ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 南アフリカ盤 ROLLING STONES !!

ローリング・ストーンズ南アフリカ盤『THE ROLLING STONES』です。南アフリカでの3枚目のアルバムでUK盤『No.2』から「Grown Up Wrong」「Under The Boardwalk」「Susie Q」の3曲が外され、代わりにイギリスでのシングル曲の「Little Red Rooster」「Not Fade Away」「I Wanna Be Your Man」の3曲が収録されているという変則的なアルバムです。南アフリカでは2枚目に『12X5』が発売されているので極力同じ曲が被らないようにしたと思われる選曲となっていてダブっているのは「Time Is On My Side」だけとなっています。アルバム未収録のシングル曲を収録してアルバムを作ってしまうのは60年代に各国でもよく見られますよね。1965年春に発売され、規格番号はLK 4661です。ジャケットは南アフリカ独自のデザインとなっています。初期の不良っぽい写真ですがビルだけ窓のところに乗っていて面白い写真です(笑)。ジャケットは表側だけコーティングされています。また、コーティング無のも存在しますがそれは後期型だと思われます。音は全てモノラルです。

f:id:jukeboy:20200407141352j:plain

右上にDECCAのロゴと規格番号LK 4661があります。タイトルのROLLING STONESに合わせてかDECCAのロゴもピンクとなっています。

f:id:jukeboy:20200407213619j:plain

裏ジャケです。上下フリップバック仕様となっています。タイトルと思われるROLLING STONESの文字の形は表側と同じです。ファースト同様グループ名だけのタイトルというのも面白いですね。左側にアンドリューの解説文が、右側に曲目が載っています。

f:id:jukeboy:20200407213843j:plain

右上にDECCAのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200407214023j:plain

右下に南アフリカ盤によくみられるRECORD PACとありますが、おそらく南アフリカの印刷所だと思います。

f:id:jukeboy:20200407214056j:plain

A面の曲目です。

f:id:jukeboy:20200407214329j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20200407214358j:plain

ラベルです。こちらは南アフリカ製の赤ラベルです。南アフリカ盤特有の大きなDECCAと規格番号、面表示、曲目だけのシンプルなデザインです。曲目もタイトルとタイム表記のみで、作者や出版社のクレジットはありません。マトリクスは手書きでARL-6619/ARL-6620です。

f:id:jukeboy:20200407214507j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200407214540j:plain

こちらは南ローデシア製の青ラベルです。文字の配置は南アフリカ盤と全く同じでマトリクスも同じです。ジャケットも共通です。

f:id:jukeboy:20200407214635j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200407214710j:plain

このアルバムの一番の特徴は独自のジャケットを使っている事につきますが、音源的にも「Little Red Rooster」のイントロのギターのフレーズが1回少ないカットインのヴァージョンが収録されています。ジャージャ、ジャージャーンのフレーズが一回少なく通常5回目で歌に入るのに、ここでは4回目に歌に入ります。このヴァージョンはこのレコードでしか聞けません。「Time Is On My Side」はギター・イントロです。最初にも書きましたが南アフリカではこのアルバムの前にアメリカ仕様の『12X5』が発売されているので曲がダブらないようにUK盤『No.2』の一部の曲をアルバム未収録のシングル曲に入れ替えた内容となっている独自のレコードで、音はUK盤のようにはっきりとしたいい音が聞けます。南アフリカでは60年代にUK/USAに準じたアルバムて発売されているのでアルバム未収録曲に入れ替えたこのアルバムは意外と便利なルバムだと思います。