ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

キース・リチャーズ TALK IS CHEAP シングル4枚組プロモ・ボックス!!

1988年に発売されたキース・リチャーズの『TALK IS CHEAP』からは4枚のシングルを収納したプロモ用のボックスが作られました。それぞれ曲名が書かれたスリーヴが付けられ、シングルは全て片面のみの収録となっています。規格番号はKEITH 1~4でアルバム発売前の1988年9月にイギリスで作られヨーロッパ各国に配られたようです。黒いボックスにシルバーの文字でkieth richardsとキースのサインが印刷されています。この頃からキース=黒ってイメージですよね!

f:id:jukeboy:20190307222143j:plain

キースのサインの右下に小さく1988とあります。

f:id:jukeboy:20190307222209j:plain

ボックスの裏側です。全面黒で下にアルバムのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190307222344j:plain

裏側下部の部分です。『TALK IS CHEAP』からのプロモ・シングルとNOT FOR RESALEのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190307222410j:plain

ボックスから引き出しにはいっているように4枚のシングルが収納されていて少し豪華な作りです。

f:id:jukeboy:20190307222655j:plain

ボックスの背の上部です。keith richradsと書かれています。

f:id:jukeboy:20190307222931j:plain

ボックスの背の下部にはヴァージンのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20190307223006j:plain

中のレコードです。規格番号の若い順に行きます。「Make No Mistake」で規格番号はKEITH 1です。この曲はアルバムの中で一番好きな曲です。キースの渋い歌が聞けるしサラ・ダッシュのヴォーカルも素敵ですよね。スリーヴはキースの名前と曲名だけのシンプルなデザインです。このスリーヴは4枚共色が違いこのレコードは表側の文字の周りと裏ジャケが緑色です。

f:id:jukeboy:20190309204803j:plain

裏ジャケです。上にPROMOTIONAL COPY ONLY. NOT FOR SALE.とあります。右上にKEITH 1が、中央に曲名とタイム表記があります。この曲はプロモでエデイット・ヴァージョンが作られましたが、ここでは通常ヴァージョンが収録されています。

f:id:jukeboy:20190309205029j:plain

ラベルです。シルバーのラベルで、左下にPROMOTIONAL COPY-NOT FOR SALEがあります。リムはラベルの外側のランナウトグルーヴの部分に刻まれています。マトリクスは機械打ちでKEITH 1 A-1U-11-Q2です。B面は無地のシルバーのラベルにレコードには溝が刻まれていますが無音です。

f:id:jukeboy:20190309205555j:plain

「Locked Away」です。規格番号はKEITH 2です。スリーヴの文字の周りと裏ジャケは黒です。

f:id:jukeboy:20190309205722j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190309205740j:plain

ラベルです。マトリクスはKEITH 2A-1U-1-Q3です。

f:id:jukeboy:20190309205929j:plain

「Struggle」です。規格番号はKEITH 3です。スリーヴの文字の周りと裏ジャケは茶色というかワインレッドを暗くしたような色です。この「Struggle」もプロモではエデイット・ヴァージョンが存在しますが、ここでは通常ヴァージョンが収録されています。

f:id:jukeboy:20190309210015j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190309210031j:plain

ラベルです。マトリクスは機械打ちでKEITH 3 A-1U-1-Q2です。

f:id:jukeboy:20190309210148j:plain

「Big Enough」です。規格番号はKEITH 4です。スリーヴの文字の周りと裏ジャケの色は青緑です。

f:id:jukeboy:20190309210240j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20190309210259j:plain

ラベルです。マトリクスは機械打ちでKEITH 4 A-1U-1-Q2です。

f:id:jukeboy:20190309210400j:plain

「Make No Mistake」と「Struggle」は他のプロモでエデイット・ヴァージョンが聞けますが、ここではアルバム・ヴァージョンが収録されています。おそらくエデイット・ヴァージョンは「Make No Mistake」のシングル発売時に作られてこの時点ではまだ作られていなかったのではと思います。またこのプロモはイギリス以外のヨーロッパ各国ではバラ売りで市場に出ていることが殆どで、もしかしたら箱なしでバラで配られたのかも知れませんね。1stシングルの「Take It So Hard」が入っていませんがアルバムからの名曲4曲が選ばれています。単品ではなく豪華なシングル4枚入りのプロモ・ボックスを作ってしまうなんてキースやレコード会社のこのアルバムへの意気込みを感じてしまいますね!