ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤シングル IT'S ONLY ROCK'N ROLL いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUK盤シングル「It's Only Rock'n Roll/Through The Lonely Nights」です。1974年7月26日(ミック・ジャガー31歳の誕生日!)に発売され、規格番号はRS 19114です。同年10月に発売されたアルバムからの先行シングルとして発売されました。B面の「Through The Lonely Nights」はアルバムに収録されずこのシングルでしか聞けませんでした。2005年にやっと編集アルバム『RARITIES 1971-2003』でCD化されるまで長い間このシングルは重宝されていましたね!A面のタイトルはデビュー10年足らずで頂点を極めた王者の風格が窺えます。UK盤はベロのスリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20191019193314j:plain

ラベルです。このシングルは3種類のラベルがあります。最初はソリッド・センターのラベルです。プッシュ・アウト・センターよりもこちらの方が最初と言われていますが、詳細は不明です。ストーンズ・レコーズのイエロー・ラベルです。右側にベロマーク、規格番号、タイム表記などがあります。左側にMade in UKがあります。下部のグループ名の下にProduced by The Glimmer Twinsとあります。グリマー・ツインズのクレジットはこのレコードが初めてですね!マトリクスは機械打ちでRS 19114 A1/RS 19114 B1です。

f:id:jukeboy:20191019194104j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191019194124j:plain

上と文字の配置等は同じですが、センターがプッシュ・アウト・センターになっています。こちらの方が後のプレスと言われています。マトリクスは同じでRS 19114 A1/RS 19114 B1です。また、このソリッド・センターのシングルにはラベルの文字の配置が全く同じでA面にエディット・ヴァージョンが収録されたレコードがあります。ラベルにプロモ表記がなく、タイムも5:08のままなので、ランナウト・グルーヴにDJの刻印があるかないかで区別するしかありません。エデイット・ヴァージョンはおそらくUSA のプロモ盤と同じだと思います。

f:id:jukeboy:20191019194458j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191019194513j:plain

こちらは普通のセンターとなっています。最初見た時はプッシュ・アウト・センターが抜けたものかと思いましたが、円の淵を見るとプッシュ・アウト・センターの4本の凹みがなくきれいに丸くカットされています。これは資料にもなくいつ頃のプレスか不明です。マトリクスは同じくA1/B1です。

f:id:jukeboy:20191019194949j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191019195050j:plain

A面はロン・ウッドのアルバム『I'VE GOT MY OWN ALBUM TO DO』のセッションの時にミック・ジャガーがヴォーカル、ロン・ウッドがギター、ベースがウィリー・ウィークス、ドラムがケニー・ジョーンズ、パーカッションにデヴィッド・ボウイといったメンバーで録られ、後でキースのエレキとスチュのピアノをダビングしたそうです。現在でもライヴの定番曲でいかにもストーンズといった曲ですね!B面は『GOATS HEAD SOUP』の時の録音でピアノはニッキー・ホプキンスによるものです。ギター・ソロはテイラーでバラードの隠れた名曲ですよね!