ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ただひたすらにローリング・ストーンズのレコードを紹介しているブログです。

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 一人ぼっちの世界!!

前回に引き続きローリング・ストーンズの日本再発シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズです。今回は「一人ぼっちの世界/アイム・フリー」を紹介します。1970年8月に発売され、規格番号はTOP-1514Sです。今回も初期の写真が使われていますが、このシリーズ特有の写真や文字の色がカラフルなジャケットです。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとありますが実際は疑似ステです。

左下に当時の値段の¥400があります。

ジャケットの裏側です。当時のキングレコードの広告が載っています。

左下に回転数とパブリッシャー©'70・8があります。

右下に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側です。解説と歌詞が載っています。解説は越谷政義さんで、ブライアン・ジョーンズの死から、ミック・テイラーの加入、そして近々発売されるライヴ・アルバムの事について書かれています。この時点ではまだ『GET YER YA-YA'S OUT』というタイトルの情報が日本へ入って来なかったと思われます。歌詞は「ひとりぼっちの世界」だけしか載っていません。

曲目の部分です。

レコード袋は69年から72年まで使われていたキングレコードの内袋が使われています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。マトリクスは機械打ちでSDST 389-1/SDST 390-1です。両面にJISマークがあります。

B面のラベルです。

「一人ぼっちの世界」という邦題は誰が付けたのか不明ですが、変わったタイトルですよね!2曲ともオリジナル曲でリフを主体した曲となっています。「アイム・フリー」は69年ツアーでも演奏され、当時の時代を象するような曲です。途中でリズムが崩れそうになる個所がありますが、なんとなく乗り切ってしまうあたりがストーンズらしいですね。ここまで「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズを紹介してきましたがこの5枚の中でセカンド・スリーヴが無かったのがこの「ひとりぼっちの世界」だけになります。98年頃にマニアの方とお話しした時にそのことについて触れられ、もしかしたらこの「ひとりぼっちの世界」にもセカンド・スリーヴがあるのではないか?と話題になりました。その後も探していますがどうやらこの「ひとりぼっちの世界」だけはセカンド・スリーヴが無かったみたいですね。今ではネットのおかげで誰のどんなレコードが出ているかだいぶ解明されてきましたが、ちょうどこの頃は「ハート・オブ・ストーン」のセカンド・スリーヴや、「ワイルド・ホース」のステージ・ジャケが発見されたこともあり、夢が膨らみましたね!日本ではこの後も独自のシングルやEP盤の発売がありますが、同じ曲を手を変え品を変え発売を続けるキングレコードには脱帽です。

「ひとりぼっちの世界」の日本盤オリジナル盤はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 一人ぼっちの世界 !!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

 

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 ハート・オブ・ストーン!! 

前回に引き続き日本再発シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズです。今回は「ハート・オブ・ストーン/ホワット・ア・シェイム」です。1970年(昭和45年)8月に発売され、規格番号はTOP-1513 Sです。ジャケットはカフェテラスのようなところで撮影されたまだ初々しい感じのメンバーの写真が使われています。ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァルやタイトル、グループ名の色合いがメンバーの写真とマッチしてなんだかおしゃれなジャケットです。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとありますが実際は疑似ステです。

左下に当時の値段の¥400があります。

ジャケットの裏側です。このシリーズは5枚とも70年8月に発売されたので今回も同じレコードが載っています。

左下に回転数とパブリッシャーの©'70・8があります。

右下に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側は解説と歌詞が載っています。解説は越谷政義さんで当時の最新アルバム『BEGGARS BANQUET』と『LET IT BLEED』の事について書いてあります。ただ、50年前のライナーなので仕方がないと思いますがストーンズビートルズを比べるのは今では古い考えですよね。

曲目の部分です。この部分だけ「ホワット・ア・シェイム」のタイトルが「ホワッド・ア・シェイム」となっています。

レコードは69年から72年まで使われていたキングレコードのレコード袋に入っています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。マトリクスは機械打ちでSDST 385-1/SDST 386-1です。両面にJISマークがあります。

B面のラベルです。

このカップリングはアメリカでのシングルに準じたもので両面共オリジナル曲のシングルとなっています。イギリスではシングル発売はありませんでしたが、今考えると渋い曲をシングルカットしましたね。2曲とも初期ストーンズ特有のR&Bテイストの強い曲で特に「ハート・オブ・ストーン」は初期の名曲だと思います。

「ハート・オブ・ストーン」日本オリジナル盤の記事はこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ハート・オブ・ストーン①!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

「ハート・オブ・ストーン」のセカンド・ジャケはこちらです↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ハート・オブ・ストーン② 回収された?セカンド・ジャケ!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

 

ローリング・ストーンズ 日本再発シングル盤 ラスト・タイム!! 

前回に引き続きローリング・ストーンズの日本再発シングル盤「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」シリーズです。今回は「ラスト・タイム/プレイ・ウイズ・ファイア」を紹介します。1970年(昭和45年)8月に発売され、規格番号はTOP-1512Sです。ジャケットは初期のメンバーの写真が使われています。上部に「ビッグ・ヒッツ・リヴァイヴァル」とタイトル、下部にグループ名とB面の「プレイ・ウイズ・ファイア」があります。このシリーズ全体に言えますが文字が色とりどりですね!今回このブログを書いていて気が付いたんですが、これ以前の日本シングル盤は「ザ・ラスト・タイム」でしたが、このシングルの表記はただの「ラスト・タイム」で定冠詞の「ザ」がありません。

右上にSTEREO、ロンドンのロゴ、回転数、規格番号があります。STEREOとなっていますが実際は疑似ステです。80年代のCD化の際この2曲はリアル・ステレオで発売されましたね。

左下に当時の値段の¥400があります。

ジャケットの裏側です。当時のキングレコードディスコグラフィが載っています。

左下に回転数とパブリッシャーの©'70・8があります。

右下に規格番号とキングレコードのロゴがあります。

ジャケットの内側です。解説と歌詞が載っています。解説は越谷政義さんでR&Bコピーバンドからオリジナル曲へ移行する頃のことが書かれています。

曲目の部分です。ここでも「ラスト・タイム」表記で「ザ」がありません。

レコードは69年から72年まで使われていたキングレコードの内袋に入っています。

ラベルです。上部にロンドンのロゴがあります。左側にMADE IN JAPANとSTEREOがあります。右側に回転数、規格番号、タイム表記があります。日本語表記はここでも「ラスト・タイム」となっています。マトリクスは機械打ちでSDST 383-2/SDST 384-2です。

B面のラベルです。

この「ラスト・タイム」はイギリスでは初めてオリジナル曲がシングルになった曲ですがなかなかよく出来た曲だと思います。印象的なギターのリフにミックのヴォーカルが絡んで、間奏のギターソロもカッコいいですよね!初期のR&Bの黒っぽさが残っていて結構気に入っている曲です。B面はアコースティックな静かな曲でこちらはメンバー5人の共作となっています。この曲は89年ツアーや初来日でも演奏されましたね。

日本オリジナル盤の記事は↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ザ・ラスト・タイム①オリジナル・カヴァー!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

セカンド・ジャケの記事は↓

ローリング・ストーンズ 日本盤 ザ・ラスト・タイム②セカンド・カヴァー!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)