ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ オランダ盤 THE ROLLING STONES 3②再発サイケ・ジャケ!! 

前回に続きローリング・ストーンズのオランダ盤『No.3』です。前回紹介した再発盤から3年後の1970年にサイケデリックなデザインで再々発されました。この時はステレオのみで、規格番号もEHY 349 101と変更されています。メンバーの写真は前回と同じですが、全身のショットのものが使われています。写真の周りは色とりどりなデザインでサイケ調な感じに仕上がっています。当時は日本でもGSのシングル盤などこんなデザインのものが多かったですよね!ジャケット表面は光沢のある加工となっています。

f:id:jukeboy:20180319140003j:plain

右上のタイトルの部分です。

f:id:jukeboy:20180319140042j:plain

左上のDECCAのロゴの部分です。

f:id:jukeboy:20180319140109j:plain

裏ジャケです。レコードのカタログは全てストーンズのレコードになっています。『BEGGAR'S BANQUET』のジャケットが通常と違うものになっていますが、ただ文字が上にずれているだけです。右下に前年(69年)に出たオランダ独自のジャケットのファーストが載っています。

f:id:jukeboy:20180319140515j:plain

右上の部分です。DECCAのロゴと規格番号があります。規格番号の下に(also playable on mono)があります。

f:id:jukeboy:20180319140657j:plain

左上のタイトル部分です。グループ名や下の波のような図柄など白黒ですが表側と同じデザインです。

f:id:jukeboy:20180319140843j:plain

ラベルです。灰色がかった青いラベルです。前回の再発は規格番号がジャケットとラベルで数字とアルファベットが入れ替わっていましたが今回はジャケット、ラベル共に同じです。前回のラベルではNo.3となっていたタイトルもジャケットと同じ3だけになっています。マトリクスは機械打ちでAA 846 010 1Y 3 670 114/AA 846 010 2Y 2 670 113です。

f:id:jukeboy:20180319141815j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180319141836j:plain

このレコードは疑似ステで音がこもっていてモノラルのような迫力はありませんが何といってもサイケ調のジャケットがいいですね~。前回の再発と同じ写真を使っているのに周りの装飾でこんなにもイメージが違ってしまうとは驚きです!次回は65年に発売された『No.3』のオリジナル盤を紹介します。