ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤デビュー・アルバム これがリヴァプール・サウンドの決定盤!!

ローリング・ストーンズの日本でのデビュー・アルバム『ザ・ローリング・ストーンズ』です。1965年(昭和40年)1月に発売され、規格番号はMH-190です。発売元はキングレコードでレーベルはLONDONです。帯と裏ジャケに「これがリヴァプールサウンドの決定盤!!」とキャッチコピーが付けられています。おそらくアメリカ盤の「ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS」というのもこれと同じくキャッチコピーで付けられたんでしょうけど、今ではタイトル扱いになっていますね。そう考えれば日本盤のタイトルも「これがリヴァプールサウンドの決定盤!!」でもいいんじゃないかとはいきませんよね(笑)。当時はリヴァプール出身でなくともイギリス出身のグループはリヴァプールサウンドと呼ばれていました。ジャケットは日本独自に左上に大きくTHE ROLLING STONESと印刷されています。UK盤と比べると写真がややぼやけています。ジャケットは俗に言うペラ・ジャケで両面艶があり、意外と高級感のある感じです。値段は1,500円です。当時の公務員の初任給は19,610円、ラーメンが70円、喫茶店のコーヒーが80円と比べるととんでもなく高く、レコードって相当高級品だったんでしょうね!

f:id:jukeboy:20181103144118j:plain

左上のグループ名の部分です。

f:id:jukeboy:20181103144245j:plain

右上にLONDONのロゴとその下にMH-190があります。

f:id:jukeboy:20181103144337j:plain

裏ジャケです。解説が印刷されており、中心がくぼんだフリップバック仕様になっています。解説は朝妻一郎さんで、グループの結成のいきさつや、メンバー紹介、曲紹介が書かれています。この頃のLPは裏は曲目や解説というのが一般的です。

f:id:jukeboy:20181103144640j:plain

上部に「これがリヴァプールサウンドの決定盤!!」とあります。

f:id:jukeboy:20181103145115j:plain

右上に規格番号のMH-190と¥1500があります。

f:id:jukeboy:20181103144851j:plain

下部中央に発売元のキングレコードのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20181103145216j:plain

右下に©1965とJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20181103145333j:plain

歌詞カードが付属しています。

f:id:jukeboy:20181104213414j:plain

歌詞カードの裏側です。

f:id:jukeboy:20181104214034j:plain

ラベルです。このアルバムのラベルは初期型と後期型の2種類存在します。こちらは初期型です。おそらく当時のキングのモノラル用のラベルだと思います。「Mona」の曲名は「I Need You Baby」となっています。「Honest I Do」の作者も初期のUK盤同様、ReedではなくHurran, Calvertとなっています。 マトリクスは機械打ちでDLBT 221-9/DLBT 222-1-1-9です。

f:id:jukeboy:20181104214223j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200223143944j:plain

こちらは後期型です。いつ頃このラベルに変わったのか分かりませんが、中央に太いラインが入り『BIG HITS』のラベルのデザインに近いので66年頃に変わったのでは?と思います。マトリクスはDLBT 221 B-2/DLBT 222 B-3です。

f:id:jukeboy:20181104214417j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200223144003j:plain

内容はUK盤と同じですが日本盤の曲順は当時のヒット曲「Tell Me」をA面1曲目に持って来て、「Route 66」はB面3曲目に移動しています。80年代にポリドールへ移籍するまで日本ではこの曲順で私はそれまでずっとこの曲順がホントだと思っていました。この後の『OUT OF OUR HEADS』も当時の日本盤は「Satisfaction」を1曲目に持ってきたりして勝手に曲順を入れ替えたりしていますね!日本盤の帯付きは今や高値で取引されていますが、私がレコードを買い始めた昭和47年頃、帯は「タスキ」と呼ばれていて周りの大抵の人が破り捨てると言っていました。また、付けたままだといつの間にか破れてしまったり、友人に貸すと帯だけどこかへ行ってしまったりしたので私は帯は外して別の場所に保管していました。80年代に入ってから帯のブームが来ましたが、丁寧に取っておいてよかったと思います。帯は日本独自の文化ですが、キャッチ・コピーやデザインが当時の空気感を感じられていいものだと思います。また、ファーストはこの紺帯だけですが『AFTERMATH』の頃になると同じ規格番号でも紺や金などいろいろな帯があって面白いです。いやしかし、このアルバムが発売された昭和40年1月というと私は幼稚園の年中組で駅前から有名なお寺の前までのメインストリートをバスで通っていた頃です。今では信じられないですが牛の荷車を押している人もいました。そんな時代に発売されたストーンズのファースト。この帯にあったリヴァプールサウンドのたくさんのグループの中で今も現役のストーンズってすごいですよね!!