ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ アルゼンチン盤 TATUADO (TATTOO YOU) いろいろ!!

ローリング・ストーンズのアルゼンチン盤『TATTOO YOU』です。アルゼンチンではタイトルの部分が『TATUADO』とスペイン語表記となっています。『TATTOO YOU』の別ジャケはあまり見かけないですが、このスペイン語表記はアルゼンチンとウルグアイで使われています。TATUADOはスペイン語で入れ墨という意味です。アルゼンチン盤はEMIとCBS/コロムビア(以下CBS)の2種類ありますので今回は両方紹介します。EMI盤は1981年8月に発売され、規格番号は8989です。CBS盤は1986年(88年説も)に発売され、規格番号は120.909です。ここではジャケット、ラベルの違いを比べるため、EMI盤とCBS盤両方同時に話を進めたいと思います。最初はEMI盤のジャケットです。ジャケットは普通の作りですが、レコード取り出し口を巻き込んで周りがビニールで覆われています。

f:id:jukeboy:20211028161708j:plain

タイトル部分をUK盤と比べてみました。スペイン語の方は字数が少なく幅が短いせいかROLLING STONESの文字も他国盤よりも一回り大きくなっています。

f:id:jukeboy:20211028161829j:plain

こちらは88年に発売されたCBS盤のジャケットです。タイトルはスペイン語で書かれており、左下にCBSのロゴが追加されています。こちらもEMI盤同様周りをビニールで覆われているジャケットです。

f:id:jukeboy:20211028161947j:plain

CBS盤のColumbiaのロゴの部分です。右はEMI盤でこの部分は何もありません。

f:id:jukeboy:20211028162157j:plain

裏ジャケです。こちらはEMI盤の方です。曲目や各クレジットは全てスペイン語で書かれており英語は何処にもありません。

f:id:jukeboy:20211028162446j:plain

こちらはCBS盤の裏ジャケです。ここであれっ?と思った方がいらっしゃると思います。キースのバックの色が緑ではなく赤になっています。おそらくバックが赤のジャケットはこのアルゼンチン盤だけだと思います。こちらも英語は何処にもなく全てスペイン語で書かれています。

f:id:jukeboy:20211028162651j:plain

右上の規格番号の部分です。上がEMI盤、下がCBS盤です。CBS盤はColumbiaのロゴもあります。

f:id:jukeboy:20211028162747j:plain

曲目の部分です。両方共スペイン語表記となっています。文字の位置等も全く同じです。

f:id:jukeboy:20211028162843j:plain

曲目の下のクレジットの部分です。こちらはEMI盤です。共同プロデューサーのクリス・キムゼイと、ミキシング・エンジニアのボブ・クリアマウンテンの名前があります。

f:id:jukeboy:20211028163006j:plain

CBS盤のクレジットの部分です。EMI盤と同じですが、EMI盤の一番下にあった文はありません。

f:id:jukeboy:20211028163121j:plain

左下にベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20211028163157j:plain

下部中央にIndustria Argentina(アルゼンチン業界)とあります。EMI盤の方はバックの色と同化してしまい見えずらいです。CBS盤の方はEMI盤のクレジットを隠すため赤いラインが引かれています。キースのバックも赤でここに赤いラインがあるため、裏ジャケがやけに明るく見えます。

f:id:jukeboy:20211028163328j:plain

下部中央右寄りに著作権クレジットがあります。CBSの方は86年となっています。

f:id:jukeboy:20211028163955j:plain

CBS盤は右下にカセットテープの広告が載っています。

f:id:jukeboy:20211028164035j:plain

EMI盤のインナーです。白いビニール製の袋でレコードのカタログが載っています。CBS盤は普通の白い袋に入っています。

f:id:jukeboy:20211028164219j:plain

反対側です。

f:id:jukeboy:20211028164237j:plain

ラベルです。こちらはEMI盤の黄色いラベルです。上部にスペイン語でタイトル、グループ名、プロデューサー・クレジットがあります。左側にアルゼンチンの権利協会のSADAIC-BIEMが、右側にベロマークとマトリクスのCUNS 39114 Aがあります。中央のTHE ROLLING STONESというのは『SOME GIRLS』で使われていたデザインです。曲目はスペイン語→英語→作者クレジットの順で書かれています。一番下に規格番号の8989があります。マトリクスは手書きでCUNS-39114-A/CUNS-39114-Bです。

f:id:jukeboy:20211028164323j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20211028164344j:plain

CBS盤のラベルです。上部にCBSのロゴとDISDOS CBSがあります。その下にスペイン語でタイトルとTHE ROLLING STONESがあります。左側に面表記のLADO 1とステレオを表すESTEREOと回転数があります。右側に規格番号とアルゼンチンの権利協会のSADAIC-BIEMとその下にマトリクスがあります。曲目は中央揃いでスペイン語、英語、作者クレジットの順で書かれています。下部にプロデューサー・クレジットと著作権表示があります。マトリクスは機械打ちでAL 40502/BL 40502です。

f:id:jukeboy:20211028164406j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20211028164422j:plain

このアルゼンチン盤は音圧は低いですが、すっきりしたきれいな音が聴けます。UK盤などと比べるとあっさりとした感じですが元々音がいいアルバムなので各楽器の音がよく聴こえます。ストーンズ・レーベルになると別ジャケってあまり見かけませんが、スペイン語圏でのこういったスペイン語表記のジャケは何だか特別な感じがしますよね。特にこのアルバムはラベルの曲目に英訳のため英語が使われていますが、ジャケットでは一切英語は使われておらず、スペイン語だけっていうのも潔くていいですよね!しかし、今話題になっていますがこのアルバムも40周年ですか。ストーンズの新曲がラジオで流れると知り、夜中まで起きていて「Start Me Up」を聞いたのがつい最近のような気がしますが、時の流れるのは早いものですね。