ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ盤 GET YER YA-YA'S OUT いろいろ!!

ローリング・ストーンズのドイツ盤『GET YER YA-YA'S OUT』です。1970年9月に発売され、規格番号はSLK 16670-Pです。ドイツ盤は再発時期によって規格番号やジャケットの細かいクレジット、ラベルなどが変わっていくので順を追って紹介したいと思います。また、UK盤の時にも紹介しましたがドイツへのUK輸出仕様もあるのでそちらも再度取り上げようと思います。最初はオリジナル盤です。規格番号はSLK 16670-Pでジャケットの下部に五つの☆マークがあるのが特徴です。この5つ星のジャケットは初期型は両面コーティングされていますが、後期型はコーティングがありません。

星マークの部分です。この五つ星は『BEGGAR'S BANQUET』にもありましたね!

再発盤のジャケットです。五つ星が無くなっていまて、コーティングもありません。

再発盤の左下にはNOVAやDECCAのロゴがあります。UK盤やUSA盤はこの位置にはロゴはありませんね。

裏ジャケです。こちらも各国盤と同じデザインです。

右上の規格番号の部分です。ラベルと照らし合わせるために番号を振っておきます。上から①オリジナル盤で表側に五つ星があるジャケット。②UK製のジャケットでレコードもUKでプレスされた輸出仕様のジャケット。規格番号もドイツ盤のSLK 16670/Pとなっています。③規格番号が6.22158のNOVA盤。④規格番号は6.22158で80年代に発売された赤ラベルのデッカ盤です。

左下の部分です。上から①オリジナル盤、③NOVA盤、④再発デッカ盤。NOVA盤はこの部分にNOVAのロゴとMade in Germany、TELDECの住所があります。④の再発デッカ盤はこの部分にMade in GermanyとTELDECの住所があります。

①オリジナル盤の下部中央の部分です。オリジナル盤はこの部分にMade in GermanyとTELDECの住所があります。

オリジナル盤のラベルです。ドイツ・デッカの赤ラベルです。上部にDECCAのロゴがあります。左側にRoyal Sound STEREOのロゴ、ドイツの著作権協会GEMAのロゴ、マトがあります。右側に規格番号と面表記があります。曲目は中央揃いになっています。ジャケットは①で表裏コーティングされています。マトリクスは機械打ちでXZAL-10076/XZAL-10077です。両面にManufactured in Germanyの刻印があります。 

B面のラベルです。

71年頃からのセカンド・ラベルです。上のラベルで左側にあったRoyal Sound Stereoのロゴがありません。左側にGEMAとマトが、右側にSTEREO、規格番号と面表記があります。規格番号に下線が引かれています。曲目の部分は上のラベルと同じです。このレコードはジャケットは①ですがコーティングされていません。マトリクスは機械打ちでXZAL-10076/XZAL-10077です。両面にManufactured in Germanyの刻印があります。 これは上のラベルと同じマトです。

B面のラベルです。

セカンド・ラベルのレコードで使われていたインナーです。当時のTELDEC (TELEFUNKEN-DECCA)の写真付きのアーティストの紹介文やレコードのカタログが載っています。ストーンズはハイドパークでの写真とレコードはファースト、No.2、AFTERMATH、LET IT BLEEDなどが載っています。このインナーはあまりみかけません。

インナーの反対側です。

ドイツ盤ではありませんが発売時期から考えてここにUK輸出仕様を入れます。このレコードはイギリスでプレスされ、ドイツに輸出されたものです。よってラベルもUK盤と同じUKデッカのボックスト・デッカの青ラベルとなっています。上部のデッカのロゴの上にMADE IN ENGLANDがあります。UK盤ですが、規格番号の部分がSLK 16.670Pとドイツ盤の番号になっているのが特徴です。ジャケットは②です。マトリクスは機械打ちでXZAL-10076-3W/XZAL-10077-1Wです。

B面のラベルです。

UK輸出仕様の裏ジャケ右上の部分です。イギリス製のジャケットですがこの部分がSLK 16670/Pとドイツの番号になっています。ドイツ盤は番号と記号の間がハイフンでしたが、ここではスラッシュになっています。ジャケットは表裏コーティングされています。

UK輸出仕様の裏ジャケ下部の部分です。Sleeve printed in England by Robert Stace.のクレジットがあります。

76年3月からのNOVA盤のラベルです。規格番号は6.22158に変わります。上部にNOVAのロゴがあります。左側にGEMAと面表記、DECCAのロゴがあります。右側にSTEREOと規格番号があります。曲目は左揃いです。一番下にAN ORIGINAL DECCA RECORDINGとあります。ジャケットは③です。マトリクスは機械打ちで6.-22158-00-1/6.22158-002です。A面のマトは打ち間違えたのか6.の次にハイフンがあります。また、オリジナル盤のマトXZAL-10076/XZAL-10077をA面は横線で、B面はXXXXXXXで消してあります。両面にManufactured in Germanyの刻印があります。

B面のラベルです。

80年から87年まで生産していたデッカ盤のラベルです。規格番号は6.22158です。上部にDECCAのロゴがあります。左側にGEMAとマト、Ⓟ1970が、右側に規格番号、面表記、STEREOがあります。曲目は中央揃いになっています。ジャケットは④です。マトリクスは機械打ちで6.22158-00-1//6.22158-00-2/1です。B面の枝番にスラッシュがあるのでAB面の境は//です。両面共XZALから始まる過去のマトをXXXXXXXと消してあります。Manufactured in Germanyの刻印はありません。

B面のラベルです。

80年代のデッカ盤に使われていたインナーです。この時期に同時に再発されたストーンズのカタログが載っています。

インナーの反対側です。

ドイツ盤はやはりオリジナル盤のジャケットにある五つ星が特別感がありますね!このレコードは90年頃西新宿にあったライフ・インの姉妹店のローリング・ストーンズ・ショップ(という店名だったか?)で買いました。星マークが5つ付いていたので買ったのを覚えています。そのお店は広い店内に半分はアナログ・ブート、半分はオフィシャル盤が並んでいて、ブートもオフィシャルもレア盤がたくさんあったのを覚えています。ストーンズ以外もありましたが殆どストーンズのレコードばかりで今考えると夢みたいなお店でしたね。そしてこの時期にUK輸出仕様があったのも興味深いです。私がストーンズを聴き始めた時はストーンズのライヴ盤はこれと『GOT LIVE IF YOU WANT IT』しかなく、特にこのレコードの貫禄ある演奏が気に入ってよく聴いていたのが懐かしいです。ジャケットがミックでも、キースでもなく、チャーリーというのがとぼけていていいですよね~。ビルがジャンプしてても合わないだろうし、このチャーリーのキャラクターがセンスのいいジャケットとなっていると思います。裏ジャケも当時のライヴ写真を使っていてこれもいいデザインだと思います。今でも聴く頻度が多いアルバムです。

ローリング・ストーンズ USA再発盤 IT'S ONLY ROCK'N ROLL!!

前回に引き続きUSA盤の『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』です。今回は1987年11月13日に発売されたCBSからの再発盤を紹介します。規格番号はFC 40493です。ジャケットは両面艶があり、色合いはオリジナルのUSA盤より少し明るい感じです。シールドの上にタイトルや代表曲がクレジットされたステッカーが貼られています。

ジャケットに貼られたステッカーです。主な収録曲が書かれています。

裏ジャケです。こちらもオリジナル盤と同じデザインです。右上のバーコードで再発盤と分かります。

バーコードの部分です。

裏ジャケ左下にベロマークがあります。

下部中央に著作権表示があります。WEAからCBSに変更となっています。この続きにCBSのニューヨークの住所が書かれています。

インナーです。オリジナル盤は硬い紙質でしたが、こちらはペラペラな薄い紙です。

インナーの反対側です。こちらもオリジナル盤と同じデザインです。

右下にローリング・ストーンズ・レコードの登録票所Promotone B.V.があります。

左下に規格番号の40493があります。

ラベルです。上部にグループ名とタイトルがあります。左側にベロマークとSTEREOが、右側に面表記と規格番号、マトがあります。マトはA面がALから、B面がBLから始まっています。曲目は左揃いです。その下に作者やプロデューサー・クレジットがあります。キースのクレジットはRichardsとなっています。マトリクスは手書きでAL 40493-1A/BL 40493-1Aです。 

B面のラベルです。

この再発盤のシリーズは『STICKY FINGERS』から『UNDERCOVER』まで発売されましたが、ジッパーがなくなったり、見開きだったのがシングル・ジャケになったりしてジャケットの作りがオリジナルと比べて簡素化になっていますが、この『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』はもともとシングル・ジャケで専用のインナーが付いていただけなのでオリジナルに近い再発でした。この頃になるとCDばかりに目が行っていてレコードが出ていたのに気が付きませんでしたが、この頃からジャケットにバーコードが印刷されるようになりデザインを損ねているのが嫌ですね。音の方もCDと同じで何となくすっきりしたような印象です。アメリカではこの後移籍したヴァージンでもレコードの発売はなく『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』はこのCBS盤が最後のレコードとなっています。

ローリング・ストーンズ USA盤 IT'S ONLY ROCK'N ROLL いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』です。1974年10月に発売され、規格番号はCOC 79101です。録音は73年11月よりドイツのミュンヘンで行われ、プロデュースにミックとキースの共同によるグリマー・ツインズが初めてクレジットされています。ミック・テイラーが参加した最後のアルバムとなり、けっこう彼のギターが目立っているアルバムです。この時期のストーンズにしては珍しくホーンが一切入っていません。ジャケットの絵はガイ・ピーラートという人によるものです。写真のジャケットは曲目ステッカーとプロモ・ステッカーが貼られているものです。USA盤はUK盤と比べると色合いがやや暗い感じです。

曲目ステッカーの部分です。裏ジャケにある壁に書かれたタイトル文字と同じ書体でタイトルが書かれています。その下にA面B面に分かれて曲目があります。一番下に規格番号のCOC 79101があります。表側にグループ名もタイトルも書かれていないので販売促進のためにこういったステッカーが貼られていたんでしょうね。

裏ジャケです。表側の賑やかさとはうって変わってこちらには誰もいない対比が面白いです。

左下にベロマークと規格番号があります。

下部中央にローリング・ストーンズ・レコードの登録票所のPromotone B.V.とPrinted in U.S.A.があります。

インナーです。厚紙でしっかりとした造りです。こちらはスチュやニッキー・ホプキンス、ビリー・プレストンの鍵盤プレイヤーとエンジニアのアンディ・ジョンズとキース・ハーウッドが載っています。残念ながらこの5人は全員この世にはいません。

右下に規格番号とPrinted in U.S.A.があります。

インナーの反対側です。各国盤同様曲目やメンバーのクレジットがあります。

A面の曲目です。

B面の曲目です。

ラベルです。どれが初版とかというわけではなくプレス工場別に取り上げていきます。最初はLYです。これはニューヨーク州のShelly Products,Inc.です。コードがSHもこの工場です。『HOT ROCKS』の「Brown Sugar」「Wild Horses」のラフミックスを収録してしまった工場で有名ですよね!上部に規格番号のCOC 79101とグループ名、タイトルがあります。左側にベロマークとSTEREOが、右側にSIDE ONEと著作権表示があります。曲目とその下にあるクレジットは左揃いです。また、リムは全てROLLING STONES RECORDS~から始まる新住所75 Rockefeller plazaとなっています。これ以降のラベル全てこのリムとなっています。マトリクスは手書きでST-RS-743197-E/ST-RS-743198-Jです。この他にROLLING STONES RECORDSとPRがあります。このPRとあるのはPresswell Recordsで作られたマザーを使用している意味です。このROLLING STONES RECORDSとPRはこれ以降のラベルの全てのマトにありますので、これ以降は省略します。

プレス工場コードはCPです。これはニュージャージー州のColumbia Pitmanです。Pというコードもここです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-E/ST-RS-743198 Lです。B面のマトの枝番の間のハイフンはありません。

プレス工場コードはGRTです。これはテネシー州のGRT Record Pressingです。溝が中央の穴付近にあります。

プレス工場コードはPRです。これはニュージャージー州Presswell Recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-F/ST-RS-743198-Mです。溝が2重になっています。

プレス工場コードはMOです。これはカリフォルニア州のMonarch Recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-F F  △13795/ST-RS-743198 L L-EX  △17395-Xです。A面の最後のFとB面のL-EXの部分は薄く書かれています。

プレス工場コードはFTです。これはカルフォルニア州のFidelatone Mfg.です。マトリクスは手書きでST-RS-743197-G/ST-RS-743198-Kです。

プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-J/ST-RS-743198-Jです。

上と同じSPですが、リムが後期のものでWのロゴがあります。マトリクスは手書きでST-RS-743197-J/ST-RS-743198-Vです。リムにWのロゴがあるのはこのラベルだけで溝の形も違います。

プレス工場コードはRIです。これはインディアナ州のPRC Company Richmondです。右側のSIDE ONEの文字が大きく、曲目の下のクレジット部分も中央揃いになっているのでそれまでのラベルと大分印象が違います。マトリクスは手書きでST-RS-743197 K/ST-RS-743198-J  J J-1です。B面のJ J-1は薄く書かれています。

プレス工場コードはありません。マトリクスは手書きでST-RS-743197-R/ST-RS-743198 Rです。他に両面にAT/GY  AT14Pがあります。

日本盤の『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』は1974年11月10日に発売されましたが、発売された時レコード店でこのアルバムを見かけ、「もうストーンズの新アルバムが出たんだ。」と驚いたのを覚えています。ただ、中学生ですぐにLPを買うお金がなく、買ったのは翌年の春高校へ入学した頃だった記憶があります。アルバムで気に入った曲は「If You Can't Rock Me」、「Time Waits For No One」、「If You Really Want To My Friend」で特に「Time~」は気に入って何度も聴きました。特にミック・テイラーのギターが素晴らしいですよね!ちょうど75年3月にNHK「ヤング・ミュージック・ショー」でタイミングよくこのアルバムのPVを流したので、当時このアルバムは一気に私のフェイバリット・アルバムになりました。今でもストーンズのベスト3に必ず入るアルバムです。次回はコロンビア(CBS)からの再発盤を紹介します。

3年前の記事になりますがUK盤の『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』はこちらです↓

ローリング・ストーンズ UK盤 IT'S ONLY ROCK'N ROLL①WEAオリジナル盤いろいろ!!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)

 

ローリング・ストーンズ ハンガリー盤 MISS YOU!!

ローリング・ストーンズハンガリー・シングル盤「Miss You/Faraway Eyes」です。ハンガリーではEMI傘下のPEPITAというレーベルから1978年に発売され、規格番号はSPSK 70353です。「Miss You」のピクチャースリーヴはメンバー5人が壁の前に立っているデザインですが、ハンガリー盤は独自のデザインで、ミックのイラストと後ろに怪しい女性がいる訳の分からないデザインです。ミックの衣装から考えてこれは76年ツアーの時のミックのイラストですね。タイトル文字といいこのイラストといい何だかブートレグみたいですよね!レコードは右側から取り出すようになっています。

右上に販売元のPEPITA FAVORITのクレジットと規格番号のSPSK 70353があります。

ミックの左肩の上にSTEREOがあります。

裏ジャケです。表側と同じ女性のイラストと左上にベロマークがあります。ベロマークの下にMiss YouとRolling Stonesと書かれています。この女性の顔をアップにしてみると何の意図があってこのデザインにしたのか分からなくなります。「Faraway eyes」ってことなんでしょうか?

ベロマークの部分です。その下にタイトルとグループ名があります。

ラベルです。左側に縦書きで大きくPEPITAとあります。その左側にSTEREOと回転数の45があります。右側に面表記Aとマトとタイム表記があります。上部にものすごく小さな文字でタイトルのMiss Youと作者クレジットがあります。下部にこれも小さな文字でROLLING STONESとLisenceed by EMI Records Ltd.があります。リムにMADE IN HUNGARYがあります。マトリクスは機械打ちでSPSK 70353 A  11P MG/SPSK 70353 B 1P MGです。末尾のMGは文字が潰れていてM6かも知れません。

B面のラベルです。

このシングルは各国盤同様両面エディット・ヴァージョンが収録されています。音質はUKシングル盤と比べると音がこもった感じです。特にスネアの音がおとなしく聞こえるのでリズムのメリハリがありません。いやしかし「Miss You」の別ジャケは珍しいのでこのハンガリー盤は独自のピクチャースリーヴが貴重だと思います。ハンガリーで発売されたストーンズのレコードはデッカ時代はアルバム『BIG HITS』とシングル「Honky Tonk Women」だけで、ストーンズ・レーベル以降はこのシングルと、未確認ですが『SOME GIRLS』だけしか発売されなかったようです。『SOME GIRLS』もこのシングルと同じPEPITAというレーベルから発売されているので別ジャケなのか不明ですが、もし入手出来ましたら取り上げます。

ローリング・ストーンズ USAプロモ・シングル TIME WAITS FOR NO ONE!!

ローリング・ストーンズのUSA盤のプロモ・シングル「Time Waits For No One」です。ストーンズの曲の中でも名曲として人気がある曲ですがアルバムからのシングルカットはなく、プロモ盤のみ作られました。片面にモノラル、片面にステレオが収録されてされており、モノラルはここでしか聴けない貴重なものとなっています。プロモが配布された正確な年月は分かりませんが、裏ジャケのライナーの日付が1975年1月21日となっているのでこの時期に作られたと思います。規格番号はPR 228です。このPRから始まる番号はローリング・ストーンズ・レコードではプロモだけ作られてレギュラー盤が無い場合に割り振られているプロモ専用の番号となっています。このプロモ盤は白地にアルバムのジャケットを載せた専用のピクチャースリーヴが付けられています。

アルバムのジャケットの下に規格番号PR 228やFOR PROMOTIONAL USE ONLYとあります。表側だけだと何の曲が収録されているのか分かりません。その下に回転数、ベロマークがあります。ベロマークの下にDistributed by Atlantic Recordsと書かれています。

ピクチャースリーヴの裏側です。このライナーでこのプロモ盤には「Time Waits For No One」のモノラル、ステレオが収録されていることが分かります。

ラベルです。こちらはモノラル側の白ラベルです。プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。左側にベロマーク、回転数、マトとMONOがあります。右側に規格番号のPR-228、タイム表記、そして"From Rolling Stones LP COC-79101"とあります。その下にNOT FOR SALE、FOR PROMOTIONAL PURPOSESがあります。ONLYではなく、PURPOSESとなってますがプロモ盤でこういう表現は珍しいです。マトリクスは手書きでPR-29482-2/ST-PR-29482-2です。

ステレオ側の青ラベルです。モノラル側と文字の配置は同じですが、左側のベロマークの下のマトがステレオ用になっており、その下にSTEREOがあります。

このプロモ盤は86年に当時原宿で開店したばかりの頃の「Gimme Shelter」で初めて見て、最初はなんのレコードだろうと思って買いました。USA盤のアルバムと聴き比べてみるとこのシングルはやや音圧が低く、ステレオ感があまりありません。モノラルなのかな?と思ってモノラルの方と比べるとモノラルでもなくステレオ感のないミックスとなっています。モノラルの方は完全にモノラルで左右のスピーカーの音を束ねた感じです。このシングルに関しては通常盤のアルバムの方が音がいいかも知れません。アルバム『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』は高校に入学した75年に買いましたが、アルバムの中で特に気に入った曲がこの「Time Waits For No One」でした。チョット物悲しいメロディとギターソロが美しく何度も聴いたのを覚えています。ホントに隠れた名曲ですよね!