ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ベルギー盤ファースト①ブラック・カヴァー!!

ローリング・ストーンズのベルギー盤『ファースト』です。ベルギーではジャケットや規格番号を変え何度も再発されているので何回かに分けて順を追って紹介ていきたいと思います。オリジナル盤は65年にオランダ盤のジャケットを使って発売されています。こちらはオランダ盤の時に紹介しましたのでここでは省略してジャケットの表側とラベルの写真だけもう一度載せておきます。

f:id:jukeboy:20210925142020j:plain

ラベルです。オランダ盤と同じラベルですが、おそらくオランダと共通で発売されていたと思われます。

f:id:jukeboy:20210925142042j:plain

ここからが本題です。一番最初の再発盤は69年4月にオランダのバタフライ・カヴァーと同じ番号DQY 825.384ですが、ベルギーでは独自のジャケットで発売されています。ベルギー盤は黒いジャケットで68年頃のメンバーの写真が使われています。ジャケットは表側だけコーティングされています。なお、資料によってはオランダのバタフライ・カヴァーも輸入して発売されていたと書かれているものもあります。

f:id:jukeboy:20210913205457j:plain

右上に規格番号のDQY 825.384があります。

f:id:jukeboy:20210913205552j:plain

左上にSTEREOとありますが実際はステレオではなくモノラルです。

f:id:jukeboy:20210913205632j:plain

右下にinciudingとして主な収録曲が書かれています。

f:id:jukeboy:20210912214158j:plain

裏ジャケです。上下フリップバック仕様となっています。オランダ盤やベルギー盤によく見られるTHE ROLLING STONESの文字の下に曲目とDECCAのカタログが載っています。ストーンズが6枚で、その他2枚は他のアーティストのレコードです。

f:id:jukeboy:20210913205814j:plain

右上に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20210913205851j:plain

左上にSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20210913205933j:plain

A面の曲目です。「Mona」は「I Need You Baby」クレジットです。

f:id:jukeboy:20210913210030j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20210913210109j:plain

右下に4-69の日付があります。この日付のクレジットはフランス盤でもよく見られますが発売(再発)された時期の目安になるので便利ですよね。

f:id:jukeboy:20210913210319j:plain

インナーです。特許のクレジットがUK、ドイツ、フランス、その他と書かれているのでベルギー以外の国でも使われていたと思います。オランダ盤でこのインナーが付いているのを見かけることが多いと思います。

f:id:jukeboy:20210913210352j:plain

ラベルです。ベルギーで68年以降に使われているボックストデッカの青ラベルです。中央より上に左から規格番号、マト、面表記、中央にStereo、右側にBIEMなどの著作権表示があります。曲目は左揃いで、タイトル、作者、タイムの順に並んでいます。マトリクスは機械打ちでAA 625384 1L 2//AA 625384-2L/1です。AB面それぞれマトの活字の大きさやハイフン、スラッシュが全く違っています。また、B面のマトにスラッシュがあるのでAB面の境は//です。 

f:id:jukeboy:20210912215718j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210912215745j:plain

このアルバムはジャケット、ラベルにステレオ表記がありますがモノラルです。「Tell Me」はフェイドアウトしないで最後まで行ってしまうヴァージョンです。UK盤と比べると低音はこちらの方が強調されていますが、UK盤のようなシャープさはありません。ベルギー盤の『ファースト』はこれ以降も80年代までジャケットのデザインを変え何回も再発されているので次回からも順を追って紹介しようと思います。