ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 IT'S ONLY ROCK'N ROLL いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』です。1974年10月に発売され、規格番号はCOC 79101です。録音は73年11月よりドイツのミュンヘンで行われ、プロデュースにミックとキースの共同によるグリマー・ツインズが初めてクレジットされています。ミック・テイラーが参加した最後のアルバムとなり、けっこう彼のギターが目立っているアルバムです。この時期のストーンズにしては珍しくホーンが一切入っていません。ジャケットの絵はガイ・ピーラートという人によるものです。写真のジャケットは曲目ステッカーとプロモ・ステッカーが貼られているものです。USA盤はUK盤と比べると色合いがやや暗い感じです。

曲目ステッカーの部分です。裏ジャケにある壁に書かれたタイトル文字と同じ書体でタイトルが書かれています。その下にA面B面に分かれて曲目があります。一番下に規格番号のCOC 79101があります。表側にグループ名もタイトルも書かれていないので販売促進のためにこういったステッカーが貼られていたんでしょうね。

裏ジャケです。表側の賑やかさとはうって変わってこちらには誰もいない対比が面白いです。

左下にベロマークと規格番号があります。

下部中央にローリング・ストーンズ・レコードの登録票所のPromotone B.V.とPrinted in U.S.A.があります。

インナーです。厚紙でしっかりとした造りです。こちらはスチュやニッキー・ホプキンス、ビリー・プレストンの鍵盤プレイヤーとエンジニアのアンディ・ジョンズとキース・ハーウッドが載っています。残念ながらこの5人は全員この世にはいません。

右下に規格番号とPrinted in U.S.A.があります。

インナーの反対側です。各国盤同様曲目やメンバーのクレジットがあります。

A面の曲目です。

B面の曲目です。

ラベルです。どれが初版とかというわけではなくプレス工場別に取り上げていきます。最初はLYです。これはニューヨーク州のShelly Products,Inc.です。コードがSHもこの工場です。『HOT ROCKS』の「Brown Sugar」「Wild Horses」のラフミックスを収録してしまった工場で有名ですよね!上部に規格番号のCOC 79101とグループ名、タイトルがあります。左側にベロマークとSTEREOが、右側にSIDE ONEと著作権表示があります。曲目とその下にあるクレジットは左揃いです。また、リムは全てROLLING STONES RECORDS~から始まる新住所75 Rockefeller plazaとなっています。これ以降のラベル全てこのリムとなっています。マトリクスは手書きでST-RS-743197-E/ST-RS-743198-Jです。この他にROLLING STONES RECORDSとPRがあります。このPRとあるのはPresswell Recordsで作られたマザーを使用している意味です。このROLLING STONES RECORDSとPRはこれ以降のラベルの全てのマトにありますので、これ以降は省略します。

プレス工場コードはCPです。これはニュージャージー州のColumbia Pitmanです。Pというコードもここです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-E/ST-RS-743198 Lです。B面のマトの枝番の間のハイフンはありません。

プレス工場コードはGRTです。これはテネシー州のGRT Record Pressingです。溝が中央の穴付近にあります。

プレス工場コードはPRです。これはニュージャージー州Presswell Recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-F/ST-RS-743198-Mです。溝が2重になっています。

プレス工場コードはMOです。これはカリフォルニア州のMonarch Recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-F F  △13795/ST-RS-743198 L L-EX  △17395-Xです。A面の最後のFとB面のL-EXの部分は薄く書かれています。

プレス工場コードはFTです。これはカルフォルニア州のFidelatone Mfg.です。マトリクスは手書きでST-RS-743197-G/ST-RS-743198-Kです。

プレス工場コードはSPです。これはペンシルベニア州のSpecialty recordsです。マトリクスは手書きでST-RS-743197-J/ST-RS-743198-Jです。

上と同じSPですが、リムが後期のものでWのロゴがあります。マトリクスは手書きでST-RS-743197-J/ST-RS-743198-Vです。リムにWのロゴがあるのはこのラベルだけで溝の形も違います。

プレス工場コードはRIです。これはインディアナ州のPRC Company Richmondです。右側のSIDE ONEの文字が大きく、曲目の下のクレジット部分も中央揃いになっているのでそれまでのラベルと大分印象が違います。マトリクスは手書きでST-RS-743197 K/ST-RS-743198-J  J J-1です。B面のJ J-1は薄く書かれています。

プレス工場コードはありません。マトリクスは手書きでST-RS-743197-R/ST-RS-743198 Rです。他に両面にAT/GY  AT14Pがあります。

日本盤の『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』は1974年11月10日に発売されましたが、発売された時レコード店でこのアルバムを見かけ、「もうストーンズの新アルバムが出たんだ。」と驚いたのを覚えています。ただ、中学生ですぐにLPを買うお金がなく、買ったのは翌年の春高校へ入学した頃だった記憶があります。アルバムで気に入った曲は「If You Can't Rock Me」、「Time Waits For No One」、「If You Really Want To My Friend」で特に「Time~」は気に入って何度も聴きました。特にミック・テイラーのギターが素晴らしいですよね!ちょうど75年3月にNHK「ヤング・ミュージック・ショー」でタイミングよくこのアルバムのPVを流したので、当時このアルバムは一気に私のフェイバリット・アルバムになりました。今でもストーンズのベスト3に必ず入るアルバムです。次回はコロンビア(CBS)からの再発盤を紹介します。

3年前の記事になりますがUK盤の『IT'S ONLY ROCK'N ROLL』はこちらです↓

ローリング・ストーンズ UK盤 IT'S ONLY ROCK'N ROLL①WEAオリジナル盤いろいろ!!  - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (jukeboy-stones.com)