ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USAシングル盤 AIN'T TOO PROUD TO BEG いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSAシングル盤「Ain't Too Proud To Beg/Dance Little Sister」です。1974年10月25日(12月説もあり)に発売され、規格番号はRS-19302です。A面はテンプテーションズの66年のヒット曲のカヴァーで、作者はノーマン・ホイットフィールドとエディ・ホランド・ジュニアです。ストーンズ・ヴァージョンはビリー・プレストンが参加しています。両面共この1週間前の10月18日に発売されたアルバム『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』に収録されており同アルバムからの第2弾シングルとなります。このシングルは片面にモノラル、片面にステレオを収録したプロモ盤も作られました。プロモ盤はアルバム・ヴァージョンと同じです。このシングルは一部ベロスリーヴに入っているものもありますが、アトランティックのカンパニースリーブが使われています。

プロモ盤です。レコードは3か所のプレス工場で作られていますが、枝番の若い順に取り上げていきます。最初はプレス工場コードがSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。左側にベロマーク、マト、MONOがあります。右側に規格番号、出版社、タイム表記があります。その下に"From Rolling Stones LP COC 79101とあります。リムはROLLING STONES RECORDSから始まる住所が75 ROCKEFELLER PLAZA N.Y.です。マトリクスは手書きでRS-29480-2/ST-RS 29480-2です。 

ステレオ側のラベルです。青ラベルで左下にSTEREOがあります。その他の文字の配置はモノラル側と同じです。

プレス工場コードはPLです。これはテネシー州のPlastic Productsのことです。左側にベロマークが、右側にMONO、規格番号、マト、出版社、タイム表記があります。マトリクスは手書きでRS-29580-4/ST-RS 29480-4です。

ステレオ側のラベルです。

プレス工場コードはMOです。これはカリフォルニア州のMonarch recordsです。左側にベロマーク、右側にPLUG SIDE、MONO、規格番号、マト、出版社、タイム表記があります。その下にPROMOTION COPY、NOT FOR SALEがあります。マトリクスは手書きでRS-29480-5  △96154/ST-RS 29480-9  △96155です。

ステレオ側のラベルです。

テストプレスです。プレス工場コードはSPです。上部にタイトルがあります。左側にマトとMONOが、右側に規格番号とタイム表記があります。下部にアーティスト名があります。マトリクスは手書きでRS-29480-1/ST-RS-29480-1です。両面マト1はこのテスト盤だけです。

ステレオ側のラベルです。

ここからはレギュラー盤です。最初はプレス工場コードがSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。左側にベロマーク、マト、STEREOがあります。右側に規格番号、出版社、タイム表記があります。その下に"From Rolling Stones LP COC 79101"とあります。マトリクスは手書きでST-RS 29480-2/ST-RS-29484-1です。

上と同じSPですがリムにWのロゴがあります。文字の配置は上のラベルと同じです。マトリクスは手書きでST-RS 29480-12  1-1/ST-RS-29484-1  1-2です。

プレス工場コードはPLです。これはテネシー州のPlastic Productsです。左側にベロマーク、右側にSTEREO、規格番号、マト、出版社、タイム表記があります。マトリクスは手書きでST-RS 29480-4/ST-RS-29484-5です。B面の枝番は文字が潰れているので6にも見えます。

プレス工場コードはMOです。左側にベロマーク、右側にSTEREO、規格番号、マト、出版社、タイム表記があります。マトリクスは手書きでST-RS-29480-8  △96155/ST-RS-29484-9  △96156です。

『ACETATES』というブートレッグにこの曲のエデイット・ヴァージョンが収録されています。ギターソロ前のサビの部分がカットされ、いきなりギターソロへ飛びエンディングはフェイドアウトしてしまうというヴァージョンですが、このプロモ盤でも使われておらずなんで作られたのか分かりません。まあ、もともと3分29秒と短い曲ですのでハサミを入れる必要がなかったと思いますがこのプロモで使えば面白かったですよね。私は75年にNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」でこの曲のPVを観てカッコいい!と思ったのを覚えています。テンプスのオリジナルもいいですが、ストーンズ・ヴァージョンもカッコいいですよね。