ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ フランス盤EP⑫ MOTHER'S LITTLE HELPER+3 いろいろ!!

ローリング・ストーンズのフランス盤EP「Mother's Little Helper+3」です。1966年8月に発売され、規格番号は457.122です。フランスでのデッカ時代の4曲入りEPはこのレコードで最後になります。なんとか今年中に全部紹介出来ました!収録曲は「Mother's Little Helper」「Lady Jane」「Paint It Black」「Long Long While」の4曲です。USA盤シングルの「Mother's Little Helper」とUK盤シングルの「Paint It Black」のAB面をカップリングした内容です。ジャケットは旗がはためく青空の下にメンバーがいるという珍しい写真が使われています。こういうおしゃれで美しい写真を見るとフランス盤だなという感じがします。タイトル部分が赤のラインでグループ名のバックが白のラインというのもフランスっぽいですよね~!ジャケットは表側だけコーティングされています。

このジャケットには初期型と後期型があります。上が初期型でデッカのロゴに枠がありません。下が後期型でデッカのロゴに枠があります。次にあげる裏ジャケと照らし合わせるために枠が無い最初期のものが①で、枠があるものが②③です。

裏ジャケです。左側に曲目があり、右側は過去のフランス盤EPが載っています。上部のTHE ROLLING STONESは黄色いラインの中に書かれています。次にあげる裏ジャケと区別するためにこの黄色いラインがありデッカのロゴが水色の裏ジャケを①初期型とします。

中期型の裏ジャケです。黄色いラインがあり、デッカのロゴが黒に変更となっています。この裏ジャケを②中期型とします。

後期型の裏ジャケです。こちらは黄色いラインがありません。デッカのロゴは黒です。黄色いラインが無いので上のジャケとは大分印象が違います。この裏ジャケを③後期型とします。

裏ジャケ上部の黄色いラインの部分です。下の③後期型はラインが無いので大分印象が違いますね。

右上の部分です。左から①初期型②中期型③後期型です。②と③には価格コードのMがあります。

曲目の部分です。①~③共作者クレジットはK. Richard - M. Jaggerとキースが先になっています。

左下の部分です。上が①初期型で水色のデッカのロゴ、真ん中が②中期型で上部に黄色いラインがありますが黒いデッカのロゴに変更されたもの、下が③後期型で黒いデッカのロゴです。下の③は縦の黄色いラインもありません。その下にMade in Franceと印刷所のACEMのクレジットと発売(再発)された日付があります。この日付は8-66、9-66、2-70、4-70、70、71を確認しました。4-70から②中期型で③後期型は71または日付がありません。

①~③すべての裏ジャケの右下にフォトグラファーのJ. M. Perier (ジャン・マリー・ペリエ)のクレジットがあります。

③のレコード取り出し口に付いている補充票です。

ラベルです。発売が66年なのでこのEPには今までの6角形のデッカのラベルは存在しません。この写真の四角いデッカのロゴがオリジナル盤となります。上部にグループ名とプロデューサー・クレジットがあります。左側にパブリシャーの1966、回転数、デッカのロゴが、右側にマト、規格番号、面表記、BIEMのロゴがあります。曲目の部分の作者クレジットはラベルでもキースが先になっています。リムにMADE IN FRANCEがあります。マトリクスは機械打ちで457122 A B10/457122 B B7です。他には末尾がB11/B11を確認しました。ジャケットは①②です。

B面のラベルです。

70年代からのラベルです。上部にデッカのロゴがあります。その下にMADE IN FRANCEがあります。左側にパブリシャーの1966とフランスの著作権管理団体のSACEMのロゴ、右側にマト、規格番号、面表記があります。こちらも作者はキースが先になっています。マトリクスは機械打ちで457122 A B10/457122 B B7です。これは一番最初のマトと同じです。今までフランス盤のEPを紹介してきましたが後期の再発盤なのにマトの枝番がオリジナルと同じというパターンがよくありますね!ジャケットは③です。

B面のラベルです。

このEPは全曲シングルAB面曲で構成されていて初期のストーンズの曲の中でもちょうどアレンジが凝ってきた頃なので聴いていて面白いですよね!私は70年代にストーンズの本でこのジャケットを知り、見た事もない写真でおしゃれなレコードだなと思いました。これまでフランス盤のEPを12枚全部紹介してきましたが、やっぱり当時の他の国のシングルやEPと比べるとジャケットの写真が美しいものが多いですよね!特にこのEPは青空をバックにしたメンバーの美しい写真で気に入っているレコードです。