ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ オランダ編集盤 I CAN'T GET NO SATISFACTION!!

ローリング・ストーンズのオランダ編集盤『I CAN'T GET NO SATISFACTION』です。1983年に発売され、規格番号は810171-1です。何の変哲もない編集盤ですが、ジャケットは見開きで両面と見開きの内側が艶があり、『BETWEEN THE BUTTONS』のジャケット撮影時の別ショットが使われています。メンバーの位置が正反対なので反転しているのかも知れません。背も幅広で何となく豪華なジャケットです。Star Collectionというシリーズの一枚として発売されたらしく、他にはエルトン・ジョントム・ジョーンズビージーズ、アバなどのレコードが出ています。写真では分かりずらいですがジャケットの色は表裏とも濃い紫となっています。

f:id:jukeboy:20220104194546j:plain

タイトルの部分です。

f:id:jukeboy:20220104194641j:plain

裏ジャケです。こちらは文字だけのシンプルなデザインです。中心に曲目があり、下部はこのStar Collectionの他のアーティストのレコードのディスコグラフィが載っています。

f:id:jukeboy:20220104194712j:plain

右上に規格番号とSTEREOとDECCAのロゴがあります。DECCAのロゴは80年代のものですが、ここでは青赤ではなくジャケットの色に合わせた珍しいものとなっています。

f:id:jukeboy:20220104194802j:plain

左下にPrinted in The Netherlandsがあります。

f:id:jukeboy:20220104195034j:plain

曲目の部分です。こちらはA面の曲目です。面表記はKant 1/Kant 2です。「Satisfaction」の I Can’t Get No の部分はカッコで囲われていません。タイトル表記は最初の位置文字のみ大文字となっています。 

f:id:jukeboy:20220104195155j:plain

B面の曲目です。AB面を通してシングル曲だけで構成されており、アルバム曲は一切ありません。

f:id:jukeboy:20220104195219j:plain

見開きの内側です。左ページは「Have You Seen Your Mother~」の時の女装写真です。右ページは解説がありますがオランダ語なのでなんて書いてあるのか分かりません。人名や年があるのでストーンズの60年代に付いて書かれているのでは?と思います。

f:id:jukeboy:20220104201505j:plain

ラベルです。オランダ・デッカの各クレジットが中央の四角い枠の中にまとめられているラベルです。他国では時代によってラベルのデザインが変わっていきましたがオランダでは60年代から80年代までずっとこのデザインが使われています。四角い枠の中はSTEREOと回転数、規格番号、MADE IN HOLLAND、面表記があります。曲目は中央揃いになっており、タイトル、作者、タイム表記の順にクレジットされています。ジャケットでは「Satisfaction」のカッコがありませんでしたがここではアルバム・タイトルはカッコ無し、曲名はカッコありの表記となっています。マトリクスは機械打ちで810 171 1 1Y1  670 04 1 1 3/810 171 1 2Y1 670 04 1 1 3です。

f:id:jukeboy:20220104195742j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20220104195804j:plain

このレコードは音圧は低いですが結構いい音をしています。何故か「Get Off Of My Cloud」だけこもった音で良くありません。STEREOとありますが、リアル・ステレオは「Lady Jane」「Let's Spend The Night together」「Honky Tonk Women」「Paint It Black」「Street Fighting Man」「Jumpin' Jack Flash」で残りは疑似ステです。「Time Is On My Side」はギター・イントロ、「Tell Me」はフェイドアウトしないで最後まで行ってしまうヴァージョンです。「Tell Me」に関しては『ファースト』発売時にもヨーロッパではこのヴァージョンが収録された国が多かったのでこのマスターが普通だったのではと思います。ジャケットも豪華で『BETWEEN THE BUTTONS』のアウトテイク写真が使われているのもいいですよね。学生の頃は好きな曲を選んでカセットテープに録音していましたが、まさにそんな内容のレコードでいかに60年代のストーンズのシングル曲はレベルが高かったと再確認出来るレコードです。