ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 タイム・イズ・オン・マイ・サイド!!

ローリング・ストーンズの日本での5枚目のシングル「タイム・イズ・オン・マイ・サイド/コングラチュレーションズ」です。1964年(昭和39年)12月20日に発売され、規格番号はHIT-427です。このカップリングはUSA盤と同じです。ストーンズ初期の有名曲ですよね!ジャケットはUSA盤と同じ写真を使っていますが全体に黄緑色なので大分印象が違います。タイトルはピンク色で書かれています。

f:id:jukeboy:20190904221723j:plain

裏ジャケです。こちらはオリジナルの330円の方です。3ヶ月前に発売された「テル・ミー」がもう載っています。

f:id:jukeboy:20190904221757j:plain

こちらは67年の370円の方です。レコードが67年当時のものに変わっています。

f:id:jukeboy:20190904221920j:plain

ピクチャースリーヴの見開き内側です。解説は高崎一郎さんです。

f:id:jukeboy:20190904222306j:plain

64年版と67年版ではタイトルの色が微妙に違います。上の色の薄い方が64年版です。これって印刷の加減だとは思いますがどうなんでしょうか…?

f:id:jukeboy:20190904222218j:plain

レコード袋は64年~65年はピンクです。その後65年~68年は青です。

f:id:jukeboy:20190904222531j:plain

ラベルです。ffrrがLONDONのロゴの上にあります。「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」はおそらく最後までこのタイプだけだと思います。(ffrrが無いラベルもあるとしている資料もあります。)前回紹介した「テル・ミー」もそうだったので、この2曲のカップリングで68年2月に規格番号TOP-1242のレコードが発売されたので、こちらはそれ以前に廃盤になりffrrのないセカンド・ラベルが存在しないのではと思っています。これは単なる私の考えですので、確かな情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えてください。マトリクスはDSt 1005-2/DSt 1006-2です。両面にJISマークがあります。後期のピクチャースリーヴのマトはDSt 1005-1-1-10/DSt 1006-1-1-9でした。後期へいくほどマトの末尾の数字が増えており、この他にも多数のパターンがあると思います。 

f:id:jukeboy:20190904222550j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190904222607j:plain

「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」はUSA盤と同じくオルガン・イントロ・ヴァージョンが収録されています。この曲はノーマン・ミードが作曲、ジミー・ノーマンが作詞した曲で、オリジナルは1963年トロンボーン奏者カイ・ウィンディングが発表したインスト曲です。64年にはアーマ・トーマスが歌い、ストーンズはすぐにカヴァーしています。この曲はもうストーンズのオリジナルといってもいいくらいストーンズにマッチした曲ですよね!「テル・ミー」の時にも書きましたが、この曲はストーンズを聞く前にタイガースのライヴ盤で先に知りました。本家はどんな感じなんだろうと思い、ストーンズのレコードを買ったらカッコよくてぶっ飛びましたね!この曲はストーンズにハマるきっかけになった思い出の曲です。ゴールデン・カップスの「青い影」や「モジョ・ワーキン」、スパイダースの「サニー」などグループサウンズがカヴァーした曲を後で本家を聞いた曲って結構あります。GSは私の原点かも知れません。