ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ盤 THEIR SATANC MAJESTIES REQUEST いろいろ!!

ローリング・ストーンズのドイツ盤『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』です。ドイツではオリジナルの他規格番号を変えて何度も再発されているので順を追って紹介していきます。最初はオリジナル盤です。1967年12月に発売され、規格番号はTXS 103です。ジャケットは当初はUK盤の3Dのものを輸入していましたが、途中から3Dではありませんがドイツ独自のジャケットが作られています。ドイツではステレオのみの発売でしたが、稀にUK盤のモノラル用のジャケットに入っているものを見かけたことがあります。モノラル用のジャケットのせいかDiscogsではレコードもモノラルと紹介されていますが、モノラルはありません。もっともDiscogsでも注意書きでモノラルがあるか不明と書かれています。モノ、ステレオ両方のジャケットを使っているので当時はその辺がテキトーだったんでしょうね。UK製のジャケットはUK盤の時の紹介済なのでここでは省略してドイツ製のジャケットからいきます。最初に書いたように純粋なドイツ製のジャケットでは3Dは存在しません。表側は各国盤同様のデザインとなっています。コーティングは無く、見開き仕様となっています。

f:id:jukeboy:20210417133747j:plain

裏ジャケです。右上に大きくTXS 103とSTEREOと書かれているのが特徴です。

f:id:jukeboy:20210417133807j:plain

右上の規格番号とSTEREOの部分です。ぱっと見でここでドイツ盤と判別できます。

f:id:jukeboy:20210417133926j:plain

裏ジャケ中央のDECCAのロゴの下にドイツでの配給元のTELDEC (Telefunken-Decca)の住所があります。最後にWestern Germanyがあります。

f:id:jukeboy:20210417134102j:plain

UK製のジャケットは右下にMONO、STEREOと規格番号が書かれていましたが、この部分が似たような色で違和感なく消されています。この部分はドイツの80年代のジャケットまで変わりません。

f:id:jukeboy:20210417134603j:plain

見開きの内側です。各国と同じ仕様となっています。

f:id:jukeboy:20210417134715j:plain

オリジナル盤はUK盤と同じ赤白のインナーが付けられていますが、UK盤と全く同じものなので写真は省略します。ラベルです。ドイツ・デッカの赤ラベルです。上部に黒いDECCAのロゴがあります。左側にroyal sound Stereoのロゴ、ドイツの著作権団体GEMA、マトリクスがあります。右側に規格番号のTXS 103と面表記があります。面表記はSelte 1/Selte 2です。作者クレジットはJagger-Richardの曲は下にまとめて、「In Another Land」だけタイトルの後にWymanとあります。また、グループ名の下に米印でBill Wymanとあります。この書き方は最終プレスまで続きます。マトリクスは機械打ちでK ZAL-8126-Ⅳ  X/K ZAL-8127-Ⅰ  Xです。両面にMunufactured in Germanyの刻印があります。 

f:id:jukeboy:20210417134921j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210417134936j:plain

上のラベルからroyal sound stereoのロゴがなくなったセカンド・ラベルです。上のラベルにはなかったSTEREOが右上にあります。その他の文字の配置は上のラベルと同じです。STONES WORLD WIDEではセカンドプレスからのドイツ独自の白黒のインナーの写真が載っていますがそれは見た事がありません。もしそのインナーがあるとしたらこのラベルに付けられていたと考えられます。マトリクスは機械打ちでK ZAL-8126-Ⅳ  X/K ZAL-8127-Ⅰ  Xです。両面にMunufactured in Germanyの刻印があります。 これは上のラベルと同じです。 

f:id:jukeboy:20210417135028j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210417135044j:plain

76年からは規格番号が6.22160と変わりジャケットも画像のようにメンバーの写真の上にTHE ROLLING STONESとグループ名が、写真の下にタイトルが入ります。2003年のCDでシールドの上に貼ってあったシールにこのタイトル文字と同じフォントの文字が使われていましたね。このタイトルとグループ名が入ったジャケットは年代によって大まかに3種類ありますので後で番号を振って細部を紹介します。

f:id:jukeboy:20210417133605j:plain

ジャケットの下部の部分にDECCAやNOVAなどの発売元のロゴがありますが、この部分が年代によって違います。後で紹介するレコードのラベルと照らし合わせるために番号を振っておきます。上から順に①76年2月からのNOVAラベルです。②80年からの再発DECCA赤ラベルです。③88年9月12日からの発売元がポリグラムに変ってからのジャケットでこの部分が消されています。③はラベルがDECCAからLONDONに変わります。

f:id:jukeboy:20210422222515j:plain

裏ジャケです。大まかなデザインはオリジナル盤と同じですが年代によって細部が異なります。右上の部分です。上から①NOVAラベル、②再発デッカ赤ラベル、③ポリグラム盤です。①②は規格番号が6.22160ですが、③は820 129-1と変わります。

f:id:jukeboy:20210422224031j:plain

左上の部分です。①②は何もありませんが③だけLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210422224152j:plain

裏ジャケ下部中央の部分です。これは①NOVAから発売されたジャケットです。

f:id:jukeboy:20210603212314j:plain

②80年からの再発デッカ赤ラベルのジャケットです。

f:id:jukeboy:20210603212341j:plain

③88年からのポリグラム盤のジャケットです。

f:id:jukeboy:20210603212422j:plain

ラベルです。76年2月に発売されたNOVAのラベルです。上部にNOVAのロゴがあります。左側にGEMA、Side 1、DECCAのロゴがあります。右側にSTEREOと 規格番号の6.22160があります。曲目は左揃いで、1曲毎に作者クレジットがあります。一番下にAN ORIGINAL DECCA RECORDINGとあります。ジャケットは①です。マトリクスは機械打ちで6.22160-00-1/6.22160-00-2です。今までのK ZALから始まるマトをXXXXXXと消してあります。Munufactured in Germanyの刻印はありません。

f:id:jukeboy:20210603211727j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210603211744j:plain

80年に再発された赤ラベルです。上部にDECCAのロゴがあります。左側にGEMAとマトリクスがあります。右側に規格番号と面表記、STEREOがあります。曲目は中央揃いになっており、1曲毎に作者クレジットがあります。ジャケットは②です。マトリクスは機械打ちで6.22160-00-1/6.22160-00-2です。今までのK ZALから始まるマトをXXXXXXと消してあります。Munufactured in Germanyの刻印はありません。これは上のラベルと同じです。

f:id:jukeboy:20210603211818j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210603211836j:plain

88年9月12日に発売されたシルバーラベルです。ロゴもDECCAからLONDONに変わっています。上部に80年代から使われている青赤のLONDONのロゴがあります。その下に面表記1とあります。左側にMade in West GeramnyとSTEREOがあります。右側に規格番号の820 129-1があります。曲目は中央揃いで1曲毎に作者クレジットがあります。ジャケットは③です。マトリクスは機械打ちで6.22160-00-1/6.22160-00-2です。今までのK ZALから始まるマトをXXXXXXと消してあります。Munufactured in Germanyの刻印はありません。これはNOVAのラベル以降のマトと全く同じなので、結局LONDONに変わっても70年代以降はマトの変更はなかったようです。

f:id:jukeboy:20210603211945j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210603212003j:plain

ドイツ盤は初期から80年代のジャケットまでキースのクレジットが全てRichards、ラベルではRichardとなっています。これはUK盤などと同じです。音はUKステレオ盤と比べると多少音圧が低いような気もしますがそれでもすっきりしたいい音です。また、ドイツでは初回盤はイギリスから3Dのジャケットを輸入して販売していましたが、セカンド・プレスからドイツ製のノーマルのジャケットを使い始めました。当時は殆どの国がUK盤のジャケットを使っており自国で3Dで発売していた国がないので3Dというのも珍しかったのかも知れません。ラベルの変遷を見ているとやはり最初のroyal sound stereoのロゴがある初回盤は格調が高く、80年代のシルバーのラベルは安っぽいのは否めないですよね!最後にドイツ製の白黒インナーですが、これは何年も探していますが見た事がないので入手出来ましたら追記します。