ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 ローリング・ストーンズ ”ライヴ” 実況録音 いろいろ!!

ローリング・ストーンズの日本盤『GOT LIVE IF YOU WANT IT』です。日本盤はその『GOT LIVE~』のクレジットがどこにもなくラベルや裏ジャケでの英語クレジットは『ROLLING STONES "LIVE"』、邦題としては『ザ・ローリング・ストーンズ 実況録音』となっています。ここでは『ライヴ』として話を進めていきます。1967年(昭和42年)2月1日に発売され、規格番号はSLC 170です。ジャケット表側はUK輸出仕様の『HAVE YOU SEEN YOUR MOTHER, LIVE』と同じです。初回盤はいわゆるぺらジャケで、紺色の帯が付いています。見開き仕様で裏ジャケは日本独自のデザインです。当時の値段は2000円です。初回帯は紺色で於ロイヤル・アルバート・ホールと書いてあります。

f:id:jukeboy:20201125150342j:plain

70年代の赤い帯です。ジャケットは見開きですが、ぺらジャケではなく硬い紙質になっています。オリジナル盤にあった艶もありません。いつ頃赤い帯に変わったのかは不明ですが、裏の広告に71年9月に発売された『ギミー・シェルター』が載っています。

f:id:jukeboy:20201125150548j:plain

左上のタイトルの部分です。UK輸出仕様と同じタイトルのhave you seen your mother LIVE!と曲目があります。日本初回盤がGOT LIVE~ではなくこのタイトルになっていたのは意外ですね! 

f:id:jukeboy:20201125151751j:plain

右上に当時のキング(ロンドン)レコードのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20201125150747j:plain

裏ジャケです。こちらは日本独自のジャケットとなっています。上部にTHE ROLLING STONES "LIVE"、その下に<ザ・ローリング・ストーンズ/実況録音>があります。 

f:id:jukeboy:20201125150827j:plain

右上にロンドンのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20201125151055j:plain

タイトルの部分です。下に於:ロイヤル・アルバート・ホールがありますが、実際に録音されたのはニュー・キャッスルやブリストルですよね!

f:id:jukeboy:20201125151304j:plain

右下に値段があります。この2000円という値段は73年のオイル・ショックの時まで結構長い間変わりませんでした。

f:id:jukeboy:20201125151417j:plain

帯の裏側は3種類あります。左から順に、紺帯初回盤で裏は何も印刷されていないもの、紺帯再発盤で、当時のキングレコードの広告が載っているもの、赤帯で広告が載っているものです。赤帯はレコードの広告まで赤で書かれています。真ん中の紺色再発盤はこのアルバムよりも後に発売される『あなたが選んだローリング・ストーンズゴールデン・アルバム』と『決定版!ローリング・ストーンズ・デラックス』が載っているので後期型と判断しました。また、同じ紺帯でも帯の幅が微妙に違い、初回盤の方が細いです。赤帯の裏の広告は『ギミー・シェルター』が載っているので71年以降の帯と思われます。

f:id:jukeboy:20201125151702j:plain

見開きの内側です。左側は曲目とストーンズのステージ写真、右側は湯川れい子さんの解説と曲紹介が載っています。

f:id:jukeboy:20201125151947j:plain

曲目の部分です。一番下にRecorded live at the Royal Albert Hallとエンジニアとプロデューサー・クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20201125152208j:plain

ここからの4枚の画像は見開き右側のページの部分です。右上にSLC 170と値段があります。

f:id:jukeboy:20201125152422j:plain

左上にSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20201125152624j:plain

左下にロンドンのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20201125152725j:plain

右下に©1967とJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20201125152828j:plain

下部中央の部分です。発売元のキングレコード株式会社のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20201125152852j:plain

ラベルです。最初はプロモ白ラベルからいきます。上部にLONDONとSTEREOがあります。左側に見本盤、右側に非売品があります。面表記はNo.1です。タイトルはTHE ROLLING STONES "LIVE"となっています。一番下にマトリクスがありますが、ZAL 7517というのはUSA盤の番号で、その後にカッコでSDLBT 347と日本盤のマトが書かれています。マトリクスは機械打ちでSDLBT 347-1/SDLBT 348-1です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20201125153010j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20201125153034j:plain

プロモ盤はキングの見本盤専用のジャケットに入っています。

f:id:jukeboy:20201125153127j:plain

レギュラー盤のラベルです。当時のキングのステレオ用のラベルです。上部にステレオ用のffssのロゴとロンドンのロゴがあります。中央のラインの中にFULL FREQUENCY STEREOPHONIC SOUNDとあります。面表記はNo.1、右側に規格番号のSLC-170があります。リムは2重になっており、内側のリムにMANUFACTURED BY KING RECORD CO, LTD. TOKYO, JAPANとあります。マトリクスは機械打ちでSDLBT 347-3/SDLBT 348-2です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20201125153210j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20201125153227j:plain

後期型のラベルです。上のラベルとほぼ同じですが、右側のSLC-170の上に回転数が追加されています。赤帯で硬いジャケットの方に入っていました。マトリクスは機械打ちでSDLBT 347-7/SDLBT 348-8です。他に-15/-12を確認しています。両面にJISマークがあります。上のラベルでも枝番が-15/-12を確認しているのでこの辺はプレス時期の微妙な違いだと思いますがまだ研究の余地があると思います。また、このマトは私の持っているレコードのものですので他にも枝番が多数存在していると思います。

f:id:jukeboy:20201125153314j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20201125153332j:plain

オリジナルのUSA盤は66年12月に発売されたので、この日本盤は2ヶ月も遅れて発売されたんですね。このアルバムが発売された昭和42年2月というとちょうどグループ・サウンズザ・タイガースがデビューした時で、エレキブームに拍車をかけたと思います。この年の11月に出たザ・タイガースの『ON STAGE』を聞いているとストーンズ・ナンバーが多いですよね!他にも当時のグループ・サウンズストーンズを取り上げているグループは多かったですね。日本盤はステレオのみの発売で、USA盤のステレオと同じミックスです。私は70年代に入ってからこのアルバムを買いましたが女性の凄まじい歓声に圧倒されました。音は悪いかも知れませんがこの時期特有の観客の熱狂とスピード感あふれるストーンズの演奏が素晴らしく貴重な記録だと思います。