書きましたが、この頃のフランス、ベルギーは共通のジャケットだったりしてホントにややこしいですよね!次回もベルギー盤ファーストのジャケ違いの続きを紹介します。