ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 ランターン!!

ローリング・ストーンズの日本シングル盤「ランターン/イン・アナザー・ランド」です。1968年4月20日に発売され、規格番号はTOP-1262です。メ直盤ではなく純粋な日本プレスの『サタニック・マジェスティーズ』と同時発売されました。USA盤は「イン・アナザー・ランド」がA面でしたが、日本盤は「ランターン」がA面となっています。USA盤同様「イン・アナザー・ランド」はビル・ワイマン名義となっています。USA盤はモノラルでしたが日本盤は2曲ともステレオで収録されています。ジャケットはおそらくTVショーの休憩時間の時の写真だと思いますが、笑顔のブライアンやメンバーのリラックスした感じがいいですね!当時の値段は370円です。このシングルで370円は最後となり次の「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」からは400円となります。

f:id:jukeboy:20210113221454j:plain

裏側はキングレコードの広告となっています。ストーンズのレコードは「この世界に愛を」と「シーズ・ア・レインボウ」が載っています。下部に¥370と値段がありますがこのシングルは早々と廃盤になったらしく400円版は見た事がありません。

f:id:jukeboy:20210113221658j:plain

内側は大森庸雄さんの解説と歌詞が載っています。解説では最新アルバムの『サタニック・マジェスティーズ』について触れられています。歌詞は「ランターン」しか載っていません。「イン・アナザー・ランド」はアルバムでも歌詞が載っていなかったのでビルのエフェクターを通した声が何を歌っているのか分からなかったのかも知れませんね。

f:id:jukeboy:20210113222120j:plain

インナーはキングレコードの青い袋が使われています。

f:id:jukeboy:20210113222204j:plain

ラベルです。ステレオ用のラベルですが「イエスタデイズ・ペーパー」のステレオ用のラベルにあったffssのマークはありません。上部にLONDONのロゴがあります。左側にSTEREO、右側に回転数と規格番号があります。マトリクスはSDST 199-2/SDST 200-2です。両面にJISマークがあります。マトの頭にSDSTとSが付きステレオ用のマトとなっています。

f:id:jukeboy:20210113222236j:plain

B面のラベルです。作者とアーティスト名がBILL WYMANとなっています。

f:id:jukeboy:20210113222719j:plain

ランターン」は2回目の鐘の音からフェイドインで始まります。「イン・アナザー・ランド」は解説で最後にはビル・ワイマンのいびきが入っている、と書かれているにも関わらずここではいびきはカットされています。これはUSA盤のシングルでもいびきはカットされてましたね。USA盤の方はモノラルで音圧が高い爆音で収録されていますが、日本盤はステレオで音圧が低くおとなしい印象です。このシングルはアルバムと同時発売という事もありあまり見かけませんが、発売されている国の方が珍しくよく日本で発売したものだと思います。日本では1968年に入ってから4月の時点で4枚ものシングルが発売されており、今考えると何でもかんでも発売してしまえという感じでものすごいリリース・ラッシュですよね!