ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤 MADE IN THE SHADE① WEAオリジナル盤 いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUK盤『MADE IN THE SHADE』です。ストーンズ・レーベル初のベスト盤として1975年6月6日に合わせて発売されました。規格番号はCOC 59014です。このアルバムもラベル違いやEMIに移籍してからの再発盤などがあります。今回はWEAからのオリジナル盤を紹介します。内容は「Brown Sugar」から「It's Only Rock'n Roll」までのシングルAB面曲+アルバム曲で構成されています。発売された当時はなんで「Rip This Joint」が入っているの?、とかいろいろと思いましたが70年代前半のストーンズのヒット曲を楽しめます。ジャケットはピラミッドが見える砂漠でヘッドフォンをした女性が日光浴をしているという不思議なデザインです。このアルバムはこのデザインだけで他国で別カヴァーというのは見当たりません。

f:id:jukeboy:20191003210922j:plain

初期盤には曲目が書かれたステッカーが貼られていました。左下にCOC 59104があります。サブ・タイトル的にTHE BEST OF THE ROLLING STONESと書かれています。

f:id:jukeboy:20191003211004j:plain

裏ジャケです。ピラミッドがある景色と中央に手書き文字で曲目が書かれています。

f:id:jukeboy:20191003211615j:plain

曲目の部分です。

f:id:jukeboy:20191003211531j:plain

右下にCOC 59104があります。

f:id:jukeboy:20191003211725j:plain

印刷所はGothic Print Finishers Ltd.という会社です。

f:id:jukeboy:20200305144300j:plain

左下にローロング・ストーンズ・レコードと配給元のWEAのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200305144322j:plain

水面のようなデザインの専用インナーが付けられています。反対側も同じデザインです。

f:id:jukeboy:20191003211951j:plain

インナーの左下にCOC 59104があります。

f:id:jukeboy:20191003212125j:plain

ラベルです。オリジナルはジャケットの女性のサングラスとヘッドフォンをあしらったカスタム・ラベルです。曲目は手書き文字で、出版社やプロデューサーなどのクレジットが無いシンプルなデザインです。マトリクスは機械打ちでCOC-59104-A2/COC-59104-B1です。両面にROLLING STONES RECORDSの刻印があります。

f:id:jukeboy:20191003212414j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20191003212433j:plain

後期型のイエロー・ラベルです。このラベルはミスでベロマークが欠落していますが結局最後まで修正されることはありませんでした。ストーンズの場合ベロマークが無いと誰のレコードだかわかりませんよね(笑)。カスタム・ラベルではいろいろなクレジットが省略されていましたが、こちらは出版社や発売年のクレジットがあります。左側にマトとMade in UKが、右側に規格番号があります。面表記は中央のタイトルの上にあります。マトリクスは手書きでCOC 59104 A-4  S-4/COC 59104 B4  S-1です。A面にDAVE'S、両面にEG(?)と書き込みがあります。

f:id:jukeboy:20191003212547j:plain

B面のラベルです。こちらもベロマークが欠落しています。

f:id:jukeboy:20191003212601j:plain

1975年はテイラーが脱退してしまったせいか、それまで年に1枚リリースしてきた新アルバムの発売は無くUSツアーに合わせ急遽ベスト盤の発売になったと思います。同時にアブコからは未発売音源を集めた『METAMORFOSIS』が発売されましたね。私は当時このアルバムは日本盤を買いましたが、その頃はアルバムを全部持っていたわけでもなく、同じ値段だったら当時持っていなかった『STICKY FINGERS』などを買えば曲がダブらなかったと後になって後悔したのを覚えています。その頃はそんな情報もなくただ単にベストという便利さから買ってしまいましたが高校生のお小遣いではきつかったですね!しかしこのアルバムは最近の時間が長いベスト物よりもコンパクトでテイラー期のヒット曲をまとめて聞けるという好盤だと思います。次回はEMI以降の再発盤を紹介します。