ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

キース・リチャーズ 幻の12インチ BIG ENOUGH テスト盤 いろいろ!!

キース・リチャーズの初のソロ・アルバム『TALK IS CHIAP』は1988年10月3日に発売されましたが、そこから7インチ・シングル、12インチ・シングル、CDなどいろいろなアイテムが作られました。その中でリミックス・ヴァージョンが作られながら未発売に終わりテスト・プレスだけ存在する12インチがあります。アルバムの1曲目に収録された「Big Enough」のリミックス・ヴァージョンが4曲収録されたテスト・プレスです。このテスト盤はUK仕様とUSA仕様があり、それぞれに違った名前のミックスが収録されているのでここでまとめてみようと思います。当時このアルバムを聞いた時に1曲目はなんか異色だと思いましたが、ストーンズのアルバムでも『UNDERCOVER』なども1曲目に異色の曲を入れて2曲目からストーンズ調の曲ということがよくありますよね!最初はUK盤です。黒いスリーヴに入ったプレーンのラベルのテスト・プレス盤です。マトから規格番号はKR-1と資料本に紹介されていたりします。

f:id:jukeboy:20190228090536j:plain

UK盤は次の4曲が収録されています。

A-1 Big Enough (Remix) 5:40

A-2 Big Enough (Dub Mix) 6:17

B-1 Big Enough (Club Mix) 5:40

B-2 Big Enough (OK Dub Mix) 8:32

ラベルはA面が薄いクリーム色でB面が白となっており、私の持っているものはB面に手書きでKieth Richardsと書かれています。マトリクスは機械打ちでKR 1A -1U-1 -1-/KR 1B 1-U-1-2です。B面のマトは1Bの個所で1Aと間違えて打ってありその個所をXで消してBと打ってあります。その他にA面に手書きでTonn House DMMと書かれています。

f:id:jukeboy:20190228091055j:plain

A面のマトです。

f:id:jukeboy:20190228091137j:plain

B面のマトです。A面はそれぞれの記号が離れていましたがB面は繋がっています。1の次のAにXで訂正されてその後にBと打ってあります。

f:id:jukeboy:20190228091209j:plain

USA盤です。UK盤が4曲だったのに対してUSA盤は2曲入りです。ペンシルベニア州にあるSPECIALTY RECORDS CORPORATIONという工場でプレスされたようです。プレス工場の専用のラベルが使われ、手書きで曲名などが書かれています。これで見ると規格番号は2726と決定していたのかも知れませんね。USA盤の曲目です。

A-1 Big Enough (Bootsy's Hip Hop Mix) 5:40

B-1 Big Enough (Cassnova's Acid Dub) 8:32

UK盤と違った名前が付けられていますが、A面はUK盤の(Rimix)、B面は(OK Dub Mix)と同じです。マトリクスは手書きでSTPR-57001-1  1-1/STPR-57002-1 1-1です。両面にSTERLINGの刻印があります。USA盤の方がUK盤より音圧が高いです。 

f:id:jukeboy:20190228091935j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190228092009j:plain

文字が薄くてよく見えませんがマトの部分です。

f:id:jukeboy:20190305203437j:plain

USA盤にはプレーンのスリ―ヴが付けられています。左上の部分にはこのテスト盤をプレスしたと思われる日付が書かれています。DickとJoeという人がカッティングしたんでしょうか?

f:id:jukeboy:20190228092505j:plain

右上にはAB面のマトが書かれています。その下にKeith Richardsとあります。PR 2726というのはこの番号でプロモ盤が作られる予定だったのかも知れません!

f:id:jukeboy:20190228092615j:plain

USA盤のテスト盤にはプレーンのラベルのテスト盤のテスト盤(?)が存在します。収録曲やマトリクスは上のレコードと全く同じです。プレーンのラベルでマジックでAと書かれています。このレコードは穴あきの白いスリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20190228092859j:plain

こちらはB面です。

f:id:jukeboy:20190228093009j:plain

それにしても大胆なミックスですよね~!(Rimix)はオリジナルに沿って作られています。(Clib Mix)はそれに派手なベースを加えた感じになっています。この2曲はまあ聞けますが残りの2曲はキースの曲とは思えないほど完全に崩したDubヴァージョンとなっており、「Big Enough」と言われなければ何の曲か分からないほどです(笑)。私は90年代にどこの店だったか完全に忘れましたがストーンズのレコードをまとめて買った時にその店でこの曲が収録されたカセットテープを貰い、なんじゃこりゃ~とぶっ飛びましたね。その後ブートCDの『FOR COLLECTOR'S ONLY』に3曲が収録されたり、本でテスト盤の存在を知りました。結構長い間探しましたが2000年代にeBayで見つけ、入札を忘れていてそのオークションが入札無しで終了してしまったので出品者に連絡して再出品してもらって入手したなんてことがありました。当時はレギュラー盤は発売されず、今回発売される『TALK IS CHEAP』の30周年記念盤でも収録されないようですが、こういったリミックス物もぜひ発売して欲しいですよね!