ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション⑩BIG HITS VOLUME 3!!

ローリング・ストーンズのドイツ・クラブ・エディション『BIG HITS VOLUME 3』です。『VOLUME 1』は『BIG HITS』、『VOLUME 2』は『THROUGH THE PAST DARKLY』とベスト盤だったのに対して、『VOLUME 3』は何故か『LET IT BLEED』と同じ内容です。規格番号は66 230 4で、1977年10月に発売されました。発売元はCLUB-SONDERAUFLAGEです。ジャケットは前回と同じデザインで、枠の色が違っています。

f:id:jukeboy:20170819200228j:plain

右上にVOLUME 3があります。

f:id:jukeboy:20170819200357j:plain

右下にDECCAのロゴと、Club-Sonderauflage、S R Internationalのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170819200709j:plain

裏ジャケです。前回まであった写真がなくなりグループ名と曲目だけのシンプルなデザインです。『LET IT BLEED』の文字はどこにもありません。

f:id:jukeboy:20170819200927j:plain

裏ジャケの右上の部分です。規格番号66 230 4とStereoがあります。

f:id:jukeboy:20170819201024j:plain

裏ジャケ中央下部にDECCAのロゴと、Club-Sonderauflage、S R Internationalのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170819201151j:plain

ラベルです。ドイツ・デッカの赤ラベルです。左側にSonderauflageとGEMA、マトリクス表示があります。ドイツではオリジナルの『LET IT BLEED』が1970年1月に発売されたためP1970となっています。右側に規格番号の66 230 4と面表示、STEREOがあります。タイトルの表記は『BIG HITS VOL.Ⅲ』となっています。マトリクスはXZAL-9363  6.21417-00-1//6.21417-00-2/1です。A面の6,21417-00-1だけ手書きであとは機械打ちです。A面のXZAL-9363はドイツの『LET IT BLEED』のオリジナル盤のマトと同じです。B面にもこのマトが残っていますが、XXXXXXXと消してあります。A面はおそらく後で気付いて手書きでマトを付け足したと思います。また、その他にA面のマトがXZAL-9363の部分をXXXXXXXと消して、機械打ちで6.21417-00-1/1の盤も確認しました。B面のマトは同じです。XZALの部分が消されて、末尾に1が追加されているのでこちらの方が後期プレスだと思います。ラベルのデザインは同じで全部Munufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20170819202619j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170819202642j:plain

このレコードはプレス時期が短かったのでラベルの種類はおそらくこれだけだと思います。内容は『LET IT BLEED』ですがジャケットにも、ラベルにもクレジットがないのが面白いですね!名曲揃いで現在でもライヴで演奏している曲ばかりなので重要なレコードですが、オリジナル・アルバムをBIG HITSと言い切るとはチョット意外な感じがしました。一連の『BIG HITS』関連のクラブ・エディション盤はこれで最後になります。この後もまだ何枚か発売されますがドイツのクラブ・エディションの数の多さには驚かされますね!