ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ブライアン・ジョーンズ JOUJOUKA④ イタリア、オーストラリア、その他各国盤いろいろ!!

前回に引き続きブライアン・ジョーンズの『JOUJOUKA』です。今回は英米日以外の国を取り上げてみようと思います。厳密にいうと英米日以外でジャケット、レコードが独自に作られた国はイタリアとオーストラリアだけでヨーロッパ各国ではUK盤にシールを貼って発売されています。最初はイタリア盤です。イタリアではジャケット、レコード共に自国で作っています。タイトルはBrian Jones plays with~と間違っています。紙質はUK盤と似た感じです。

f:id:jukeboy:20190704204506j:plain

タイトルの部分です。

f:id:jukeboy:20190704204547j:plain

裏ジャケです。イラストの上にクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190704204712j:plain

裏ジャケのクレジットの部分です。DISTRIBUZIONE DISCHI RICORDI S.P.A. VIA BERCHET 2 - MILANOとあります。これは現地の配給元のDISCHI RICORDIのクレジットです。その下に小さくMADE IN ITALYとあります。

f:id:jukeboy:20190704205142j:plain

英米盤は背にタイトル等は書かれていませんが、イタリア盤はJOUJOUKA ROLLING STONESと書かれています。THEが無いのでおそらくROLLING STONES RECORDSのRECORDSを印刷するのを忘れてしまったんだと思いますが、これだとローリング・ストーンズの『JOUJOUKA』というアルバムみたいですね!

f:id:jukeboy:20190715134501j:plain

他国ではシートとなっていましたがイタリアではレコードを入れるインナーとなっています。各国盤と比べるとかなり大きく感じ、紙も厚くしっかりとしています。ブライアンのサインがないタイプです。

f:id:jukeboy:20190704205322j:plain

インナーの解説側です。下部はイタリア独自のクレジットとなっています。こちらもタイトルがBrian Jones plays with~となっています。

f:id:jukeboy:20190704205446j:plain

インナーの右下の部分です。裏ジャケにあった配給元の会社名が書かれています。その下に小さくMADE IN ITALYがあります。

f:id:jukeboy:20190704205511j:plain

ラベルです。ラベルもBrian Jones plays with~となっています。イタリア盤はジャケット、インナー、ラベルが全部plays with~と間違ったままですがこの部分が後で修正されたかは不明です。リムの最後にMADE IN ITALYがあります。マトリクスは機械打ちでCOC-49100-1 2-9-71/COC-49100-2です。A面にだけ手書きで2-9-71と日付が書かれています。

f:id:jukeboy:20190704210219j:plain

リムのMADE IN ITALYの部分です。

f:id:jukeboy:20190704210349j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190704210243j:plain

オーストラリア盤です。ジャケットはコーティングされているような感じです。オーストラリア盤はジャケット、ラベル共にタイトルはpresents~となっています。また、このオーストラリア盤は薄い紙を使っているため他国と比べると背の幅が狭いです。

f:id:jukeboy:20190704210941j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190704211030j:plain

見開き内側の右側の白いラインのところにManufactured and Distributed under licenceとあります。

f:id:jukeboy:20190704211133j:plain

シートはUK盤の2番目のサインあり+クレジットなしのもので紙質も全く同じなのでここでは省略します。以前も書きましたがシートはイギリス、アメリカ、オーストラリア共通で使われていたと思います。ラベルです。リムがラベル下部にあります。リムの中央にMANUFACTURED IN AUSTRALIAとあります。マトリクスは機械打ちでA  MX  165615  COC 49100-1/A  MX  165616  COC 49100-2です。

f:id:jukeboy:20190704211928j:plain

リムのMANUFACTURED IN AUSTRALIAの部分です。

f:id:jukeboy:20190704212008j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190704212025j:plain

ここからはUK盤を使って発売していた国のレコードです。ジャケット、レコードはUK盤なので、その国独自の部分の写真だけを載せておきます。最初はベルギー、オランダ、ルクセンブルクで発売されていたレコードです。裏ジャケ右上の規格番号の下にBという丸いシールが貼られています。このシールはベネルクス(Benelux)を表していて上の3国で発売されていたことを表します。

f:id:jukeboy:20190704174405j:plain

次はフランスです。裏ジャケ右下にDISTRIBUTION KENNY FILIPACCHI MUSIC SA.のシールが貼られています。このシールは1971年7月1日に設立されたフランスの音楽出版の販売会社のシールで、このシールが貼られているものはフランス国内で発売されたことを表します。

f:id:jukeboy:20190704174802j:plain

次はドイツ盤です。ドイツではレコードを自国でプレスしていますが、これが一番分かりずらくやっかいです。ジャケットはUK製のものを使っていて外側からはUK盤なのかドイツ盤なのか全く分かりません。ラベルはUK盤と全く同じでMade in Germanyなどのクレジットはありません。見分け方はマトにManufactured in Germanyの刻印があるかないかです。マトだけでしか見分けがつかないなんてファーストの「Tell Me」や『サタニック』のラウドカットを探すみたいな感覚ですね!マトリクスは機械打ちでCOC 49100 A2/COC 49100 B1です。これはUK盤のマトと同じです。私の持っているのはジャケットにタイトルを修正したステッカーが貼られているもので、シートは最初のブライアンのサインが無いものですが、おそらく他の組み合わせもあると思います。

f:id:jukeboy:20190704175514j:plain

ヨーロッパ各国の外からシールで見分ける国はいいとして、ドイツ盤のランナウトグルーヴの刻印でしか分からないレコードはホントに探すのが困難ですよね!私は偶然ドイツのeBayを見ていたらこれが出品されていて肝心の刻印の写真がなく説明文だけだったので半信半疑で買いましたが届いてからManufactured in Germanyの刻印があったのでホッとしたなんてことがありました。これだとレコード店の店員さんが気が付かなくてUK盤として売っているかもしれませんね。面白いのはイタリア盤で、ジャケット、インナー、ラベル全部がBrian Jones plays~とタイトルが間違っています。ここまで来ると後で訂正はなかったような気がします。今回までいろいろな国の『JOUJOUKA』を紹介してきましたが、私の持っているのはこれで全部です。まだ他の国からも出ているかも知れませんので、また何か入手しましたら追記します。しかし、ブライアンが亡くなってから50年とはビックリですね。もし存命だったらどんな活躍をしたのか時々考えますがこれは永遠の謎ですよね!