ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ スペイン盤 ROCK'N ROLLING STONES いろいろ!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『ROCK'N ROLLING STONES』です。スペインでは1972年に発売され、規格番号はSKL 5149です。このスペイン盤は"A Toda Musica"という会社から発売された独自のカヴァーが使われたプロモ盤と、更にオリジナルのデザインで発売されたレギュラー盤も色違いという独自の形態で発売されました。最初はプロモのA Toda Musica盤からいきます。このA Toda Musica盤が作られたのは1973年と1978年の2つの説があるので、ここでは実際のレコードやスペインのラベルから考えて検証してみようと思います。しかしこのジャケット、プロモ用とはいえストーンズの変わり種ジャケットベスト3に入るような適当なジャケットですね(笑)。中央のひものような文字はrock eterno(エターナル・ロック)でしょうか?

上部にグループ名とタイトルがあります。

裏ジャケです。こちらも簡素なイラストとなっています。中央に曲目があります。曲目の上にA Toda Musicaとあります。

曲目の部分です。面表記はCara 1/Cara 2です。

曲目の下にEs un regalo de Fundador Domecq. Prohibida su venta.とあります。販売は禁止されています。という事ですのでこれはプロモを表しているのかも知れません。その下にEste disco puede contener un premio.Exijalo precintado!とあります。これも販売を禁止する内容の事が書かれています。

下部中央です。このジャケットはマドリードにあるIndugraf(インタグラフ)という印刷所で作られたようです。

背にLP-9の番号があります。よくこのプロモ盤を紹介するときに規格番号はLP-9と書かれている資料がありますがこの部分から来たと思います。レコードはSKL 5149でLP-9の番号のレコードは存在しません。

ラベルです。スペインでは『GET YER YA-YA'S OUT』以降はボックスのデッカのラベルに変更になっていてオープンデッカは『LET IT BLEED』が最後ですがそれも青ではなく黒いラベルなのでこの青いオープンデッカはこのプロモ用に特別に作られたのかと思います。オープンデッカという事から考えてこのプロモは78年ではなく73年に作られたのが妥当ではないでしょうか。また、このラベルではⓅ1974となっているのでこれをプレスされた年と考えると74年の可能性もあります。上部にffssとデッカのロゴがあります。その間にDIVISION ARGO(アルゴ事業部)とあります。これが書かれているスペイン盤は無いのでプロモと関係しているのかも知れません。中央にFULL FREQUENCY STEREOPHONIC SOUNDと書かれたラインがあります。左側に面表記とプロモを表す"Disco Promocional Prohibida su venta"があります。右側に規格番号とBIEMがあります。曲目は中央揃いで、タイトル、作者、タイムの順になっています。マトリクスは手書きでSKL-5149-A-1N/SKL-5149-B-1Nです。

B面のラベルです。

ここからレギュラー盤です。ジャケットはナント通常とは色違いでバックの色はシルヴァ―となっています。ジャケットは表裏コーティングされています。

UK盤と並べてみるとタイトル文字やデッカのロゴなども色の違いがよく分かります。

右上にESTEREO(STEREO)と規格番号のSKL 5149があります。

右下にデッカのロゴがあります。

裏ジャケです。こちらも色もデザインもUK盤とは全く違ったものとなっています。

写真の右側にデッカのロゴと規格番号があります。上が初期型、下が後期型で81年に発売された後期型はデッカのロゴの下に新たな番号63 99 153が追加されています。

曲目の部分です。

右下の部分です。上が初期型、下が後期型です。クレジットの内容は同じですが文字の色が違います。上は発売年が1978、下は1981となっています。

左下にMADE IN SPAINがあります。後期型はこの部分は何も書かれていません。

ラベルです。こちらはオリジナルのラベルです。A Toda Musica盤のパブリシャーは1974となっていましたがこちらは何故か1972となっています。このあたりがかなり適当ですよね!この時期はスペインではこのボックストデッカのラベルがオリジナルとなります。デッカのロゴの右側にMADE IN SPAINがあるのがこの時期の特徴です。中央にffss FULL FREQUENCY STEREOPHONIC SOUNDのラインがあります。左側にBIEM、面表記があります。面表記はCara 1です。右側にマトと規格番号があります。マトリクスは機械打ちで850 EAL 11691P 1JN COL/850 EAL 11692P 1JN COLです。

B面のラベルです。

81年以降の再発盤のラベルです。上のラベルと似ていますがデッカのロゴの右側にあったMADE IN SPAINがありません。右側の規格番号の下に新たな番号の63 99 153が追加されています。ラベルの文字の色が白なので上のラベルよりも文字がはっきりした印象です。マトリクスは機械打ちで850 EAL 11691P 1JN COL/850 EAL 11692P 1JN COLです。これは上のラベルと同じマトです。

B面のラベルです。

このスペイン盤は珍しくプロモ専用のジャケットが存在したり、オリジナルのジャケットも他の国とは色が違ったりとスペイン独自で作られていて珍しいですよね!このプロモ用のジャケットはホントに場当たり的な感じがして面白いです。またラベルもブルーのオープンデッカというのもスペイン盤には無いので特別感がありますね!ストーンズの各国盤には時々こういった適当なジャケットがありますが、今度そういうのを集めた特集をやったら面白いかも知れませんね。このアルバムはストーンズがデッカを離れた後でデッカが勝手に作った編集盤ですが、ストーンズの初期の曲の中でロック調のノリのいい曲を集めたアルバムで、通して聴くとオリジナル曲もカヴァー曲もよく出来た曲が多いと思います。