ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ウルグアイ盤レア・カヴァーVOLUMEN 2!!

ローリング・ストーンズウルグアイ盤では『AFTERMATH』の別カヴァーが有名ですが、こちらもユニークなデザインの『LOS ROLLING STONES VOLUMEN 2』です。内容はUK盤の『No.2』と同じです。順番が前後してしまいますがウルグアイでは最初にメンバーの写真を使ったジャケットで発売されていましたが70年代にこの珍品ともいえるイラストのジャケットに切り替わっています。規格番号はLLU 14402です。ジャケットの紙質はアメリカ盤のような段ボールを挟んだ作りになっています。音はモノラルです。なお、ジャケットのタイトル表記は表裏共何故か『Volumen No.2』となっています。

f:id:jukeboy:20180104192949j:plain

左上にLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180104193041j:plain

右上に規格番号のLLU 14402があります。

f:id:jukeboy:20180104193128j:plain

裏ジャケです。曲目や解説は全て現地語で書かれています。

f:id:jukeboy:20180104193230j:plain

裏ジャケ左上に規格番号のLLU 14402があります。

f:id:jukeboy:20180104193329j:plain

裏ジャケ右上にLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180104193405j:plain

裏ジャケ右下にUruguayのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180104193503j:plain

ラベルです。これはウルグアイで71年から75年にかけて使われていたボックスのLONDON ffrrのラベルです。このラベルが使われていることでこのイラストのジャケットは70年代に出たものだと分かります。ラベルではVolumen 2ではなくVol.2表記になっています。面表示はLado 1、タイトルは現地語です。マトリクスは機械打ちでXARL 6619/XARL 6620です。

f:id:jukeboy:20180104194024j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180104194150j:plain

順番が後になりましたが、こちらがウルグアイのオリジナル盤です。1965年に発売され、規格番号も同じLLU 14402です。表側にはLOS ROLLING STONESとグループ名だけしか書かれていません。このオリジナル盤にも番号違いのミスがあります。

f:id:jukeboy:20180104194643j:plain

左上にLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180104194823j:plain

右上に規格番号がありますが、何故かLLM 17268となっています。裏ジャケが番号違いで2種あり、中のレコードはLLU 14402なのでこれは後で詳しく触れますがミス・クレジットだと思います。

f:id:jukeboy:20180104195234j:plain

おそらく最初に出たと思われるLLM-17268とクレジットされた方の裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20180104195407j:plain

左上にLLM-17268とあります。

f:id:jukeboy:20180104195500j:plain

右上にもLLM-17268とあります。

f:id:jukeboy:20180104195538j:plain

こちらは規格番号がLLU 14402と訂正された方の裏ジャケです。表側は上のメンバーの写真のものと全く同じです。裏ジャケの方はイラストのジャケットの裏側とわずかなクレジットを除き殆ど同じです。左上の規格番号LLU 14402の部分や、LONDONのロゴの部分、右下のウルグアイのクレジット等はイラストのジャケットの方の拡大写真と同じです。ただ、表側の右上にはLLM-17268と残っているので先のジャケットがミス・クレジットだったと分かります。(上のジャケットの表側右上の拡大写真と同じです。)

f:id:jukeboy:20180104195822j:plain

ラベルです。こちらは60年代のウルグアイ盤に使われていたオープン・ロンドンのラベルです。こちらもタイトル表記がVol.2となっています。マトリクスは機械打ちでXARL 6619/XARL 6620と上のボックス・ロンドンのラベルのマトと同じです。

f:id:jukeboy:20180104200156j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180104200218j:plain

ウルグアイ・ロンドン盤の規格番号はモノラルがLLまたはLLU、ステレオはSLLUが使われています。最初のLLM-17268というのはアルゼンチン盤の『VOLUMEN 2』に使われている番号なので間違って使われてしまったのでは、と思います。2つのジャケットにウルグアイのクレジットがあり、裏ジャケを修正した後にも表側にLLM-17268が残っていることや、アルゼンチン盤のジャケットの方にはアルゼンチンのクレジットがある事からレコードの中身違いでもなさそうです。本題のレア・カヴァーに戻りますが、最初はメンバーの写真が使われていたのに何でイラストのジャケットに替わってしまったのか不思議ですね。イラストの中央にいる男はミックに似ていますがなんか違うし、左側には映画のシーンのようなイラストが使われていておかしいですよね!グループ名が大きくROLLING STONESと書かれているのでストーンズのレコードだと分かりますがこれがなかったらなんのレコードなのか分かりませんよね(笑)。