ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤EP THE ROLLING STONES続編タックスコードがM/T?? 

2018年になってから半月過ぎましたが今年初めてストーンズのレコードを入手しました!UK盤EP『THE ROLLING STONES』のタックスコードがM/Tとなっているレコードです。1年以上前の記事になってしまいますが2016年11月23日の追加、続編として読んでください。

今回入手したのはこのEPのタックスコードがM/Tとなっているものです。M/Tが使われていたのは63年6月30日までで、7月1日以降はK/Tに替わります。このEP盤『THE ROLLING STONES』は64年1月10日に発売されたので当然K/Tですが、わずかにM/Tのものが存在します。これはおそらくミス・クレジットだと思います。そういえばビートルズのシングルでも発売時期とタックスコードが一致しなかったり、「I Wnant To Hold Youe Hand」の一部にMKTと刻印があり何だかわからないタックスコードになっているものがありますね!発売時期が過渡期にあったためにこういうミスがあったのかも知れません。ラベルです。前回初版と紹介したラベルと同じデザインのラベルですがタックスコードがK/TではなくM/Tとなっています。マトリクスは機械打ちでEFF-2663-1K/EFF-2664-1Kです。

f:id:jukeboy:20180113200350j:plain

タックスコードの部分を拡大した写真です。

f:id:jukeboy:20180113200431j:plain

B面のラベルも同じようにM/Tとなっています。

f:id:jukeboy:20180114140910j:plain

前回初回盤として挙げたラベルです。文字の配置等はM/Tのものと全く同じですがタックスコードがK/Tとなっています。マトリクスも-1K/-1Kと同じです。おそらくM/Tとミスってしまったものが初回盤、あるいは回収盤?で、前回初回盤と紹介したこのK/Tのラベルがセカンドなのかも知れませんね。

f:id:jukeboy:20180114140930j:plain

また、最近気づいたんですが、このEPはジャケットの表側は「You Better Move On」から始まっていますが、実際の収録順は「Bye Bye Johnny」「Money」「You Better Move On」「Poison Ivy」です。ということは今まで気にもしなかったんですがジャケットの曲順もAB面逆のミスクレジットなのかな、なんて思ってしまいます。

f:id:jukeboy:20180114141300j:plain

裏ジャケの曲目はレコードの順番通りになっています。

f:id:jukeboy:20180114141355j:plain

ジャケットの件は今頃気づいたんかい!と言われそうですが今まで全く気がつかないでいたので焦っています。よくレコード店のリストでも「You Better Move On+3」なんて出てますね。今まで当たり前のように見ていてこれは全く気が付かなかったです。ラベルですが、ストーンズのレコードでタックスコードがM/Tになっているレコードは発売時期で「Come On」のシングルしかありませんが、このEPにもあるとは新発見でした。半年ほど前にeBayで初めて見ましたが、その時は何となく疑っているうちにどんどん高値になってしまい落札出来ませんでしたが、今回は信用できるイタリアのコレクターの方から安く譲って頂きました。タックスコードの部分だけ違い他は全く同じなので今まで完全に見落としていました。まだまだ他にも見落としている事があるかも知れないのでこれからもジャケットやラベルをよく見ないといけませんね!