ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ミック・ジャガー MEMO FROM TURNER②各国盤いろいろ パート1!!

前回に引き続きミック・ジャガーのソロ・シングル「Memo From Turner」です。今回はイギリス以外のヨーロッパ盤を紹介します。最初はオランダです。オランダでは1970年10月に発売され、規格番号はF 13067です。ピクチャースリーヴはオランダで作られていますが、中のレコードはUK盤を輸入して販売していました。ピクチャースリーヴはミックの写真が使われています。右上にDECCAのロゴと規格番号があります。

ピクチャースリーヴの裏側です。表と同じ写真が使われていますが、左下のタイトル部分が「Natural Magic」となっています。中のレコードは前回紹介したUK盤と同じレコードが入っているのでここでは省略します。

アイルランド盤です。アイルランドでは正確な発売日は分かりませんが、おそらくUK盤と同じ1970年の秋頃だと思います。規格番号はF 13067です。ピクチャースリーヴは元々無くデッカのカンパニースリーブに入っています。イギリスで66年頃まで使われていたオレンジのカンパニースリーブですが、私の持っているアイルランド盤の「Honky Tonk Women」もこのオレンジのピクチャースリーヴで、この後の「Little Queenie」では青の渦巻のカンパニースリーブになっているのでイギリスよりも後で変更になったか、イギリスで余っていたものがアイルランドへ回されたのかも知れませんね。

ラベルです。一見するとUK盤と間違えそうですが、ボックストデッカではなく、カーヴド・デッカなのですぐに見分けがつきます。左側にPressed in Eireとありますが、このEireというのはアイルランドのことです。その下にMirage MusicとⓅ1970があります。右側にマトと規格番号、そしてUK盤にはなかったタイム表記があります。曲目の部分のフォントはUK盤初回盤と同じです。マトリクスは機械打ちでXDR-47868 T1-1C/XDR-47869 T1-1Cです。これはUK盤のマトと同じです。

B面のラベルです。アイルランド盤もUK初回盤同様InstrumentalとクレジットすべきところをMICK JAGGERと間違っています。アイルランド盤では修正されたラベルは見た事がありません。

ドイツ盤です。ドイツでは1970年10月に発売され、規格番号はDL 25437です。ピクチャースリーヴは映画のワンシーンからと思われる写真が使われています。上部に崩した文字でミック・ジャガー、左下にタイトルがあります。DECCAのロゴと規格番号は右側中央よりやや下にあります。ピクチャースリーヴは表裏同じデザインで、エンボス加工となっています。

ラベルです。ドイツ・デッカの赤ラベルです。上部にデッカのロゴがあります。左側にドイツの著作権協会のGEMAとマト、タイム表記があります。右側に規格番号とSTEREOがあります。マトリクスは機械打ちでZDR-47668/ZDR-47689-1です。A面は枝番がありません。また、両面にMunufactured in Germanyの刻印があります。B面のクレジットはMick JaggerでもInstrumentalでもなくタイトルだけとなっています。 

フランス盤です。フランスでは1970年10月に発売され、規格番号はF 13.067 Bです。ピクチャースリーヴの写真は衣装から考えてこの年に行われたヨーロッパ・ツアーのものだと思います。右上に規格番号とSTEREOが、右下にDECCAのロゴがあります。

フランス盤は裏側が2種類あります。こちらはミックの写真が載っている方です。上部にタイトルがありその下にミックの写真があります。

こちらは文字だけの方です。上のピクチャースリーヴでミックの写真があった個所はストーンズのフランスでのレコードのカタログとなっています。

フランス盤は右下の部分に発売された年月が書かれていますが、このレコードは両方共10-70となっているのでミックの写真の方と写真無の方のどちらが先に発売されたのかは分かりません。上が写真がある方です。

左下の部分です。両方共ここにMade in Franceがあります。上が写真がある方です。

フランスで使われていたジュークボックス用のカードです。

ラベルです。67年以降に使われていたボックストデッカのラベルです。デッカのロゴの下にMADE IN FRANCE BY~があります。左側にⓅ1970とヨーロッパの録音権協会国際事務局を表すBIEMのロゴがあります。右側にマトと、規格番号、面表記があります。面表記はFace 1です。タイム表記はタイトルの後にあります。マトリクスは機械打ちでF 13067 A C1/F 13067 B C1です。B面のクレジットはInstrumentalです。

ベルギー盤です。ベルギーでは1970年10月に発売され、規格番号は105/26.257 Yです。ベルギー盤のジャケットは一枚の長方形の紙を折って写真が両面に来るようなつくりとなっています。反対側も同じデザインです。これは他のベルギー盤のシングルと同じ作りです。ジャケットの右側にアーティスト名とタイトルがあります。左下にDECCAのロゴがあります。

ラベルです。ボックストデッカのロゴの左下にMADE IN BELGIUMがあります。左側にベルギーの出版社協会のSABAMのロゴがあります。右側に規格番号とマトがあります。マトリクスは機械打ちでF 13 067 A P2/F 13 067 B P2です。

B面のラベルです。アーティストの個所がMICK JAGGERとミスっています。ベルギー盤では修正されたラベルは見た事がありません。

デンマーク盤です。デンマークでは1970年10月に発売され、規格番号はF 13067です。ピクチャースリーヴは上部にタイトルがあり、サウンドトラックのLPで使われていたミックの写真が使われています。裏側は何も印刷されていません。他のデンマークのピクチャースリーヴ同様柔らかい紙質です。デンマークではUK盤のシングルを輸入して自国のピクチャースリーヴを付けて販売していたので中にはUK盤のレコードが入っています。

ピクチャースリーヴの裏側です。中に入っているレコードはB面がMIK JAGGERとなっているUK初回盤のシングルと同じなのでここでは省略します。

スウェーデン盤です。スウェーデンでは1970年10月に発売され、規格番号はF 13067です。ピクチャースリーヴは映画の中の写真が使われています。こういうオールバックのミックもカッコいいですよね!上部にMICK JAGGERが、下部にタイトルやDECCAのロゴ、規格番号があります。裏側も同じデザインです。

ラベルです。ボックストデッカのロゴの左下にMADE IN SWEDENがあります。左側にスカンジナビア全体の著作権協会のNCBのロゴ、マト、Mirage Musicがあります。右側に規格番号とⓅ1970があります。マトリクスは機械打ちでXDR 47868/XDR 47869です。B面はMICK JAGGER、Instrumentalのどちらのクレジットもありません。 

ヨーロッパでは各国独自のデザインのピクチャースリーヴが付けられており、いろいろなデザインを見れて面白いですね。同じレコードでこういう独自のデザインというのは現代では全くなくなってしまったので惜しい文化ですよね。また、国によって「Natural Magic」のクレジットがMICK JAGGERとInstrumentalとバラバラなのは伝達不足だった気がします。次回はヨーロッパ各国盤の続きとオーストラリア、ニュージーランドなどで発売されたレコードを紹介します。